エンピツしんちゃんのブログ

似顔絵を描きながらタイガースを応援しよう!

全体表示

[ リスト ]

「世紀のイベント」と大騒ぎされたトランプ米国大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の会談は、期待されたほどの成果はなく失敗だったとの声がほとんどで、珍しく保守リベラル双方のマスコミの見解が一致しているようです。

イメージ 1
                            (金正恩委員長&トランプ大統領の似顔絵)

日本が一番注目していた拉致問題は、トランプ大統領が提起したことを明言していましたが、どこまで真剣だったか疑心暗鬼にならざるを得ない内容で、「言っておいたよ。後は当事者同士で」と、単なる橋渡し役だったようです。
これからは安倍首相が前面に出ての交渉になりそうで、拉致問題の解決に向けて安倍政権の手腕が問われます。

拉致被害者の蓮池薫さんが、「日本側は手持ちの情報をもっとオープンにして交渉にあたるべき」と、今までの政府の秘密主義に苦言を呈しな私見を述べていました。
手持ちの情報を開示しながら、一定の解決ラインを日本側から提示すべき時期にきているという見解で、「なるほど」と納得できるものでした。
日本は「全面解決」という抽象的な文言で北朝鮮に迫っていますが、隔靴掻痒の感がしないでもありませんでした。
北朝鮮が入り口で門前払いしている現状では、仕方ない面があったとは思いますが、日本のマスコミに特定失踪者の名前をオープンにするなりして交渉べきで、具体的につかんでいる事実の積み重ねで迫るしか方法はないのではないかと思います。
うがった見方ですが、日本が金を惜しんで拉致問題解決を理由にしていると韓国や中国に言われないためにも、これからの交渉は具体的な情報公開を前面に打ち出したものになりそうです。
それまで制裁を緩めることがないことは当然です。

                             似顔絵エンピツしんちゃん

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事