全体表示

[ リスト ]

 今日4月11日は、東京駅とアムステルダム中央駅との姉妹駅記念日です。2006年の4月11日に姉妹駅締結をしてからちょうど3年になります。それを記念し特集してみました。

 東京駅とアムステルダム中央駅は、双方赤レンガ造りで横に長い構造であるという点、またそれぞれ皇族専用の部屋を備えていることから、駅の雰囲気や特徴が非常に良く似ています。一時「東京駅はオランダのアムステルダム駅を真似たもの」とのマスコミ報道がありましたが、現在では完全否定されていて、まったく別個に設計されたものであることが明確になっています。掲載した写真を比較してみれば明らかなように赤レンガは共通ですが、建物の自体は似ていません。

建築様式

 ・東京駅 :辰野式ルネサンス
 ・アムステルダム中央駅:ゴシックとルネサンスを融合させた様式

 現在、赤レンガの東京駅(重要文化財)は、2007年5月30日から復原修復工事中で2012年春に完成予定です。戦争で焼失したドームが復原される完成後が楽しみです。

参考までに

東京駅の設計者・辰野金吾のプロフィール:

 ・嘉永7年(1854)8月22日に今の佐賀県唐津市生まれ
 ・ロンドン大学に留学し、建築過程および美術過程で学ぶ。(明治13年〜明治16年)
 ・明治19年、33歳の時に銀座に辰野建築事務所を開設。
  ・1898(明治31)年帝国大学工科大学長就任
 ・建築家として日本銀行と中央停車場(東京駅)の2つの建築設計をした。
  国会議事堂はコンペの第一次審査の途中の大正8年3月25日亡くなった。享年66歳。
 
 一方、アムステルダム中央駅は1889年に開業したオランダの首都アムステルダムにあるオランダ鉄道の駅で、アムステルダム市中心部の北側、アムステル川の旧河口部分のアイ湾を埋め立てた人工島の上にあります。この駅の近くには市内電車でゴッホ美術館や歩いて行ける距離にある有名な「飾り窓」地区があります。

アムステルダム中央駅の設計者

  建築家P.J.H.カイペルスとA.L.ファン・ゲントの二人でカイペルス氏は
    アムステルダム国立美術館を設計した実績を持つ人です。

 ヨーロッパの駅は大概そうですが、オランダ鉄道も信用乗車方式をとっているため改札口はありません。ですからキップを買ったらすぐに電車に乗れますが、電車内で車掌が検札に来ます。
写真はすべて左クリックで拡大できます。

復原工事中の東京駅丸の内側   拡大して見てください。
イメージ 1

復原工事中の東京駅丸の内中央口
イメージ 2

復原工事中の東京駅丸の内南口
イメージ 3

復原工事中の東京駅丸の内南口正面
イメージ 4

復原工事中の東京駅丸の内南口正面
イメージ 5

東京駅丸の内駅舎復原図  上段が現在、下段が復原後  拡大して見てください。
この写真は東京駅丸の内側の工事現場に掲載されている資料を撮影したものです。
イメージ 6

アムステルダム中央駅
イメージ 7

アムステルダム中央駅
イメージ 8

アムステルダム中央駅前の運河と聖堂
イメージ 9


掲載写真:東京駅は2009年4月9日に撮影、アムステルダム中央駅は2000年9月27日に撮影した
ものです。(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず。)

https://travel.blogmura.com/img/travel88_31_femgreen.gif
にほんブログ村 旅行ブログへ(左の下線の文字をクリック)
↑↑↑↑応援クリックよろしくお願いします。(2009.4.11在、第44位です。)

閉じる コメント(24)

顔アイコン

姉妹都市は聞いたことがありますが、姉妹駅は知りませんでした。
駅の外観がよく似ていて、姉妹駅にふさわしいですね。
村☆☆

2009/4/11(土) 午前 11:46 となりのケロロ 返信する

東京駅の建物大好きです。
八重洲口もどちらも最近大きなビルが出来ましたけど・・・・

⌒ヾ(^-'*)ポチ

2009/4/11(土) 午後 0:20 [ $$野球小僧$$ ] 返信する

顔アイコン

アムステルダムは美しい街の様ですね。
運河の水が満々と身近に感じれれたいい感じですね。

東京駅の修復工事待ち遠しいですね。

Wポチッ!

