アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

クロックユニット製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

逓倍回路の再検討

イメージ 1

 
これまでお納めさせて頂いたお品は、充分に合格点に達してはいるのだが、
回路定数の煮詰めとパーツ選別にあまりにも手間がかかりすぎるため、
遠地出撃を請け負わない事にしている(雪の季節は、時間の約束が出来ないので)
デスク・ワーク期である冬季の間に見直しをしてみる事にした。
 
まず、逓倍(ていばい)回路について少々。
 
外部クロックを使用出来るほとんどの機種では、
44.1KHz、48KHzなどを入力するという仕組みなのだが、
読み取り部とDAC部は、11.2896MHz、12.288MHz(以下、端数省略)、
またはその整数倍で作動しており、44KHz → 11MHzの変換部分が逓倍回路である。
 
電気的には、VCO(電圧制御発振)回路とPLL(位相補正)回路で構成され、
この2つを内蔵した I Cチップが「4046」などである。
 
I Cチップの品番別に、回路構成に関する理論上の情報は開示されているのだが、
絶対に理論通りには行かず、さらに同一メーカーの同一品番であっても、
製造ロットによる周波数特性のバラツキが大きく、結局のところは、
パーツが届いてから、試作基板上で組んでみるしかないのが実情なのである。
 
さらに、作動するしないというレベルではなく、音質面という事になると、
試作基板上とハンダ付けした実装状態では、まったく異なった結果となるのであり、
同じものが2つ作れるかというと・・・・・・・・
 
 
波形、左は22MHz、右は45MHzである。
 
VCO+PLL部の構成パーツとしては、I Cチップ、数十pFのコンデンサー、
複数本の抵抗といったところであり、それほどパーツ点数が多いわけではないのだが、
位相補正が成された望む周波数を得るだけというこの段階まででも、
初めての方であれば、かかりきりであっても、1週間では難しいであろうと思う。
 
そして、この段階では、波形の通り・・・・・・・
 
一般的な内蔵クロック程度の音は、これでも出てはいるのだが、
オーディオ機材としての煮詰めは、ここがスタートである。
 
±10%程度の外部クロックの振れにきちんと同期するか?
 
長期間の安定度は?
 
合格ライン(デモ機)以上の音質が得られているか?
 
 
ここまではすでに完了しているのであり(でないと製品にならない)、
今回の再検討で目的とするところは、本体であるI Cチップを含め、
パーツ選別をどこまで簡素化出来るか?I Cチップのバラツキを吸収しうる回路構成は?など。
 
モノがモノだけに、調整箇所を設けるわけには行かないのであり、
骨子が出来上がるのは、春頃だろうか?
 
それほど頻繁に有るという需要ではないので、急ぐわけではないのだが・・・・・・・
 
長〜〜〜い登頂となりそうである♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476
 
 
2014/12/02追記
 
このブログ記事、見直していて気付いたのだが、
使途に関する記述が抜けているので、何のこっちゃわかりませんね。 m(_ _)m
 
逓倍回路製作の目的は、外部クロック端子の無い機材に、
一般的な外部クロック・ユニットの出力である44.1KHz、48KHzなどを
入力化とする需要にお応えするためのものです。
 

♪ルビジウムを聴く♪

イメージ 1

 
月曜に遠地から帰着したため、ルビジウム・ユニットは、まだ通電2日目だが
CDP、DACを同期クロックとすると、やはり充分に効果は出ている。
 
そして、このDAC、やっぱしボーカルええわ♪
 
やや端正に過ぎるA727の音調に過不足の無い温かみと面白みも添えてくれ、
実にどっぷりと、心地良く聴き入る事が出来る。
 
ったく、オーディオは際限の無い魔界だぜぃ。
 
もっとも、ここまでの精細な比較評価も音質差の把握も、
一般的な「接点だらけアンプ」では、恐らく不可能であろうと思う。
 
 
しかし・・・・・・・
 
造る側として、ここまでの拘りを車に振り向けていたなら、まったく商売にならないどころか、
生涯かけても1台の車ですら、仕上がりに到達する事は無かったろう。
 
エンジン1機を組み上げるのに、何年もかかったりして。 ^_^;
 
