全体表示

[ リスト ]

「北の京」

「福井ぶらり旅」で訪れたのは

一乗谷【朝倉氏遺跡】


戦国時代には

【北の京】とまで呼ばれ、公家や高僧、室町時代の足利将軍までが訪れ、繁栄を極めた地。

イメージ 1

印象をはっきり言わせて頂ければ

・.* ただの田舎(?_?) *.・

周りは「田んぼ」と「山」しか有りません^^;

全盛時には人口1万人もの街が有ったとは絶対に想像できません(;一_一)




しかし、館の跡に行くと

イメージ 2

この「唐門」は、あの豊臣秀吉が朝倉氏の菩提を弔う為に寄進したそうです。


確かに、門の表には朝倉氏の家紋が有り、裏には豊臣の家紋が有りました。


屋敷の遺構も

イメージ 3

・.* この建物、相当デカイ!(>_<;) *.・


土台だけでもこれだけの存在感!

実際の建物がいかに立派であったか、建築家(一応)の私には想像できます




当時の街並みも一部復元されていました。

イメージ 4

・.* タイムスリップ??? *.・


450年の時を超えたかの様な錯覚


この様な町が、2キロ近くも続いていたそうです。

まさに、「北の都」だったのでしょう。


北近江の「浅井家」と共に織田信長に滅ぼされた悲運の名門「朝倉家」。

信長軍に火を放たれ3日間も燃え続け、灰になったそうです。



当時の生活も再現されています。

イメージ 5

武士は将棋に興じ、

・.* なんで将棋なの? *.・


家人は食事の準備。

商家の再現もあり、当時のトイレまでリアルに再現されています(^O^)/



当日は”今が盛り”の桜が、吹雪の様に風に舞い散り、

朝倉家の衰退・滅亡を”桜”が語っているかの様で

人の世の「栄枯盛衰」を感じさせられました(>_<;)




お昼には少し早かったのですが、

・.* ランチは越前おろしそば! *.・



とっておきの”グルメ情報”を仕入れた私は、そのお店に向かったのでした。

☆ つづく ☆


閉じる コメント(4)

超〜〜〜うらやましいです!!!
はぁ〜〜!行ってみたいっ^^

浅井、朝倉の絆は、相当なものでしたよね。
信長が、逃げ帰るとき、秀吉がしんがり、じゃなければ
歴史はどうなっていたんでしょう!

本当に、羨ましいですよ^^

2009/4/12(日) 午後 11:24 きい 返信する

良いお天気で よかったですね^^
もしかして、あそこに 写っていたには、
お遍路さんでしょうか?
なんか、エンジョイしてますよね。
いいなぁ〜〜〜

2009/4/13(月) 午前 7:45 [ - ] 返信する

みみおさん
「歴史ロマン」
”そのもの”でしたよ(^v^)
頭の中は【戦国時代】に飛んでました。

朝倉、浅井、織田、秀吉、柴田・・・お市の方・・・(^O^)/
どうぞ、こちらへも行って下さいね!

2009/4/13(月) 午前 9:32 お遍路 返信する

みぃ〜さん
二日間で唯一1枚だけの記念写真です。
一人旅は風景ばかりで、自分が画像には残りません(;一_一)

また、心のポケットに「思い出」と「見聞」が増えました(^O^)/
ご夫婦でどうぞ(^_-)-☆

2009/4/13(月) 午前 9:35 お遍路 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事