ここから本文です
>>>牡羊座の独り言 Part2<<<
北欧4ヶ国の旅、エジプト紀行を連載中です。

書庫全体表示

記事検索
検索

全482ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 前回に引き続き、大塚国際美術館のB3のシスティーナ・ホールの陶板天井画ですが、今回は左右のアーチ部分に焦点を当てました。この部分には7人の預言者と5人の巫女が描かれています。

写真は全て拡大できます。

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-1
イメージ 1

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(再掲載)
「最後の審判」の壁画の上にあります。
イメージ 16

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-2
左端が「最後の審判」の壁画の上部です。
中央のオレンジ色の着衣のが「リビアの巫女」、
右の青い着衣のが「預言者ダニエル」
イメージ 2

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの30
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-3
左から「リビアの巫女」、右が「預言者ダニエル」、「クマエの巫女」
イメージ 3

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-4
左から「預言者ダニエル」、「クマエの巫女」、「預言者イザヤ」
イメージ 4

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの5月
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-5
左から「クマエの巫女」、「預言者イザヤ」、「デルフォイの巫女」
イメージ 5

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(右側面)-6
左から「預言者イザヤ」、「デルフォイの巫女」
イメージ 6

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(背面
中央下部にオレンジ色と緑色の着衣の「預言者ゼカリア」が
描かれています。
イメージ 7

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(左側面)-1
左から「ペルシチャ巫女」、「預言者エレミア」
イメージ 11

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(左側面)-2
左から「預言者エゼキエル」、「ペルシチャ巫女」、「預言者エレミア」
イメージ 10

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(左側面)-3
左から「エレトレアの巫女」、「預言者エゼキエル」、
「ペルシチャ巫女」、
イメージ 9

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(左側面)-4
左から「預言者イオエ」、「エレトレアの巫女」
イメージ 8

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画(右側面)
天井画「デルフォイの巫女」とホールの床に置かれたものを
比較して見てください。
イメージ 12

大塚国際美術館B3のシスティーナ・ホールの
アーチ部分の陶板天井画「デルフォイの巫女」
イメージ 13

ホールの床に置かれた陶板天井画「デルフォイの巫女」
天井のものよりも上半身がやや太めに見えます。
下の説明にあるようにレオナルド・ダ・ヴィンチは下から見上げた時に
普通のスタイルに見えるように描いているようです。
イメージ 14

イメージ 15

 次回に続きます。

 現在、酒田方面へ撮影旅行中です。訪問、コメントが、思うようにできませんのでよろしくお願いします。

写真撮影:2019年7月4 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。大して見てください。

 鳴門市の大塚国際美術館 B3のシスティーナ・ホールの第二弾はミケランジェロが描いたヴァチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画を原寸大でそっくり再現した陶板画です。旧約聖書の「創世記」の9つのエピソード:<ノアの泥酔>、<大洪水>、<ノアの燔祭><原罪と楽園追放>、<イヴの創造>、<アダムの創造>、<大地と水の分離>、<太陽と月の創造>,<闇と光の分離>描かれています。映画「ET]で有名な場面は<アダムの創造>の場面です。

写真は全て拡大できます。

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-1
イメージ 1

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-2
イメージ 2

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-3
イメージ 3

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-4
旧約聖書「創世記」9.20-21 <ノアの泥酔>
イメージ 4

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-5
 旧約聖書「創世記」7.12,21-23 <大洪水>
イメージ 5

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-6
旧約聖書「創世記」8.20 <ノアの燔祭>
ノアは主のために祭壇を築いた。
イメージ 6

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-7
旧約聖書「創世記」 <原罪と楽園追放>
イメージ 7

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-8
旧約聖書「創世記」2.18,21-22,25 <イヴの創造>
人は独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。
イメージ 8

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-9
旧約聖書「創世記」2.7 <アダムの創造>
主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。
イメージ 9

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-10
上から順に旧約聖書「創世記」1.7-8 <大地と水の分離>
旧約聖書「創世記」1.7-8 <太陽と月の創造>
旧約聖書「創世記」1.3-5 <闇と光の分離>
イメージ 10

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-11
一番下:「最後の審判」の壁画の上部
イメージ 11

大塚国際美術館のB3のシスティーナホールの陶板天井画-12
「ヨナ書」3.1-3 <預言者ヨナ>
イメージ 12

 次回に続きます。

写真撮影:2019年7月4 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。大して見てください。

 今回のツアー・芸術の瀬戸内アート巡りで最も期待していたのが、鳴門市の大塚国際美術館でした。期待にたがわず非常に素晴らしかったです。ブロガーにとって嬉しいことにフラッシュ、三脚を使わなければ撮影がOKでしたので時間がいくらあっても足りませんでした。地下3階、地上2階の美術館には全て原寸大の本物そっくりの精巧な陶板画が展示されていました。先ずは最初に鑑賞したB3のシスティナ・ホールから紹介していきます。ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂には16年前に初めて行きましたが、その感動を髣髴とさせるものがありました。

写真は全て拡大できます。

    香川県三木トンネル       トンネルを抜け暫く行くと徳島県
イメージ 1
イメージ 2







 

