ここから本文です
かすみ工房
夢と野望を胸に、無謀な挑戦を続けよう〜♪
時々遊んでいるArmA2が起動しなくなった・・・
イメージ 1
アンインストールして一時ファイルやら設定ファイルを全部消して再インストール


するとなぜかフルスクリーンで起動できない

仕方ないのでウインドモードで起動

ウインドモードですると800x600サイズでは起動する

なぜかウインドサイズを大きくすると起動しない・・・???

なんぞこれ?

PCが壊れたのかなぁ…?

開くトラックバック(0)

相変わらず勝手な勘違いが暴走しているトイガン事情

金属でも50%ならOKとか半分だけ金属ならOKとかそんな話があるけど・・・

「そんな根拠はどこにもない!」


そもそも拳銃を構成する主要部品(銃身・フレーム・スライド・薬室)は

「必要以上の強度を持ってはならない!」

金属を使うなんて論外!

どうしても強度が必要なインナーフレームやハンマー等もグレーゾーンの可能性が・・・

部分メタル/フルメタル等はオークションサイト等で見かけても絶対買っちゃダメ!

どうしても買うなら合法化された状態の物を買いましょう

・銃口の閉鎖(銃身が貫通していてはいけない)
・銃全体を黄・白で塗装(なぜか金色は黄色扱いでOKらしい)

また、これらは模造拳銃に該当するので見つけたらバンバン通報してやりましょう

楽しいトイガンの未来を守る為にも、模造拳銃を駆除していきましょう〜٩( 'ω' )و

開くトラックバック(0)

いつも通りコクサイのパイソン関連〜

まぁ、他に漏れる箇所は滅多にないけど(笑


いつも通りパッキン!
イメージ 1
バルブの跡がくっきり残ってゴムとは思えない硬さ


この凹んだ部分に〜
イメージ 2
セメダインスーパーX


凹みを埋めるようにしっかり塗る
イメージ 3
半日ほど乾燥・・・



塗布した面をフレーム側にして
イメージ 4
スプレーオイルをかけて装着!


この上にバルブをすぽっ
イメージ 5
ポイントは乾燥時間

早すぎると粘りが強く動作や組み込みに影響が出てしまう

逆に遅すぎると柔軟性が失われて隙間を埋める能力が低くなる

適度に柔らかく、隙間を埋めてくれる時に組み込むのが大事

酷い時は両面に塗布すれば直る可能性も・・・

とにかく部品が入手しにくいのでこの程度の修理しかできなーい!

といった所で、今日はここまで〜(^^)ノシ

開くトラックバック(0)

またまたやってきました、ドアハンドルの錆び垂れ修理〜、イェェェェェイ!

前回の修理は2015年の9月、ちょっと錆が出るのが早いのでは?


とりあえず部品を注文!
イメージ 1
ドアハンドルアウトサイドパッキンというらしい

ちなみに2つで880円程度、実に安い


現状の錆びの出具合
イメージ 2
下にうっすらと茶色い嫌な色が!



ハンドルを引いてみると・・・
イメージ 3
ネジの頭からパッド辺りまで錆が進行中!



流石に耐久性に疑問を感じたので、今回はちょっとひと手間
イメージ 4
トビカ トップガード ブルーイングスプレー!

金属表面などに塗って錆から保護する作戦!


これをこいつの金属部分に厚塗り!
イメージ 5
特にフック状になってる部分を塗り忘れないように注意


パパッと1時間程度で交換完了〜
イメージ 6
風の関係か、左側パッドの腐食が酷い

タップ部分の肉厚がほぼ無くなっている・・・



裏側
イメージ 7
フック部分以外は良好、パッドの爪に染みついた錆の跡が原因かな?


と言った感じで、普通の地域なら10年くらいは持つであろうと推測

寒冷地や海沿いでは3〜5年程度なのかなぁ?

最近洗車もサボってたし何とも言えないけど、今度は長持ちして欲しいですねぃ


と言った所で、今日はここまで〜(^^)ノシ

開くトラックバック(0)

警告!!パスワードの入力は数回間違いました。

という内容のメールが届いた


調べてみたら新手の詐欺らしくなかなか見つけられなかった・・・

とりあえず簡単な見抜き方は

イメージ 1
実はこのメールのリンク先(青い文字の所)が全部一緒

リンク先でIDから全ての個人情報を入力させてカード番号まで抜き取るという手口

本物を見た事がないので良く分らないけど怪しいメールにはご用心を・・・

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事