>>>牡羊座の独り言 Part2<<<

北欧4ヶ国の旅、エジプト紀行を連載中です。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 ナイル川のエドフとアスワンのほぼ中間にあるコム・オンボのクルーズ船発着場からほんの数メートルのところにコム・オンボ神殿が位置しています。古代エジプト時代の旧神殿の上にプトレマイオス朝によって建設された砂岩石材の神殿でローマ時代に完成しています。神殿内部は縦に二分割され二重神殿になっています。神殿の左側には上エジプトの神であるハヤブサの神ハロエリスが、右側には本来のコム・オンボ神であるソベク神(ワニ神)が祀られています。遺跡の保存状態は比較的良好で、列柱や至聖所の壁にはヒエログリフ(神聖文字)のレリーフが施されています。次回紹介しますが珍しいレリーフ(神殿の祭礼の暦、外科手術用具など)が描かれています。

写真は全て拡大できます。

コム・オンボ神殿とワニ博物館の入場券
80エジプトポンド=約1440円
イメージ 1

北西側から見たコム・オンボ神殿
イメージ 2

遺跡の石が積み上げらた西側から見たコム・オンボ神殿
イメージ 4

西側から見たコム・オンボ神殿
イメージ 6

西側から見たコム・オンボ神殿
イメージ 3

プトレマイオス12世の門
イメージ 5

南西側から見たコム・オンボ神殿正面
神殿は中心線から左右に分かれた二重構造になっています。
左側:上エジプトの神であるハヤブサの神ハロエリスを祀っています。
右側:本来のコム・オンボ神であるソベク神(ワニ神)を祀っています。
イメージ 7

列柱上部の装飾
イメージ 8

列柱上部の装飾
コプラと翼のある日輪(ホルス神)のレリーフ。僅かに色彩が残っています。
イメージ 9

列柱上部の装飾
イメージ 10

列柱室の壁のヒエログリフ(神聖文字)のレリーフ
こちらも色彩が一部残っています。
イメージ 11

列柱室跡
イメージ 12

列柱室跡
イメージ 13

円柱のレリーフ
イメージ 14


 次回へ続きます。

写真撮影:2018年1月24 
 全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載・複製を禁ず)

               こちらにもクリックして頂けると嬉しいです。
https://travel.blogmura.com/sekaiisan/img/sekaiisan88_31.gif にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ(左の下線部の文字をクリック) ↑↑↑↑このブログが気に入ったら1日一回、応援クリックよろしくお願いします。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事