鳴門大橋
左側の山の中に大塚国際美術館があります。
イメージ 3

大塚国際美術館正面玄関
イメージ 5

大塚国際美術館前の大塚グループの保養所「大塚潮騒荘」
イメージ 4

大塚国際美術館案内図
地下3階、地上2階
イメージ 6

大塚国際美術館入口(B4相当)からB3へのエスカレーター
長さ41m
イメージ 7

B3のシスティーナホール
ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂の
壁画、天井画を陶板画でそっくり再現したホールです。
イメージ 8

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画と天井画
イメージ 9

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)と天井画
壁画の一番上にはキリストの受難の道具を持った飛翔する天使たちが
描かれています。
イメージ 10

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-1
イメージ 11

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-2
キリストと聖母の周りを殉教者たちが取り囲んでいます。
イメージ 12

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-3
中央は審判者キリストと聖母
イメージ 13

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-4
天に昇る人々が描かれています。
イメージ 14

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-5
ラッパを吹き鳴らして世の終わりと肉体の復活を告げつ天使の一団
イメージ 15

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-6
罪人たちが描かれています。イメージ 16

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-7
肉体の復活の場面が描かれています。
イメージ 17

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-8
罪人たちがカロンの舟に乗せられ地獄の審判者ミノスのもとに
運ばれていく様子が描かれています。
イメージ 18

B3のシスティーナホールの
原寸大で再現されたミケランジェロの壁画(最後の審判)部分-9
ミケランジェロの自画像が生皮の顔の部分に描かれています。
イメージ 19

次回は天井画の予定です。

写真撮影:2019年7月4 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。大して見てください。

 小豆島2日目、寒霞渓のロープウェイを降りた後は道の駅小豆島オリーブ公園に向かいました。ここは8年前にも来たことがありましたが、以前よりも園内の施設が整備され、より観光地化されてきていました。小豆島はオリーブとは切っても切れない島になっています。

写真は全て拡大できます。

道の駅小豆島オリーブ公園案内図
拡大して見てください。
イメージ 1

道の駅小豆島オリーブ公園
イメージ 2

オリーブの丘
中央の白い塔はイサム・ノグチ作の遊具「スパイラルスライド」
イメージ 3

オリーブの丘
オリーブの主要品種はスペイン原産のマンザロ(小さなリンゴの意味)
イメージ 4

オリーブの丘の昭和天皇の御手播きのオリーブ
イメージ 5

イメージ 6

オリーブの丘のオリーブ原木
イメージ 7

大きくなってきたオリーブの実
イメージ 8

オリーブの丘から望む二十四の瞳映画村のある田の浦方面
イメージ 9

オリーブの葉の蝉の抜け殻
イメージ 10

オリーブの丘のギリシャ風車
ここでは魔法のほうきを無料で貸し出していて、ほうきに跨り
ジャンプして魔女宅の「きき」気分の写真が撮れます。
イメージ 11

昔使っていたオリーブ絞り機
左が実砕き臼、右は圧搾機
どちらも日精元年(1989年)まで使われていました。
イメージ 12

オリーブ園内のアートなオブジェ-1
彫刻家・大西徹山作 霞ヶ浦予科練の碑「愛」
イメージ 13

オリーブ園内のアートなオブジェ-2
彫刻家・大西山作「サイ」
イメージ 14

オリーブ園内のアートなオブジェ-3
イメージ 15

園内で見つけたハート型の「幸せのオリーブの葉」で
栞にしてもらいました。
イメージ 16


写真撮影:2019年7月4 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。大して見てください。

 小豆島寒霞渓の下りは標高差317m、全長917mのロープウェイでした。自生した木々の緑に覆われた奇岩が連なる景色の中の約5分間の空中散歩はあっという間でした。秋の紅葉の頃の景色も見てみたいものです。

写真は全て拡大できます。

寒霞渓周辺マップ
拡大して見てください。
イメージ 1

寒霞渓ロープウェイ・頂上駅に展示してあった)
2016年春の第88回選抜高校野球大会出場の小豆島高校ユニホーム
(21世紀枠で出場)
イメージ 2

寒霞渓ロープウェイ団体乗車券
イメージ 3

寒霞渓ロープウェイ・頂上駅
イメージ 4

ロープウェイ・頂上駅付近に咲いていたヤマツツジ
イメージ 5

下りロープウェイからの眺め-1
イメージ 6

下りロープウェイからの眺め-2
イメージ 7

下りロープウェイからの眺め-3
イメージ 8

下りロープウェイからの眺め-4
山麓の寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅
イメージ 9

寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅そばに
咲いていたピンク色の紫陽花
イメージ 10

寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅そばに
咲いていたピンク色の紫陽花
イメージ 11

寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅前駐車場から
見上げた寒霞渓
イメージ 12

寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅前駐車場から
見上げた雪の寒霞渓(2011年2月12日撮影)
上の写真とほぼ同じアングルです。
イメージ 13

寒霞渓ロープウェイ・高雲(こううん)駅前駐車場から
見上げた寒霞渓
イメージ 14

 次回に続きます。

写真撮影:2019年7月4 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。大して見てください。

全482ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事