ここから本文です
>>>>牡羊座の独り言<<<<
日光東照宮の不思議再発見シリーズのリニューアル版、連載中です。

書庫全体表示

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
 中国・唐時代に流行した白銅柄香炉(柄付きの香炉)が1点出陳されていました。柄付き香炉は僧侶や供養者が法会の際などに手に奉げ持って献香するための道具(供養具)です。

 本品は白銅(銅と錫の合金)製の鋳造品で、鎮(柄の一番手前の重し)の部分に獅子形をあしらった獅子鎮香炉と言われるもので炉、台座、柄、鎮の4箇所を別鋳し、心葉形の飾りを加え、各部を鋲で留めています。

  火炉 :口縁が外側に反った浅い朝顔型
   
  台座 :24弁の菊花形

  鎮  :口の部分に遊鐶(固定されていない可動式の輪状金具)をあしらった白銅鋳造の獅子が
      柄の端の座に鋲留されています。獅子は毛筋、目、口などが丹念に鏨(たがね)彫り
      されていて、かつては鍍金されていたようです。

横位置写真は全て左クのリックで拡大できます。

【写真1】白銅柄香炉(柄付きの香炉)  (第61回「正倉院展」目録より)
長さ28.0cm、高さ5.5cm、炉口径5.1
イメージ 1

【写真2】白銅柄香炉の炉と台座部分の拡大写真(写真1をトリミングしました。)
イメージ 2

【写真3】白銅柄香炉の鎮の部分の拡大写真 (第61回「正倉院展」目録より)
イメージ 3



https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック)
↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。(2010.1.12現在、第1位です。)

この記事に

  • 獅子は飾りとしてだけではなく、重さで柄のバランスもとっているんですね。…というか、重しが獅子の飾りになっているといったほうがいいのかもしれませんが(^^;
    さりげなく菊の形がおそろいであしらわれているところにも、精巧さを感じます。
    Wポチ☆☆

    ナラ

    2010/1/12(火) 午前 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    今日も珍しいものを見せていただき、ありがとうございます。
    ☆☆

    となりのケロロ

    2010/1/12(火) 午前 9:33

    返信する
  • おはようございます!
    柄付き香炉ってあるんですか?立派ですね〜!
    これを僧侶が持って法会に使用したのかしら?
    そう言えば、古いものではないけれど面白い香炉が
    家にあるんです。。
    今度、見て頂こうかしら〜〜
    素晴らしい香炉にポチっと!!

    ☆*。゚マンマ*。゚☆

    2010/1/12(火) 午前 10:09

    返信する
  • 柄付きの香炉とは、普段思い浮かべる香炉とはイメージが違いますね。
    香をたしなむための香炉というよりは、仏事などの実用的なものなんえすね。
    面白いです♪
    ポチ☆

    OSO♪

    2010/1/12(火) 午後 3:25

    返信する
  • ナラさん
    一番乗りコメ&Wポチ☆☆ ありがとうございました。よく分かりませんが、獅子の飾りの部分は柄を手で持った時の香炉とのバランスと置いた時の安定感などから大きさ、重さ、デザインが決められているんでしょうね。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 4:26

    返信する
  • へなちょこさん
    正倉院、法隆寺、高野山などに残されている貴重な柄付き香炉のようです。 ☆☆ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 4:31

    返信する
  • マンマさん
    そちらの香炉、見てみたいですね。何かの機会にブログにアップしてみて下さい。この柄付き香炉は香りを楽しむものでなく仏具として僧侶が法会で使うための物ですね。ポチっと!! ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 4:40

    返信する
  • OSOさん
    そうですね。法会などで使う実用的な仏具です。珍しいものですね。
    ポチ☆ ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 4:43

    返信する
  • 今晩は。珍しいものを見せて頂いてアリがとうございます。村ポチ&傑作⌒ヾ(^-'*)ポチ

    wayaeko8

    2010/1/12(火) 午後 6:12

    返信する
  • 顔アイコン

    唐時代に金に擬えた、素晴らしい白銅の技術があったことに感心しています。キリスト教に教会で振り子のように香を焚いているのを見たことがありますが、中国にも献香として捧げ持つお香の使い方があるのですね。Wポチ!!

    [ betty ]

    2010/1/12(火) 午後 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    中国から入って来た物なんですね。
    珍しいものですね。

    村 ☆!

    [ 流れ雲 ]

    2010/1/12(火) 午後 8:42

    返信する
  • アバター

    獅子の細工がなんだかユーモラスな表情で可愛いです(^m^*)
    この香炉からどんな香りがしたのでしょうか。トリプルポチっと。

    流浪の民

    2010/1/12(火) 午後 8:49

    返信する
  • う〜む、どんな時に使って、どんなものなのか…僕にはよく分からないですが^^;
    細工も色合いも綺麗ですね!!wp♪

    tomopfc

    2010/1/12(火) 午後 9:50

    返信する
  • やえこさん
    この種の香炉は日本でも由緒ある寺院にしか残っていないようです。本当に貴重な香炉みたいです。
    村ポチ&傑作⌒ヾ(^-'*)ポチ ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 11:28

    返信する
  • bettyさん
    中国だけでなく日本でも献香していたようですよ。
    Wポチ!! ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 11:32

    返信する
  • 流れ雲さん
    昔は仏事に限らず何でも中国がお手本でしたね。
    村 ☆! ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 11:36

    返信する
  • 流浪の民さん
    この獅子、結構愛嬌のある顔してますよね。どんな香りがしてたか嗅いでみたいですね。トリプルポチっとありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 11:41

    返信する
  • tomopfcさん
    私もよく分かりませんが、香炉も色々な使い方、種類があったんだなあということが勉強になりました。
    wp♪ありがとうございました。

    kassy1946

    2010/1/12(火) 午後 11:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事