競技車両の開発には一時期関わったが、
自動車系のメーカーにならなくて、本当に良かった。
 
最も適正が有ったのは、王様の高級雑談のお相手である錬金術師だろうか。
権力者に盾をつくのが本能だから、何かの弾みで逆鱗に触れ、
股裂にされて終わりだったかもしれないが。
 
 
明日には、電解コンが届くとの事なので、MC2300もいよいよ中盤である♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

イメージ 2

 
「No Word」というご連絡を頂き、輸送ダメージ? CDPとのミス・マッチ?などと、
ドンヨリしたのだが、結果としては、CDPとのマッチングも取る事が出来、結果オーライである♪
 
「SA−10」に関しても、XLRのみではあるが、音質改善目的の微改装、
さらに端子類は一通りお手入れを施したので、音質変化に、ご納得頂けるであろうと思う。
 
さてさて、名残惜しくは有るが、梱包に取りかかりませう。
 
また5年後くらいに帰っておいで・・・・・・ 元気でやるのだぞ♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

11M vs 12M vs 16M vs 24MHz

イメージ 1

イメージ 2

 
初出撃に際して、改めての音質確認というか、単に比較試聴をしたかったのだが♪
 
クロック入力に使用した機材は、「MD-10」と「EM-DAC(4397)」であり、
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/folder/1311726.html
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/folder/1348709.html
2台とも、上記の(端数省略)すべての周波数で動作するのだが、
入力周波数を切り替えた際、「24MHz」以外では、一瞬音声出力が途切れる。
 (外部クロック信号の入力段に特別な配慮をしていない場合には、
    ダメージが発生する可能性が有るので、普通の機材では絶対にやってはいけません!!)
 
さらに、「MD-10」の周波数表示では、「24MHz」のみが「44.1KHz」であり、
他の周波数では「88.2KHz」が表示される。
 
そこまでの回路解析はしていないので、あくまでも推測だが、
2台とも、DAC回路は元々「24MHz」で作動すべく設計されており、それ以外の周波数では、
プログラム分周器+逓倍回路による近似解となっているのであろうと思う。
 
 
入力周波数の違いによる音質差に関しては・・・・・・・・     ん”〜〜〜〜〜
 
「内部」と、連続通電している「外部」の差ははっきりしているものの、
周波数による音質差は、イマイチよく分からなかった。
 
上記の回路構成により多周波数対応となっているために、
クロックの品位差が分かりにくい機材であるというのは確かだと思うが、
「近似解」云々が音質に大きな影響が有るとするならば、
「24MHz」だけは、明確に勝っていていいはずなのだが・・・・・・
 
これまた、よくワカラン・・・・・・・・
 
ん”〜〜〜〜〜〜
 
クロックの試聴だったはずなのだが、DACの試聴になってしまったか?
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

水晶デモ機初出撃♪

イメージ 1

イメージ 2

 
何度かの手直しは行ったものの、
ほぼ完成状態となったのが2月、初出品からは早3ヶ月余?
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/41044898.html
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/40468305.html
 
漠然と予想していたほどには人気が無く、ん”〜〜〜〜といったところである・・・・・・
 
こうしたお品の価値ってものは、何とも難しく、
オーディオ機材としてのC/Pは、一般的なメーカー品よりも、間違いなく、
ケタ以上で価値有るものと確信しているのだが、もし手放すという事になった際には、
ガレージ品や手造り品というのは、ヘタをするとタダ同然となってしまうのであり、
ブランドものの価値というのは、この辺りにも有るのだと考えている。
 
ま、観念論はともかく、ご縁が有った方の音質面での到達点を高めるに一役買ってくれれば、
製作者としては、目的の半分は達した事になる。(自己満足でしかないが。)
 
エエ目が出るか、悪い目が出るか・・・・・・ 方向性が合いますように♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事