アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
配線の引き出し以外には、これまで製作してきたものと何ら変わったところはなく、
「2枚目」、「3枚目」がオークション出品中の写真である。
  => http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f199401321
 
軽量、コンパクトであり、金属ケースに比べれば樹脂製ケースは鳴きにくく、
内部損失も大きく、完全な非磁性材でもあるので、音質面では好ましい事ばかりなのだが、
今の室温では特に、ケーブルの被覆が硬いので、引っ張られて座りが悪いところが難点である。
 
クロック・ユニット本体は、試作段階でブラッシュ・アップを繰り返したものであり、
これ以上なくシンプルであり、回路構成としても「内蔵型」とほぼ同じなのだが、
常時通電が可能であり、さらに周波数さえ合えば、複数の機種に使用できるという利点も大きいと思う。
 
以下の記事は、クロック・ユニットのみではなく、SDプレーヤーとのセットだが、
  => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/41753457.html
このクロック・ユニットも同様に外部電源であるので、電圧と電流さえ合えば電池でも良く、
電源トランス+出川式電源への極限のステップアップも可能である♪
 
クロックの電源の質が、これほどまで音質に影響が有るとは、
実際に経験してみるまで分からず、大変に驚いた事を明確に記憶しており、
この点に関しては、出川先生など複数の先達も同じ見解を持っているようである。
 
さぁて!
 
いよいよ基板の造作に取りかかるのだが、超久々のハンダ付けとなるので、
気合いを入れて少々練習をせねばならぬ。
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事