アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

クロックユニット製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
組み上がった状態での通電はまだ半日なので、シャリシャリパリパリスカスカだが、
通電時間を揃えたデモ機との比較では明らかに優位にあり、
出川式電源の霊験灼かである♪
 
「2枚目」、「3枚目」は、6系統出力の同期確認結果であり、
「紫」と「橙」は共通である。 
 
信号源と分周回路は同じながら、
6系統ともなると単に分岐させるわけには行かないため、
それぞれに電流増幅が必要なのであり、これだけ揃えるのは難しいのだぞ♪
 (単にパーツを選別しただけだが・・・・・ 笑)
 
それにしても、使い込めば使い込むほどに、素晴らしいオシロである。 m(_ _)m
 
さて、明日はどんな音になっているだろうか♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

イメージ 2

 
損傷を生じさせる可能性のある作業は、それなりに神経は尖るのであり、
ガリガリ、ギコギコ、何とも原始的な感覚だが、やはりメカ屋なのだな、
オーディオ業では久々という事もあって、何とも楽しい緊張感であった♪
 
写真を取り忘れてしまったが、底板の加工も完了し、
明日からはケース・インの作業という事になる。
 
ルビジウム・クロックは、常時通電が前提なので電源SWは無し、
作動表示灯(LED)はフロント・パネルの中央にというご指定である。
 
几帳面な性格のわりには、BNC6端子は、右側にオフセットしているが、
電源の引き込みが左側なので、クロック・ケーブルとの距離をとりたいという配慮である。
 (これは、必須というわけではなく、
      選択出来るならば、この方が良いという程度の事なのだが。)
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
48KHz系の機材を持っていないため、まだ設定は44Kなのだが、音出し快調である。
 
この後、複数の機材で11Mの音質を確認しつつ煮詰めを行い、
納品直前で48Kに設定変更、オーナーさまの元で音質確認とエージングを進めて頂き、
必要に応じて何度かの音質チューニングを施させて頂くという段取りとなるであろう。
 
本来は、DSD系やファイル・オーディオなども含め、
必要な機材のほとんどを整えるべきなのだが、ギリギリまでコストを抑え、
如何に細く長く続けるかが、良心的零細商売なのだと考えているのである。
 
因みに、某輸入代理店に電解コン交換を依頼したら、
数本で6万円余をぼったくられたという。
 
ま、こちらもメシの種が他に確保出来ていなかったら、
そんなお値段になってしまうだろう。
 
段階ごとの音質確認と仕上がり後の初期エージングのためには、
試聴室が必須なのであり、住居の一画とはいえ経費は月何万にもなってしまうのであり、
仕事が有る時にだけ、試聴室と作業場を準備するというわけにも行かぬのだ。
 
 
「2枚目」、「3枚目」の波形は、進化中のプロセスである。
 
「2枚目」は、まぁまぁの立ち上がり、立ち下がりに思えるのだが、
時間軸(横軸)を拡大していくと、「3枚目」のようにダレているのである。
 
このダレが大きければ音が悪いという事ではないのだが、
特性&音質を追い込んで行く上で、ある程度の指標(目安)とはなるので、
データはまめにまめに採るのである。
 
無論、時間が経ってから、同じ作業をする際、判断に迷った際にも
自身が大きく救われるケースも多いのだ。
 
「今、めんどくさいか? 将来めんどくさいか? 絶対にあとの方がずっとめんどくさい!」
という話を、ついさっき修行中の者にしてきたのだった。
 
昔読んだグリーンベレー関連の本にこんな一節が有った。
「訓練で流した汗が、実戦で流す血の量を少なくする。」
 
なかなか気が乗らず・・・・・・ ケースの加工に取り掛からないのだが、
これだけは部分修正は利かず一発勝負なので、
やりたくなる時を待つ事が肝要なのである。
 
型紙はすでに仕上がっており、中身の仕上がりも近付いてきたので、
ぼちぼち取っかかる事にしよう。
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
まずはど〜〜でもいい話から。
 
「iOS7」にバージョン・アップしてから、いろいろな不都合が起きているのだが、
やたらと手ブレが起きるようになったのも、もしかしたら?
 
元カメラ小僧なので、腕はそれほど悪くはなく、
もしシャッター時間が無意味に長くなっているのだとしたら、
そして、それが時々起きる原因がOSにあるのだとしたら・・・・・・
 
もはや「4」は古過ぎなので、PCと同様に最新OSにUpすると
重たくてしょ〜〜がないのであり、かといって以前のバージョンに戻す手立ても無い。
 
困ったものだ・・・・・・
 
 
そして、本題は・・・・・ これは、機材ではなく脳のバグという話なのだが。
 
ついつい、いつもの習慣で組み立て始めてしまったのだが、これは側板ではなく、
フロントとリアのパネルなのであり、穴開けをするのだった。 ^_^;
 
「2枚目」、「3枚目」は、レイアウト図と内容物を置いてみたの図。
 
こういう形にならないと、配慮しておくべき音質面のキモなど、
具体的なイメージが沸いてこないのである。
 
あ”〜〜〜〜原始人♪原始人♪
 
ルビジウム・ユニットは、仕上げをするために開腹したものの、
今日は気が乗らなかったので(笑)、明日のお楽しみである♪ 
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

論理回路のお勉強

イメージ 1

4ナンド・ゲートである。(NAND = Not And)
 
4系統の入力すべてが「H」となった場合にのみ、出力が「L」となる。
 
言い換えると、4系統の入力のどれかが「L」であれば、出力は「H」。
 
4アンド・ゲートの場合には、すべての入力が「H」でないと、出力は「H」にならない。
 
複数のSWあるいはセンサーなどの、どれかが「On」ならば良い場合は「ナンド」。
すべてが「On」でなければならない場合には「アンド」という事になる。
 
こうした論理素子は、たくさんの種類が有り、
「エクスクルーシブ・オア」なんぞという、名前からは機能が分からないものも有る。
 
備忘録兼雑学口座でした。 m(_ _)m
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476
damian006666@gmail.com

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事