全体表示

[ リスト ]

 吉野ヶ里遺跡の環壕集落・南内郭の北側には「中のムラ」、王の宮殿と呼ばれる「北内郭」、「倉庫群」さらに北側には「北墳丘墓」が位置しています。
 
 今回は北内郭へいく途中の「中のムラ」の養蚕の家・機織の家の中を覗いてみましょう。既に弥生時代に養蚕が行われていたことは驚きですが、当時、絹織物は祭りや儀式用に特別に織られていた高級品だったようです。 
 
 
 
写真は全て拡大可です。
 
 
吉野ヶ里遺跡の環壕集落北側の案内図
イメージ 1
 
南内郭の物見やぐらからの北側の集落
一番高い建物があるところが北内郭(王の宮殿)、その外側の左側が倉庫群
イメージ 2
 
南内郭の北側出口の周りの環濠
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
中のムラ
イメージ 5
 
中のムラの養蚕の家・機織の家
弥生時代には養蚕の家と機織の家が夫々独立してあったようですが、
ここでは管理上、同じ家の中で展示がされていました。
イメージ 8
 
養蚕用の棚
祭りや儀式で使う絹織物の糸を生み出す大切な蚕を大事に育てた棚
イメージ 9
 
養蚕用の棚
左側はまゆ置き場、右側は桑の葉を入れたかご
イメージ 12
イメージ 13
 
絹糸を紡ぐための用具類 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
 右奥に機織り機の模型があります。
イメージ 3
 
機織り機模型
司祭者に仕え、中のムラで暮らす女性たちが糸を紡ぎ、祭りや儀式に使う絹織物を織った機織り機
イメージ 4
 
 
 
写真撮影2011年6月17日
(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず。)
                     
          ↓こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック)
↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。(2011.7.3現在、第1
位です。)

閉じる コメント(18)

おはようございます。飛騨高山に行ったとき、同じ様な養蚕の様子を見てきましたが、ここは実際養蚕をやっているんですね。青々とした桑の葉がありますものね。村ポチ&傑作⌒ヾ(^-'*)ポチ

2011/7/3(日) 午前 8:11 wayaeko8 返信する

(^.^)>(^.^)>\(^_^)/やったあ! Wポチ入りました。

2011/7/3(日) 午前 8:12 wayaeko8 返信する

やえこさん
一番乗りコメ&村ポチ&傑作⌒ヾ(^-'*)Wポチありがとうございました。
まだ書きかけだったんですが、間違って公開にしてました。
説明があまりなかったので分かりにくかったと思います。
蚕は置いていなかったし、桑の葉は本物ではなかったような
気がしました。

2011/7/3(日) 午前 9:00 kassy1946 返信する

顔アイコン

こんなものが展示されていても、この弥生の頃に絹織物が作られたことは到底信じられないね。
古事記の頃には記述があるがね。
弥生の頃の大陸では絹は存在していたが我が国ではねえ〜
絹織の技術が伝わったのは2〜3せいきじゃないのかねえ〜
この遺跡どうにも懐疑的だねえ〜

村☆!

2011/7/3(日) 午前 10:48 [ 流れ雲 ] 返信する

アバター

この時代に絹の織物があったんですね
どんな絹織り物を織っていたんでしょうね
どんなのだと自分で想像するのが古代のロマンです〜
トリプルポチしました〜^☆^

2011/7/3(日) 午前 11:32 すんり 返信する

この時代にも絹織物があったとは、今も大してかかわっていないということですね。
お蚕の棚が現代のものかと思ってしまいました。

2011/7/3(日) 午後 6:50 ちろ&チロの冒険 返信する

顔アイコン

こんばんはー。
吃驚ですねー。
この時代には絹織物が出来ていたなんてね。
村ぽち&ポチを

2011/7/3(日) 午後 7:45 ake*ono**14yus*n 返信する

高い所から眺めると、村の様子が良く分かりますね!
こうやって少しずつ今の時代の文明に発展したのかと思うと、感慨深いですね!
ぽちぽち♪

2011/7/3(日) 午後 8:03 tomopfc 返信する

アバター

遠くから眺めると、なんだか今でも人が生活していそうですね。
蚕がいっぱい…きゃ〜トリプルポチっと。

2011/7/3(日) 午後 10:08 流浪の民 返信する

流れ雲さん
弥生時代は紀元前10世紀中頃から3世紀中ごろまでの名称ですのでこの吉野ヶ里遺跡でも絹織物が作られていたのではないでしょうか。実際に遺跡から絹織物が多数出土されています。絹織物が本格的に発達したのは4〜5世紀の古墳時代でしょうが、3世紀末に書かれた『魏志倭人伝』に邪馬台国の女王・卑弥呼(170年頃〜248年頃が、中国の皇帝に絹織物を献上されたことが記されていることからも弥生時代に日本で絹織物が作られていたことは間違いないのでは。

ありがとうございました。

2011/7/4(月) 午前 11:18 kassy1946 返信する

すんりさん
吉野ヶ里遺跡から出土した絹織物の実物は見ていませんが、
かなり繊細な織りを持つ絹織物のようで機織り機も上の写真に
あるような高度な構造を持ったものだったようです。

トリプルポチありがとうございました。

2011/7/4(月) 午前 11:19 kassy1946 返信する

ちろさん
弥生時代に祭祀遺物として絹織物が数多く発見されている
事実は興味ありますね。

2011/7/4(月) 午前 11:24 kassy1946 返信する

ゆうさん
吉野ヶ里遺跡から出土した絹織物は他の弥生遺跡の物よりも
繊細な織りをしているようです。

村ぽち&ポチありがとうございました。

2011/7/4(月) 午前 11:26 kassy1946 返信する

tomopfcさん
日本人の先祖の生活は大変興味深いものがありますね。
ヨーロッパの石文化とは違った農耕文化の中に大陸から
導入された機織りが培われ、古代日本に浸透していった
んでしょうね。

ぽちぽちありがとうございました。

2011/7/4(月) 午前 11:34 kassy1946 返信する

流浪の民さん
当時の生活様式をかなり忠実に再現している遺跡だと思います。
高い物見やぐらの上からの景色は弥生時代にタイムスリップした
感覚になります。

トリプルポチっとありがとうございました。

2011/7/4(月) 午前 11:39 kassy1946 返信する

顔アイコン

学校で蚕を育ててて・・・
娘が最後どうなるのと・・・
詳しく説明したら悲しんでいました・・・
そうですよね可愛がって育ててたのに・・・・・
つい思い出してしまいました。
ポチ&村ポチ

2011/7/4(月) 午後 1:54 こころ 返信する

こんにちは
広い敷地ですね

この時代に 織物 吃驚です
全ポチ

2011/7/4(月) 午後 3:43 プリン 返信する

顔アイコン

蚕の棚は初めて見ました! いろいろ興味深いです、ポチ☆
母親の実家では蚕を飼っていたらしいのですが、子供だった母が繭がきれいなので1個を
引き出しの中に入れていたら ・・・ わたしのブログも見れないカタツムリも大嫌いな母です(笑)

2011/7/7(木) 午前 9:53 貝 ぬ し 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事