ここから本文です
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
北欧4ヶ国の旅、エジプト紀行を連載中です。

書庫・エジプト紀行

すべて表示

 古代エジプトが衰退した後、長い間砂の中に埋れていたアブ・シンベル神殿を再発見した二人の人物たちについて紹介した展示館がアブ・シンベル神殿の裏側にありました。神殿の模型とともに資料が展示されていました。彼らの発見がなかったら神殿はダム湖の底に沈んでいたことでしょう。

写真は全て拡大できます。


アブ・シンベル神殿のある人工の岩山の南側裾野の
神殿遺跡の一部
イメージ 1

アブ・シンベル神殿のある人工の岩山の南側裾野の
神殿遺跡の一部
イメージ 2

アブ・シンベル神殿のある人工の岩山の裏側(西側)
頂上に登る道が薄っすら見えます。時間があれば登ってみたかったです。
イメージ 3

アブ・シンベル神殿のある人工の岩山の裏側(西側)の入口
イメージ 4

アブ・シンベル神殿裏側の庭
右奥がダム湖(ナセル湖)
イメージ 5

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
イメージ 6

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
神殿の模型
イメージ 13

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
1813年にヌビア砂漠を旅行中に長い間砂に埋れていた神殿の壁の一部を
再発見したスイス人のヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルト。
旅行家で東洋学者。ヨルダンのペトラ遺跡の再発見者でもあります。
イメージ 8

スイス人のヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルト
Wikipediaより
イメージ 9

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
1817年に神殿の出入り口を発掘したブルクハルトの知人であった
イタリア人探検家ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニ。
怪力自慢としてロンドンで見世物小屋に立っていましたが、のち
英国総領事に雇われエジプトへ。エジプトから多くの財宝を運び出し
1810-1850年にかけて現在の大英博物館のエジプト・コレクションの
基礎を作り上げた人物です。
イメージ 7

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
移築の様子を伝えるビデオ画面
イメージ 10

アブ・シンベル神殿裏側の展示館の展示物
イメージ 11

アブ・シンベル神殿裏側のお土産店街
左奥の岩山がアブ・シンベル神殿の裏側
イメージ 12

 今回でアブ・シンベル神殿シリーズを終了します。次回は少し間が空きますが、カイロに飛んでピラミッドやスフィンクスなどのツアー後半の記事の予定です。

写真撮影:2018年1月24 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  •  蘆笛岩鍾乳洞の一番奥の「水晶宮」と呼ばれる空間までやってきました。「水晶宮」は竜王の棲み家という見立てになっているようです。 白い鍾乳石が 地底湖に映る光景は幻想的な雰囲気を醸し出していました。「水晶宮」を後に出口方向へは緩やかな昇りにな ...すべて表示すべて表示

  •  桂林には至る所に鍾乳洞がありますが、蘆笛岩鍾乳洞は最大級のものです。前回に引き続き、鍾乳洞の奥へ進んでいきます。徐々に広い空間へと出てきました。面白い形の鍾乳石の連続です。巨大〜超巨大な石柱や石筍が林立した景観には圧倒されました。 ...すべて表示すべて表示

  •  桂林シャングリラホテルで朝食をとった後、桂林市内にある 国賓洞とも呼ばれる 蘆笛岩鍾乳洞に向かいました。鍾乳洞はホテルからツアーバスで約15分くらいのところにあります。生憎、雨がしとしとと降っていましたが、鍾乳洞の中の見学なので気になりま ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事