全体表示

[ リスト ]

 この記事は2009年6月14日にWikiモード版でアップしたものを見やすくするためにかんたんモード版でリニューアルしたものです。

-----------------------------------------------------------
 「眠り猫」の彫刻の下を潜ったところにある坂下門は奥宮への登り口にある門です。江戸時代には将軍の参拝の時にしか開かれなかったので「開かずの門」とも呼ばれていたそうです。小さい門なので気がつかず通り過ぎてしまいがちですが、見所がいくつかあります。
 ・門の扉    :薔薇の花の透かし彫り
 ・冠木上の欄間 :鶴、薔薇、唐松(正面)と錦鶏の透かし彫り
          (左右に1羽づつ)
 ・天井     :菊(赤と白)と牡丹(白)の花の彫刻
          (レリーフ)
 ・全体     :美術工芸の粋を尽くした七宝金具が随所に
          施されています。
 
 坂下門は国指定の重要文化財になっています。
写真はすべて左クリックで拡大できます。拡大して迫力ある画像をお楽しみください。


1.「眠り猫」の彫刻の下を潜ったところにある坂下門
(奥宮への登り口)
イメージ 1

2.坂下門・冠木上の欄間の鶴と薔薇の花と雲の透かし彫り
イメージ 2

3.坂下門・冠木上の欄間の鶴と唐松と雲の透かし彫り
イメージ 3

4.坂下門の扉の薔薇の花の透かし彫り
イメージ 4

5.坂下門の扉の薔薇の花の透かし彫り
イメージ 5

6.坂下門の天井の菊と牡丹の花の彫刻(レリーフ)と欄間(左側)の錦鶏の透かし彫り
イメージ 6

7.坂下門の天井の亀甲地紋と菊と牡丹の花の彫刻(レリーフ)と欄間(左側)の錦鶏の透かし彫り
イメージ 7

8.坂下門の天井の亀甲地紋と菊と牡丹の花の彫刻(レリーフ)と欄間(右側)の錦鶏の透かし彫り
イメージ 8

9.坂下門の裏側
沢山の七宝金具が使われています。ここ以外では本殿、拝殿にしか用いられていません。
イメージ 9

10.石段の上から見た坂下門と東回廊、神楽殿、陽明門、神輿舎の屋根
イメージ 10


写真撮影:2009年4月29日
(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず。)

 ↓こちらにも応援クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 世界遺産

新しいブログ「牡羊座の独り言 Part2」はこちらです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事