過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
 上野駅構内の芸術品シリーズ第五弾は天津大学の王学仲教授(中国書法家協会・中国美術家協会会員)の絵(上野四季繁栄図)を元にしてタイルに焼き付けたもの(陶板壁画)です。設置場所は新幹線の改札口を入り、コンコースを真っ直ぐ50m程行った突当りの壁です。(エスカレーターの直前)

 この陶板壁画がここに設置された経緯と陶板壁画の説明が下記のように書かれています。(下の上から2番目の写真を抜書きしました。)

「上野四季繁栄図  画・題字 王学仲 

 この陶板壁画は、昭和60年3月14日、東北新幹線上野駅開業を祝して上野観光連盟から上野駅に寄贈されたものです。上野と中国はパンダをはじめ極めて親密な間柄で、上野駅と北京駅は姉妹駅の関係にあります。

 この壁画の原画は、昭和58年7月28日の上野駅開業100周年を記念し、中華人民共和国中日大使館の多大なるご協力を得て、天津大学の王学仲教授(中国書法家協会・中国美術家協会会員)により画かれたものです。陶板は中国江西省陶瓷工業公司のご協力のもとに、景徳鎮の藝術瓷廠(げいじゅつじしょう)に於いて製作されました。

 絵柄は山(公園)の麓に、龍(国鉄)と上野駅を配し、そこからのびる現在の上野公園通りを中心にすえた構図で、街並みなど、すべてを中国風につくり変えて画かれ、四方には春夏秋冬の上野風物を配して、時間と空間を超越した山水画となっています。」

 中国の景徳鎮と言えばかつては陶磁器でその名を世界に知らしめた有名な場所です。漢代から陶磁器生産が始まっていたとされ、宋代には、青白磁の梅瓶など、元、明、清の時代にはいわゆる「青花」と呼ばれる染付磁器の優品を輩出し、宮廷でも用いられる一方、欧州、イスラム圏など海外諸国にも広く輸出され、china(陶磁器)の語源にもなっています。
横位置の写真はすべて左クリックで拡大できます。

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の全体写真  四方には春夏秋冬の上野の風物が描かれています。右上が春で桜と牡丹、左上が開きで紅葉、右下が夏で不忍池の蓮と鯉、左下が冬で雪とパンダ
イメージ 1

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の説明文
イメージ 2

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の部分  パンダが雪の上で笹を食べている様子とその隣に上野駅、その上に上野公園通りが中国風に画かれています。
イメージ 3

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の部分 中国風上野駅と不忍池の蓮と鯉
イメージ 4

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の部分 不忍池の蓮と鯉
イメージ 5

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の部分 「上野駅百年頌」の漢詩が画かれています。右側の霞の中に桜の花が見えます。
イメージ 6

「陶板壁画・上野四季繁栄図」の部分  「中国景徳鎮製」と「芸術瓷廠絵色」の印が画かれています。
イメージ 7


写真撮影 :2009年3月17日
(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず。)

https://travel.blogmura.com/img/travel88_31_femgreen.gif
にほんブログ村 旅行ブログへ(左の下線の文字をクリック)
↑↑↑↑応援クリックよろしくお願いします。(2009.4.2現在、第35位です。)

開く コメント(24)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事