2009/4/11(土) 午後 2:28 [ 流れ雲 ] 返信する

かなりさん
復原されるのは北口と南口のドームで、その他の外観は現状の化粧直しをする程度ではないでしょうか。ドームができるとガラッと印象が変わるでしょうね。

2009/4/11(土) 午後 7:03 kassy1946 返信する

えりさん
オランダに行かれるんですね。それはちょうどよかったですね。
ゴッホ美術館に行きたかったのですが、時間が取れず、行っていません。是非、行かれたらいいですね。

2009/4/11(土) 午後 7:08 kassy1946 返信する

へなちょこさん
姉妹駅は結構ありますよ。上野駅は北京駅と姉妹都市の関係にありますし、そんなに珍しいことではありません。姉妹駅として両国の関係が深まることはいいことですね。
村☆☆ ありがとうございました。

2009/4/11(土) 午後 7:17 kassy1946 返信する

野球小僧さん
最近、東京駅はビルの谷間になってきましたね。

⌒ヾ(^-'*)ポチ ありがとうございました。

2009/4/12(日) 午前 0:36 kassy1946 返信する

流れ雲さん
オランダは国土の四分の一が海抜0m以下の低地帯で干拓や埋め立てで国が成り立っていますので水を逃がす意味で運河や池がたくさんあります。
Wポチッ!ありがとうございました。

2009/4/12(日) 午前 1:24 kassy1946 返信する

顔アイコン

うわ〜〜!!素敵になるんですね〜!
楽しみです! こうして見ていると解りますよ〜〜♪
大傑作ポチ!!!

2009/4/12(日) 午前 11:07 マンマ 返信する

顔アイコン

初トリプル入りましたよ〜〜

2009/4/12(日) 午前 11:09 マンマ 返信する

マンマさん
復原図のようなドームができると立派になりますね。
大傑作ポチ!!! のトリプルありがとうございました。

2009/4/12(日) 午前 11:26 kassy1946 返信する

TBありがとうございます♪
僕が訪れた時は駅前も工事中で、こんなに綺麗じゃなかったです^^;
僕もTBさせていただきますね♪ぽち♪

2009/12/13(日) 午後 8:14 tomopfc 返信する

tomopfcさん
私は最後の写真のBarbizon Palace Hotel止まったんですよ。
♪ぽち♪&TB ありがとうございました。

2009/12/13(日) 午後 10:22 kassy1946 返信する

あ〜〜成るほど!!屋根がそっくりだね!!すがに素晴らしい〜〜!!
Barbizon Palace Hotelに泊まったの??いいですね〜〜!!
ポチポチ!!

2010/1/16(土) 午前 9:50 kirigakiri 返信する

風祭先生
東京駅はアムステルダム中央駅をお手本としたわけではないのですが、感じが似ている部分がありますね。Barbizon Palace Hotelに泊リました。駅から近いので便利でした。
トラバありがとうございました。

2010/1/16(土) 午前 10:11 kassy1946 返信する

顔アイコン

トラバ、ありがとうございました。
アムステルダム中央駅を実際に見ているわけではないのですが、
東京駅の建物の雰囲気はむしろ英国的だな、とずっと思っていました。
設計者の辰野氏はロンドンで建築を学ばれていたのですね。それで
どこか英国の建築様式に似ているかもしれません。
貴重なお写真と説明、ありがとうございます。☆

2012/5/19(土) 午前 3:08 Maximiliano 返信する

Maximilianoさん
アムステルダム駅がレンガ造りだという点以外はあまり似て
ませんね。ゴシック様式の印象が強いですね。

ありがとうございました。

2012/5/23(水) 午後 1:31 kassy1946 返信する

トラバありがとうございます!
いい立地のホテルに泊まられたんですね♪
アムステルダムもまた訪れたいですね^^♪
僕もトラバさせていただきますね♪ぽち☆彡

2012/7/24(火) 午後 9:57 tomopfc 返信する

いよいよ今秋には完成の東京駅。一足先に染にするって染屋さんは、商魂逞しいね!(笑)

2012/8/1(水) 午後 4:18 kirigakiri 返信する

風祭先生
コメ&トラバありがとうございました。
早くすっきりした復原東京駅の姿を見たいですね。

2012/8/1(水) 午後 4:48 kassy1946 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事