アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

PCのお手入れ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 
15年ほど稼働させてきた無線ルーターがついに寿命故障となり、
いつものように直してもいいのだが、通信速度に対する不満も以前から持っており、
3千円程度なので、珍しく(笑)新調する事にしたのだ。
 
と、ここまでは前振りである。
 
やはり贅沢は敵だ!という人生なのだろうか。
必要なスキルは充分に持っているのだが、かなりの紆余曲折が有った。
 
まずは、高価ではなく、そこそこか?と思えるものを選び、
新同品というふれこみのお品を発注したのだが、子機が他メーカーのものであり、
さらにメーカー、品番とも不明のため、認識させる事が出来ず・・・・・・
 
元々持っていた子機との組み合わせでは使用出来るのだが、
通信速度は以前のままなのであり・・・・・
 
通販会社に「正しい子機との交換、それが出来なければ、
せめて子機のメーカー名と品番を知らせよ。」と連絡したのだが、応答無し。
 
可能な範囲でググッてみたものの、子機に関する情報は得られず、
「MACアドレス」で、すべてのメーカーに問い合わせるわけにも行かず・・・・・
 
結局、子機は新たに手配し直して、一応、新たな無線環境の整備は完了♪
 
ほぼ時を同じくして、知人から「使ってないのが有る。」と
未開封の、偶然にも全く同じ品物を頂戴し、動作確認を終え、
折角なので何処かに縁付かせてやろう、とヤフオク出品を思い立った。
 => http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f142592656
 
なんのかんのとゴタゴタしたが、コンクリの建物+約10mの距離という要素から、
思ったほどの通信速度は得られていないものの、以前よりは遙かに快適であり、
何よりも嬉しい副産物は、「iPhone4」でYouTubeが
途切れなく見られるようになった事である。
 
まぁ、情報検索と通信には、何らの不都合も無いので、当面はこれでヨシとしておこう。
 
 
 
内容とは無関係だが、押してクレ!!
   
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

 
特に急ぐ理由が有ったわけではなく、ハンダ作業がしたかったので♪(笑)
 
結局、回路構成の微変更と数点のパーツ交換によって、予定通りの低発熱化をはかり、
長期的に不安を感じる点は解消されたのだが、
はめ込み式の樹脂製ハウジングを割るのはとてつもなく大変だったので、
しばらくこのままで使用し、経過観察を行う事にした。
 
因みに、患部を露呈する作業の8割ほどが、この「割る」作業であり、
車の内装の樹脂ピンと同じく、そもそも脱着出来る構造にはなっておらず、
外観に僅かながらもダメージが発生してしまうので、メーカー修理の場合には、
ハウジングは新品に入れ替えているのだろうと思う。
 (そこまでちゃんとした修理はしていない確率の方が高いが。)
  
このお品、元々は某法人の払い下げ品なのだが、稼働時間はそれほど長くなかったようで、
液晶パネル、バックライトとも、目立った疲労は看守されず、
今後、10年程度は活躍してくれるのではないかと思う。
 
という事で、9ヶ月がかりのディスプレイ修理&改造、これにて一旦完結である♪
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/40709498.html
 
 
 
内容とは無関係だが、押してクレ!!
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

 
予定通り数点のパーツを交換して、機能回復には至ったのだが、
局所的な発熱が大きく、このままでは数年のうちに、新たな不具合が起きる確率大である。
 
という事で、やはり発熱の大きい部分に関して、設計変更をする事にした。
 
中古、無償で入手した、同等品の新品価格1、2万円のものを、
わざわざそうまでして延命をはからなくともよいようなものだが、
存在するものの使い回しが最上のエコと考えており、
修理技術の研鑽という視点からも、得難い機会でもあるのだ♪
 
さて・・・・・・・ 修理完了はいつとなるだろう。(笑)
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

 
不可欠な機材ではないという事はあるものの、半年以上も放置してしまった。 ^_^;
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/40709498.html
 
何を突然再開? というのは、
遠地出撃2件の報告書(製品の一部でもある)をまとめていたのだが、
デスク・ワークが嫌いなので、ふと故障診断がしたくなったからなのだ。(笑)
 
しっかし・・・・・・・
 
さすがは、インチキ修理を生業としている○ellコンというか・・・・・・
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/37074772.html
 
ヘっタクソな設計だなぁ・・・・
 
主犯は、画像のほぼ中央、大容量のSBD(ショットキー・バリア・ダイオード)で、
このあと、インダクタを通り、トランスを通り・・・・・・ 要は、半波整流回路なのだが。
 
長時間の指触で痛みを感じるほどの温度になっており(ゆえに基板から浮かされているのだが)
まだ、完全死ではなく、不安定という状態に過ぎないのだが、
下流の素子のいくつかが、道連れとなり・・・・・・・
 
SBDを定格の高いものに換え、
追い腹を召された数点のパーツをすげ替えれば、機能としては回復となると思うのだが、
それでは、10年以内に(笑)、また同じ不具合が起きる確率が高いのだ。
 
どうしたものかな・・・・・・・
 
設計変更をするという事になると、パーツのリサーチからやらねばならぬし、
という事になると、また数ヶ月間放置という事になりかねない。
 
とはいえ、上記の「応急処置」で組み上げてしまうと、
おそらく、またぶっ壊れるまで何もしないという事になるだろうし・・・・・・・
 
さぁて・・・・・・・・・ お腹もこなれたので、デスク・ワーク再開! ^_^;
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

PCの夏支度

イメージ 1

イメージ 2

 
暑くなって参りました。 ^_^;
 
突然の高温は、梅雨前のほんの一時期の事だろうとは思うのだが、
大きな負荷(疲労)がかかった直後に、電気的リークの起こりやすい高湿期を過ごし、
そののち、ここ数年の例では、悪夢のような酷暑が2ヶ月ほど続く。
 
生き物に限らず、何にとっても大きな負担のかかる時期なので、不調を起こしやすく、
余命も劇的にすり減る事になるので、この時期に是非是非お支度を!!
 
ノートPCなどをお使いの方で、短い時間サイクルで、
冷却ファンの音が高くなるという場合には、特に実行をお薦めする。
 
以前にも記事にしたのだが、5年も前なので、再度PRする事にした。
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/31183336.html
 
 
手順
 
1.データのバックアップ、「復元ポイントの作成」など、万一の場合のための安全処置を行う。
 
2.PCの電源を切り、クッションとなるものの上で、PC全面のホコリを
  ハケ様のもので撫でながら、掃除機で吸い取る。
  「吸引」は一番弱くし、ハケで舞い上げたものを吸い取る感じ。
 
3.キーボードをうつぶせにし、上面、下面とも、軽くパシパシ叩き、隙間のホコリを吐き出させる。
  その後、タップする感じで、吸引口をすぼっ、すぼっとそっと押し当て、
  キーの隙間のホコリを吸い取る。
  この作業の前に、掃除機の「中身」を出しておくと、
  万一キーが外れて吸い込まれた場合でも、簡単に回収する事が出来る。
 
過熱対策は、環境改善も大切な配慮であり、
ノートPCなどで、操作中にかなり温度が上がる場合には、ペットボトルのフタなどを
下面にかませ、机との隙間を大きくしてやる事で、放熱(通風)はかなり改善される。
 
大差ないように思える事で、なかなか面倒っぽい作業なのだが、
ほんの数分の作業であり、効果は大きいので、是非是非実行を!!
 
 
 
内容とは無関係だが、押してクレ!!
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事