春の徒然!

負けても勝っても阪神フアンダよ慰めなんかはいらないよ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1459ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

鳥谷は五回一死一、三塁から決勝の犠飛。カウント3−0から積極的にバットを振った(撮影・白鳥恵)
 軌道は低く、強く右翼へ伸びた。ポール際、青と白で染まる敵陣の応援席に入った。鳥谷はクールにさっそうとダイヤモンドを駆けた。3号先制ソロ。4連敗中の沈んだ空気を一転させた。
 「(ファウルに)切れると思っていたけど、そのまま入ってくれてよかったです。きのう(29日)嫌な負け方をしたんで、そういう意味でも先に点が取れてよかったです」
 一回二死。5月8日の広島戦(ハードオフ新潟)以来、36試合156打席ぶりの一発だ。中日戦(ナゴヤD)3連敗。前夜は5点リードをひっくり返されての敗戦だ。4連敗中は打率・154(13打数2安打)、1打点とまったく打てなかった。
 いつも負ければ、矢面に立つのは4番・新井であり、低迷が続くマートンだったが、3番打者の不振も波に乗れなかった大きな理由だ。実際に、この試合前までの得点圏打率は・241。「連敗を止めることができた。それが一番です」。ヒーローインタビューでも笑顔はみせない。声援を受けて引き揚げる“花道”でも淡々と言葉を続けた。1試合の活躍で喜んではいられない。
 だが、復調へのキッカケはつかんだ。リードを2点差とした三回一死三塁で左前適時打。同点の五回一死一、三塁ではカウント3ボールから積極的にバットを振った。決勝の右犠飛。一瞬、スタンドインか、と思った打球は失速し、フェンス手前で捕球され、「力不足です。ホームランになるかは、別として、もうちょっと飛んでもいいかな」と苦笑いだが、手応えは感じた。
 トレーニング量はチーム随一。主力選手の誰もが「トリより練習する選手はいない」と認めている。毎日、起床と同時に肩甲骨を動かす運動を繰り返し、風呂に入り、体を温める。日々、同じことを繰り返すことで、その日のコンディションが把握できるからだ。不振から脱却するには練習しかない。本来のバッティングを取り戻すべく、鳥谷は打ち続けた。遠征中はジムなどで体をいじめる。
 和田監督は「トリが振れてきたというのがきょう一番の収穫」と喜んだ。久しぶりにみせた力強いスイングは、打線全体に活気を与えた。
 「1試合ずつ大切に戦って、借金を返して、最後には笑っていられるようにしたいです。またあした、何とか1つ勝って、神宮(3連戦)を終えたいです」
 野手キャプテンがチームの苦境を救った。攻守の要。鳥谷で勝った−。そんな試合を増やしていく

開く コメント(6)


力投する阪神先発・秋山拓巳=30日、神宮球場(撮影・小倉元司)
 
 (ヤクルト4−6阪神、30日、神宮)阪神は新人だった2010年に4勝を挙げ、鮮烈な印象を残した3年目の秋山が、2年ぶりの白星を挙げた。しかし、野手と救援陣に助けられての1勝。21歳の右腕からは「全然自分の球が投げられなかった」と反省ばかりが口をついた。

 4連敗中の重苦しい空気の中、フレッシュさを買われての今季初登板だった。だが、3点リードをもらった3回、簡単に2死を取った後、バレンティンにソロ、松井淳に同点2ランを浴びた。5回8安打4失点の結果は、藪投手コーチが「よく5回もった」と振り返るほどだった。

 だが、「(点が)追い越されなかったというのが良かった。勝ち運をもっていたのかな」と久しぶりにほおを緩めた和田監督。若手を試せた上、連敗も止めたのだから今の阪神には大きい。

 苦い白星に「チャンスをものにできなかった」と、ウイニングボールも一度は手にすることを拒んだ秋山。「エースと呼ばれるようになりたい」と話したことがある強心臓の持ち主でもある。この1勝をどう生かせるか

開く コメント(0)

