全体表示

[ リスト ]

 この記事は2009年6月13日にWikiモード版でアップしたものを見やすくするためにかんたんモード版でリニューアルしたものです。

-----------------------------------------------------------
 さあ、いよいよ東照宮の三大彫刻の一つ「眠り猫」のある国宝・東回廊にやってきました。入場口をまっすぐ行った正面が「眠り猫」の彫刻がある東回廊の蟇股(かえるまた)です。有名な割には意外に小さい彫刻です。昔から左甚五郎作として数々の逸話が伝えられています。
 この「眠り猫」の彫刻の裏側には「竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻が施されていることからこの2つの彫刻は平和のシンボルと言われています。猫が寝ているから雀が楽しく安心して暮らせる平和な世界を意味しているという解釈です。戦乱のない平和な世界にした家康公の功績は大きいでしょう。
 写真を整理していて気づいたことですが、「この猫は本当に寝ているのかな?」という疑問です。3枚目と4枚目のアップの写真を見ると薄目を開けて獲物を狙っている体勢に見えます。つまり「寝たふりをして相手に油断をさせて獲物を狙っている猫ではないのかな」というのが私の勝手な解釈です。これを彫った左甚五郎に聞いてみないと分かりませんが、本当のところはどうなんでしょう。皆さんはどう思われますか。

写真はすべて左クリックで拡大できます。

1.東回廊・蟇股(かえるまた)の彫刻「眠り猫」への入場口
正面が「眠り猫」彫刻の前に群がる観光客 
左の建物が祈祷殿、右の建物が神楽殿
イメージ 1

2.東回廊の蟇股(かえるまた)の「眠り猫」の彫刻
イメージ 2

3.東回廊の蟇股(かえるまた)の「眠り猫」の彫刻
クリックで超拡大画面になります。
やや左側の角度から撮った写真ですが、少し薄目で獲物を見ている
感じがします。
イメージ 3

4.東回廊の蟇股(かえるまた)の「眠り猫」の彫刻
クリックで超拡大画面になります。
前脚には力が入っているようですので寝ている猫の体勢ではありません。
イメージ 4

5.「眠り猫」の彫刻の裏側の蟇股にある
竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻 
表の「眠り猫」の彫刻よりも周りの装飾が豪華です。
イメージ 5

6.「眠り猫」の彫刻の裏側の蟇股にある
「竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻 
左右には牡丹の花、天井の近くには波の彫刻が施されています。
イメージ 6

7.「眠り猫」の彫刻の裏側の蟇股にある
「竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻 
イメージ 7

8.「竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻の左側の東回廊
イメージ 8

9.「竹林に遊ぶ二羽の雀」の彫刻の右側の東回廊
イメージ 9


写真撮影:2009年4月29日
(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず。)

 ↓こちらにも応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 世界遺産

新しいブログ「牡羊座の独り言 Part2」はこちらです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事