詩の宴

長い詩、短いフレーズ、色々載せていきたいです。

命にかえて

過去一度だって 人を愛せるだなんて 思えた日はなかった。 過去一度だって 人を愛そうだなんて 想った日はなかった。 誰かのために生きる人を 信じず、 絆とか そんなものも 否定していた。 そんな世界は とても空虚でした。。。 でも そういう 屈折した気持ちのままで、自分は独り 生きてくものだと思っていた。 それなのに 貴方という人は・・ 貴方と向き合うと ひたすら、死にたい 自分が居ます。 貴方と向き合うと ひたすら、死ぬことで 貴方への愛の大きさを 証明したい 自分が居ます。 貴方を想うと‥ 僕は ひたすら、ただ ひたすら 綺麗な気持ちに なれて・・・。 その 綺麗な気すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

あの日を 思い出していた・・ 泣いていた僕に 誰よりも誠実に 誰よりも純粋な 愛で 応えてくれたのは 貴方でした。 「溢れる涙は きっと 君を強くするから。 自分が強いことを 涙 ...すべて表示すべて表示

それがいい

2019/3/29(金) 午後 10:44

ごまかしてきた 隠してきた 嘘をついてきた 「愛し合いたい」 そんな自然な 気持ちを ずっと ずっと ひた隠しにしてきた 本当の自分を晒すことに 怯えていた・・ ごまかさないで 隠さないで 嘘つかない ...すべて表示すべて表示

記憶

2019/1/25(金) 午後 7:17

貴方への 気持ちの 大きさに はじめて 気づいたの・・ 隠して・・ 無視して・・ 封印して・・ そうやって 今まで うまく やって来たのに 真実は いつも 突然、 私の 心の扉を 開く・・ 貴 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事