アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

 
何ともヘボい写真となってしまったが、「1枚目」 = 換装前、「2枚目」 = クラウン・チップである。
 
まだ動作確認としての音出しを終えた段階であり、
いわゆるファイン・チューニングというヤツは何もしていないのだが、
やはし、Total の音質品位には差が有るように思える。
 
こうした「ランク分け」というというヤツは、トランジスターの「Y、GR、BL」などと同じく、
作り分けをしているわけではなく、量産バラツキの範囲で、事後に選別をしているわけなのだが、
選別をし出来の良いものは高くうろう!と判断したのは誰なのか?
 
興味津々である。
 
さて、このあとは、数日間の音質確認のち、微改装の方針を決定し、
1点ずつ施工〜音質確認という事になる。
 
本業と私事にあまり煩わされなければ、工期は1週間程度だろうか・・・・・・
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

 
やはり良いですなぁ〜〜〜〜
 
外部トランス化の効果ももちろん大きいのだが、
  => https://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42804207.html
0.1ppm水晶との比較でも、ルビジウムの効果は圧倒的であり、
艶と滑らか感が増すと同時に、低域の越がドッと座る。
 
さらに、このA727は、クロックを内部/外部の切り替えとせず、
心臓部へルビジウム信号を直結で入れているので、ルビジウムの威力はさらに高いのだ。
 (但し、この場合、外部クロック・ユニットが無いと作動しないCDPとなってしまう。)
 
今回の来院の目的は、音の要である「1541クラウン・チップ」への換装と、
それに伴っての周辺回路の最適化である。
  => https://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/43100710.html
 
チップはソケットになっているので、換装作業は数秒で完結するのだが、
基板の裏面にいつくかの微変更を加えるので、結局、再度の総バラしなってしまう。
 
前回のフル・メンテナンス時に、次回のメンテナンスのための改装もいくつか実行したので、
最初の総バラしよりは手間は少ないのだが、バラせば必ず痛むのであり、慎重に取りかからねばならぬ。
 
本日は、改めての再度の音質確認とともに、輸送ダメージの確認を主目的としての音出しだったのだが、
残念ながら、ドライブ部の位置決めにズレが生じたようで、トレーの出入りがたどたどしく、
格納後も数秒間、カタカタと音がしている。
 
位置会わせ、もっかい!である。
  => https://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42230178.html
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

 
ようやっと!である・・・・・・ m(_ _)m
 
お預かりさせて頂いてから、4ヶ月!!
  => https://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42977190.html
 
何とも冗長な作業進行となってしまい、心苦しい限りなのだが、私事のゴタゴタが続いており、
心臓部がSMD基板という事もあり、気力が漲るタイミングを待っていたというのが、主な原因である。
 
 
0.1ppm相当の選別チップによる音質改善効果は、やはり大したもので、
一聴して分かる違いは、音の滑らか感と艶、そして残響の立ち消えの静寂感である。
 
残念ながら、不覚にも、SACDの盤は左の1枚しか持っておらず、ボーカルの確認はCDなのだが。
 (ボーカルの1枚くらいは、と思っているのだが、お薦めの盤はありますか?)
 
正直なところ、ユニバーサル・プレイヤーってものをお薦めした事はないのだが、
このメーカーのお品はとても宜しいと思う。
 
原理的には、44.1KHzの整数倍である33MHz(端数省略)のクロック源で、
48KHz系であるSACDを駆動しているので(つまりは、プログラム分周器による近似解)、
最上の選択ではないはずなのだが、やはり技術ってものは進歩していくものなのであり、
ユニバーサル・プレイヤーに対する思い込みをかなり修正せねばならぬ、といった感じである。
 
今回の改装では、将来の33MHzルビジウム(未だ格闘中であるのだが!)も視野に入れ、
外部クロック端子も設けたので、クロック・デモ機による動作確認も行った。
 
当然の事ながら、16MHz入力では半分、24MHzでは3割見当遅い再生スピードとなるのだが、
何ら問題なく、滑らかに良い音で鳴いている。
 
恐らく、絶対音感を持ったひとであれば、とうてい耐えられない試聴であろう。
凡夫であり楽器演奏が出来ない事も、たまにはプラスに作用するというか。
 
「2枚目」は外部クロック入力時の、心臓部の波形なのだが、
送受信のマッチングが甘いと(周波数)こうなってしまうのだ、という参考画像である。
 
因みに、これだけ乱れていても、再生は前述の通り、何ら問題なく行われている。
 
 
作業としては、これにて完結なので、エージングを兼ねた動作確認を数日間させて頂き、
週明けのご帰宅となる見込みである。
 
大変、大変、永らくお待たせ致しました。 m(_ _)m
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

                   「3枚目」は、S2チップの参考画像です。
 
昨夏、フル・メンテナンス+外部クロック化(ルビジウム)を行った個体なのだが、
  => https://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42808985.html
やはり!さらに上を!との事で、クラウン・チップにすげ替える事になったのだ。
 
何とな〜〜く、誘惑(押し売り?)してしまった感も有るのだが、
  => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42198761.html
こちらは利益を得るわけではなく、手塩にかけた個体に対する執着から、といったところである♪
 
オーディオ屋としても、クラウン・マーク有無のきちんとした比較試聴は初めてであり、
興味津々という事もひとつの要素ではあるのだが。
 
そして、たった1度だけだが、「S3チップ」というものを見た事がある。
 
ほとんど話には聞かないので、おそらくオフィシャルなランク分けではないのだろうと思うが、
これまた、「S1」〜「S2」の音質差と同様、興味津々の世界である。
 
 
さて・・・・・ 作業の方だが。
 
換装作業はソケットになっているとはいえ、すげ替えたのみではダメなのであり、
周辺パーツ(回路定数)の最適化なくしては、せっかくの稀少チップが本領を発揮してはくれないのである。
 
この辺りは、長年研ぎ上げてきた試聴システムが大いなる支援をしてくれるであろう。
 
さぁて、ご飯にしますかぁ〜〜〜
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

今度の880Jは?

イメージ 1

     http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v493023370?al=11&iref=alt_1
 
残り4日にして、2477円。
 
ここのところの通例では、ら悪札額は4万円前後といったところなのだが、
大雑把な傾向として、やはり徐々に高値となっているようである。
 
880J、CD80、EMT−981などに搭載されているドライブ・ユニットである「CDM−1・Mk−II」も
確実に高値となっていっており、今や新品ドライブに至っては8万円超えといったところ。
 
A730に搭載されている「CDM−3」に至っては、
中古ドライブですら、指し値6万円でも、もう1年近くも応答が無い・・・・・・・・・
 
やはり、稀少機は、ご縁が有った際に、さっさと入手しておかねば!という事なのだろう。
 
難しいのは、ピップアップ(発光、受光とも)の寿命がいつ来るか分からぬという点であり、
こればかりは新品だから余命が長いというものでもないのであり、高額での入手の場合には特に・・・・・・
 
飛び抜けた潜在ポテンシャルを持っている機種ではあるのだが、
敢えて入手するか?となると何とも難しいところである。
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事