チョイ馬鹿オヤジのミーハーCINEMANIAな日々

評価の表示 ★…私は奨めない ★★…悪くはないけれど ★★★…一見の価値あり ★★★★…オススメ

全体表示

[ リスト ]

パレード NO.41

イメージ 1
 
『パレード』
 
 
「上辺だけの付き合い、それくらいが丁度いい」都内の2LDKマンションに暮らす男女四人の若者達。映画会社勤務の直輝、イラストレーターの未来、フリーターの琴美、大学生の良介。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼のサトルが加わり、同じ町では連続暴行事件が起こり始める。そして彼らの日常に、小さな波紋が拡がり始める…。
第15回山本周五郎賞を受賞したマンションの共同生活をする若者たちの日々を描いた、吉田修一の同名作を映画化。(作品資料より)
 
 
 
 
 
確かに意外な結末・・・でも、途中で想像できるような結末でもありますね。
人間は確かに、対する人によって違う人格のような気がします。
みんな一緒なんてありえないと私は感じています。
それは意識しているとか?していないとかではなく、それが自然なのだと…
『私はこんな、人だから…』果して、本当にそうだろうか?
それは、自分で決めることでなく、他人が感じること…
意外と自分より他人の方が自分を知っていたり、自分が隠していることも…
なのかも、なんて、あるのかもしれませんけどね!!
パレードの行き先は…どこに???
 
 
私はパレードは苦手だと思う。。。
 
評価 ★★★
 
映画館 ムービックス伊勢崎
料金   1000円
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(5)

知らぬふりするのが楽なのか・・・無関心が幸せなのか・・・
怖く、不気味な作品でした。トラバありがとうございます!

2010/4/8(木) 午後 11:07 くるみ

くるみさん、どうも!
確かに怖い作品でしたね…
『ねぇ、どこにもいかないよね〜』みたいな言葉が聞こえてくるような感じもしましたね。

2010/4/11(日) 午前 0:43 花信風

顔アイコン

僕はこの手の映画は好きですが。

2010/10/11(月) 午前 11:18 mossan

もっさん、どうも!
私も作品はスキですよ。
個人的にこの作品のようなパレードは苦手かな?って意味です。

2010/10/12(火) 午前 0:12 花信風

この作品は凄かったですねえ。。
人間関係で普通に思っている自分がいて、これを見てショックを受ける自分もいて。。
原作も読みたくなりました。トラバさせて下さいませ。

2011/1/11(火) 午後 9:24 恋

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事