 
 阪神の練習中、神宮の三塁側ベンチは“サンスポ砦の三悪人?”が占拠していた。
 三悪人って誰? 知りたいですか…じゃ教えましょう。まずサンケイスポーツ専属評論家板東英二氏(71)がベンチ中央にどっかと…ワイルドだろ?
 その横に虎にはうるさいソムリエ編集委員上田雅昭。こやつもワイルドだろ?
 その横にサンケイスポーツ専属評論家江本孟紀氏(65)がシニカルな笑顔で…ワイルドだろ?
 こういう3人がベンチに戻ってくるナインやコーチ連中をちょいとつまんで声をかけるわけ…ワイルドだろ…どこが。
 ドーしてこうなるか? といえば、ドーしても試合前の阪神ベンチは空気が重いのです。ナゴヤドームで悔しい思いをさせられての神宮です。ドーしてもナインに笑顔は少ないのです。
 それで多分、キット、板東さんはわざと選手の顔をみると何か楽しい話題を投げかけていくわけですよ。子供さんの話を振ったりして…。ソレをいわれて思わずニコッとする。こわばっていたほおがゆるむのです。
 和田監督が通りかかると独特の“板東節”が出ます。「まぁいろいろ苦労して勝ったり負けたりしていくからエエんよ…なぁ」
 すると和田監督も思わず帽子をとってニコッ。そばにいたトラ番たちの肩をポンポンと力強くたたいてまたニコッ。
 エモやんはジョークばかりとばして、これまた“笑顔”を呼び込んでいたのです。
 その真ん中でソムリエ上田雅昭はトッチャン坊やみたいな顔で何をしとったか? 「ただおもろうてバカ笑いをしてた」のであります。ムダな経費を削減することにおいては大阪橋下市長も真っ青の我が編集局長植村徹也殿、ソムリエ上田の出張旅費を返してもらいましょうゼ。板東さんとエモやんの“舌好調ぶり”をタダで聞いてゲラゲラ笑ってるだけの出張…。
 ところが、ああ、その同じ頃、大阪本社編集局のモニターテレビの前で当番デスク羽座川剛がメジャーの中継マリナーズVSレッドソックス戦を食い入るように観ていると0−0のまま九回裏。イチローはノーヒットでしたがマリナーズはサヨナラのチャンスだ。そこで我が局長が背後から「おいッ、レッドソックスのピッチャーはアッチソン(08〜09年阪神在籍12勝9敗)やないか?」と気がついた。思わず局長は叫んだよ。「おい、海の向こうで“元阪神”が負け投手で、夜は神宮で現阪神が負け…そんな“はしご”は嫌やゾ!」。
 まさかそんなことはない…局長も冗談がきつい…とデスク羽座川は空疎な笑い。
 そして試合がはじまると二回に4点、三回に5点目。うひょぉ! 見なはれ局長ッ、何が“阪神の負けのはしご”でっか。もう勝ったも同然…。
 そしたら…アレレ、そんなアホな、ウソやろ…ハレヒレホレ…チーフD羽座川の珍しい悲鳴、絶叫の“はしご”です! それで七回裏に6−6の同点。そしてついに魔の八回ですヮ。
 それにしてもおそるべし越後屋局長の“霊感”? ドーすりゃいいのサ。

開く コメント(0)


阿部の実力は、同じ選手が認めている
 
 プロ野球「マツダオールスター2012」の選手間投票が、28日に発表された。この投票は、いわば“玄人”による実力判断。興味深い結果をクローズアップする。

 ファン投票1位で選手間投票も1位だったのは、セ・リーグでは阿部慎之助捕手、長野久義外野手、高橋由伸外野手(いずれも巨人)と、平野恵一内野手(阪神)、宮本慎也内野手(ヤクルト)の5人。特に阿部は、12球団でただ1人、選手間投票が始まった08年から5年連続1位という快挙だ。

 パ・リーグは稲葉篤紀外野手(日本ハム)、糸井嘉男外野手(同)、中島裕之内野手(西武)の3人が、人気・実力ともにナンバーワンのお墨付きをもらった。

 球団別での選手間投票トップは巨人で、前記の3人に杉内俊哉投手と坂本勇人内野手を加えた5人が選ばれた。ファン投票選出0だった楽天からは田中将大投手、嶋基宏捕手、聖沢諒外野手の3人。同じく中日もブランコ内野手、和田一浩外野手が選ばれ、セ首位の面目を辛うじて保った。

 ファン投票では8人が選ばれた日本ハムだが、稲葉と糸井以外では田中賢介内野手だけ。“一般人気”と“実力査定”の格差が、如実に表れている。

 実は、選手間投票で選ばれていないチームがある。セ最下位の横浜DeNAと5位の広島、そしてパ最下位のオリックスと、首位のロッテだ。下位に低迷するチームは分かるが、ロッテの選出0は目を引く。

 逆にいえば現在首位にいるのも、一昨季に「個よりチーム一丸」でリーグ3位から下克上で日本一になったチームらしいのかもしれない。

 7月2日には監督推薦、11日にはセ、パ1人ずつの「特別枠」が発表され、全出場選手が決まる。

 昨季の特別枠は巨人・沢村拓一、日本ハム・斎藤佑樹両投手という注目のルーキーが選ばれ話題になった。今年はどんなサプライズが飛び出すのか

開く コメント(0)

(オリックス3−3ロッテ、規定により引き分け、29日、京セラドーム)日本球界に復帰して2度目の先発となったオリックスの井川慶投手(32)は制球に苦しみ、1、2回とも四球や暴投でピンチを招いた。3回も1死から四球を与え、角中に先制三塁打を許すと、2死後には大松、里崎に連続適時打。3回で86球を投げ、5安打4四死球の3失点で降板した。

 「何とか粘り強く投げていきたかったが」と井川は反省しきり。岡田監督は「きょうは井川しか(先発が)いてなかった。しようがない」。10連戦の8試合目、さらに金子が右ひじ痛で戦線離脱中とあって先発陣の頭数が足らず、井川は5回を投げた2軍戦から中4日での登板。苦しい台所事情の“余波”とあって、その乱調ぶりを責めなかった。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1459ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事