kas*amのブログ

パンダとオーロラなど旅行情報提供をメインにしています。

全体表示

[ リスト ]


シリアスなストーリ展開に馴染めず、ついに「半沢直樹」を一話を観なかったのですが、同じく
堺雅人が演じている「リーガルハイ」のシリーズはかかさず観ています。

彼の演技にも感心しますが、やはり面白いのは助演女優の 新垣結衣が捨身(?)の演技のお
かげと思います。

イメージ 1    イメージ 2
リーガルハイの 10/9 放送分より

正統派美人女優に変顔をさせた上、他局で視聴率を上げている台詞「やられたら、やり返
」やテーマ曲(暴れん坊将軍)をなりふり構わず挿入するとは、恐るべし
フジ TV 。。 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

半沢直樹のドラマは、実際には起こりえません。
天下りと保護で官僚と企業は一体化しており
万一、不祥事を見つけると、前後策を協議し、極秘裏に解決し、
国民には知らせません。
不祥事は官僚の監督責任に及ぶからです。
保護も検査も同じ官僚がしているからです。
先輩が天下って両方のトップは固く結ばれています。
企業はすべて補助金や優遇制度で官僚の保護を受けています。
仮に半沢のような社員がいるとすぐ別の部門に飛ばされます。
ですから最後だけは、事実です。

2013/10/11(金) 午後 10:14 [ 悲歌慷慨 ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。
残念ながら、「半沢直樹」は一話も見ていませんので、内容がよくわかりません。あしからず。。。。

2013/10/11(金) 午後 11:21 [ kas*am ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事