アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

フォノアンプ製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ビートルズの希少盤?

イメージ 1

 
ファンではなく、ビートルズ世代でさえなく、個人的にはエルビスが優位に有り、
音楽マニアでもなく、オーディオ・マニアなので、頂戴する資格は無かったかもしれぬ。
 
とはいえ、この時代の盤を聴くと、ルビジウム駆動と言えども、全く勝負になっておらず、
やはりアナログが圧倒的優位に有ると感じ入る♪
 (夏や冬・・・・・ 厳しい季節には、評価が違ってきたりするのだが ^_^; )
 
いつの頃からか、録音機材が、入り口から出口まで100%アナログという時代は終わりを告げ、
さらに、プロデューサーもレコーディング・エンジニアも、メリハリや押し出し感に
重きの有る音造りに偏っていき、「鳴いていない」盤が大半を占めるようになってしまった。
 
ケータイ音楽プレーヤーとともに育った世代が、
音造りを牛耳る時代がもうすぐそこに来ているのであり・・・・・・
 
電気増幅の歴史は、やおら100年。
 
ギリギリではあるが、間に合ったというか、
良い時代を経験する事が出来たのかもしれぬ。
 
 
秋の夜長、心情的にも落ち着きがあり、
一年中で最もオーディオに向いたシーズンなのでは?
 
もう1月ほどで冬の気配が漂ってくるだろうか。
 
みなさま、寸暇を惜しんで聴きましょうねぇ〜〜〜〜♪♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

 
数年ぶりのブルックナーである。
 
懐かしの盤もなかなか良きものですな♪
 
クラシック・マニアの友人によると、「9番」は、ほぼ例外なく名曲だそうである。
 
知らぬひとは居ないであろうベートーベンとドボルザーク、モーツァルト、
そして、このブルックナー、他にもマーラー、ホルスト、シューベルトなど。
 
そして、何故か、その作曲家の「最後の交響曲」とされているものが多いのだ。
 
 
「山城組」は、少々極端だろうか。
 
存在をまったく知らなかったのだが、機材とともに頂戴したレコードの中の1枚で、
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/26304949.html
初聴きは、ひたすらビックリであった。
 
「低域の抜け」にお悩みの方は、チャレンジなさる事をお薦めする。
 
 
この「運命」は、希少板であり、お気に入りでもあるのだが、
かな〜〜り「オーディオ寄り」で、音楽派の方には否定されるかもしれない。
 
どっぷりオーディオ派の方には、これまた一聴をお薦めする。
 
 
急な飛び込み仕事で、時間帯がずれてしまったな・・・・・・
 
週末でもあるし、一杯やるか♪        今日はシャワー省略・・・・・・・・ ^_^;
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(2)

イメージ 1

 
前回は冬前だったので、ほぼ半年ぶりという事になる。
 
狂うはずの無い部分の方が多いのだが、手の修練という意味もあり、
半年に一回程度は確認するのが宜しかろうと思う。
 
何年ぶりという事になると、記録を読み返しても、記憶が鮮明に戻って来なかったり、
手が忘れていたりと、自身のメンテナンスも、良い結果には欠かす事の出来ない要素である。
 
このゲージは、「Hi−Fi News」という盤の付属品なのだが、
使用頻度は、本体である盤よりも高いかもしれぬ。
 
因みに、盤の方も、スイープなども含め、ほとんどのテスト信号が網羅されており、
他のテスト・レコードと併せ、アナログ再生には、欠かす事の出来ない師匠である。
 
針圧調整に関しては、以下を参照されたい。
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/35162543.html
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

クラシックどっぷり♪

イメージ 1

 
突然、暑っちぃですなぁ〜〜〜〜
 
身体がまだ高温に慣れていないので、へばりやすく、
この時期すでに熱中症のリスクは有るそうなので、
水分補給、長時間日射を浴びないなど、皆さま方、ご注意を!
 
 
書庫で捜し物をしていて、物陰に潜んでいるのを(笑)偶然に見付けた、
これまた定番中の定番、コテコテなのだが、どれも愛聴盤である♪
 
「テラークのバッハ」は、そもそも教会音楽があまり好きでない事もあり、
「音楽」として聴いた事は無いのだが、パイプ・オルガンのレンジの広さと、
教会の天井の高さが再現されているか、ステンド・グラスの反響音は?などなど、
機材を作る側としては、欠かす事の出来ない師匠である。
 
「左のカラヤン」は、昔世話になった知人からのオーストリア土産で、
欧州の盤らしく、不自然さがなく、バイロイトの反響もよく伝わってくる。
 
 
クラシックは、ピアニシモに音量を合わせると、フォルテシモ時には下げてしまったりするので、
耽溺が中断され、聴く頻度としては、低い方なのだが、やはり「クラシック」と呼称されるだけあり、
座禅や武術の鍛錬と同様に、気持ちが整えられるような気がする。
 
出来れば、倍くらいの試聴室で、大型のSPを鳴かせてみたいものだが、
その場合には、タイトなフォーカスに慣れてしまった耳(脳)が我慢してくれず、
眉間にしわを寄せ、対策を練りながら聴く事になってしまうのだろうな。
 
もっとも、そんなスペースを確保できる日が来るとは思えないが。 (wwwww
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

 
あまりにもアラカルトが過ぎるかもしれぬが、どれも愛聴盤である♪
 
一時期、1950年代のアメリカ映画とその音楽に懲り、
現在も、その年代のお品に出会うと、ついつい手が伸びてしまったりする。
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/41147219.html
 
騎兵隊ものなど(笑)の精神が高揚するもの、
「太陽がいっぱい」のような旋律が美しいものなど、脳内の混沌かげんがよく顕れている・・・・・
 
「007」は、曲や映画というよりも、
「ゴールド・フィンガー」の「シャーリー・バッシー」狙いでの入手で、
こののち、ジャガーのコマソンに使われた「ヒストリー・リピーティング」の入った盤を入手した。
 
 
映画音楽は、雰囲気を盛り上げる効果音的な役割と、
広告時のインパクトを高める目的の性質上、レンジ感を誇張しすぎているものが多く、
オーディオという視点からは、不自然であったり、再生の困難なものが多いのだが、
それだけに、機材を供給する側としては、乗り越えるべき課題であったりもするのである♪
 
 
今日は、マイナスの出来事がまったく無く、さらに完全マイペースの幸せな1日であった。 
 
さぁて・・・・・・・ シャワー浴びて、久々に一杯やぁろぉ♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事