アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

クロックユニット製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ルビデモ機出撃♪

イメージ 1

 
約3ヶ月ぶりという事になるのだが、
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/41221993.html
実は、クロックに限らず、デモ機貸し出しの引き合いは、わりと頻繁に頂いているのだが、
コストをかけて用意しているのであり、さらに機械モノという事もあり、
かなり厳格な選定(?)を行っており、1/3程度しか貸し出しには至らないのである。
 
少々不愉快な話となってしまい恐縮なのだが、実際のところ、
以下のような、世の中にはビックリするような手合いが存在するのである。
 
1.構造に興味が有ったので、分解してみました。
 
2.落下させ、ダメージを発生させて知らんふり。
 
3.現時点ではダミーSWであるとお伝えしているにも関わらず、
  力任せに操作し、つまみを破損させて知らんふり。
 
上記の事例は、すべて、厳密にいえば器物損壊罪という刑法犯なのだが、
ここまで極端ではなくとも、ごく普通の意志疎通が成り立たない、
落札後に送料等の条件の交渉が始まる、質疑応答が延々と続く、などなど、
ネットの弊害バリバリの世界である。
 
つまりは、貸し出しに至った方たちは、選びに選ばれた(笑)精鋭であるという事になります。m(_ _)m
 
 
さてさて、愚痴はともかく、方向性が合い、
充分な音質改善効果をお楽しみ頂けるといいのだが・・・・・・
 
明日の出撃予定である♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

 
10代の半ばからずっとそうしてきた、というか、たまたま、そうだったというだけの事なのだが、
やはり、一足のわらじでは食い足りぬな・・・・・・
 
じっとしているとイライラするという異常性格の問題はともかく、
創造によって人生を過ごしたいのだ!
 
一度でも、問題を解決する、創造する、という事を経験してしまうと、
大脳はもう消費の快感では満足してくれず・・・・・・
 
これが、要するに、ワーカー・ホリックや過労死が起きてしまう根本原理なのであり・・・・・
 
って面白みの一片も無い話はどうでもよく!
 
 
まだBB(試作基板)上での完成ではあり、
実装には、信号と電源の引き回しについての試行錯誤が必要ではあるのだが、
判断の手段は、いつも通り、ヘリクツは度外視して、聴いて決めるという事になる。
 
最も大きな問題点は、フォノアンプのレベルほどではないものの、
かなり厳密なパーツ選別が必要である事で、その分コスト高となってしまう事である。
 
 
これで、現時点で、水晶クロック用の電源回路は以下の5種という事になった。
 
1.ACアダプター(常時通電型に使用)
 
2.従来型(主にCDP内蔵型に使用)
 
3.今回の新型
 
4.ファインメット・トランス型
 
5.ファインメット・トランス+出川式電源
 
当然のような話だが、「1」 → 「5」の順に、コストは高くなってゆく。
 
さて、どれかをお選び下さい、という場合には、やはり、比較試聴の出来るデモ機が無いとダメかな?
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

 
ルビジウム用に手配した特注仕様のファインメット・トランス、
常時通電型水晶クロックに使用しているACアダプター、
内蔵クロックに使用している低漏洩磁束タイプの電源トランスの3種である。
 
電源トランス2種の音質比較に関しては、容量(ゆとり)に圧倒的な差が有り、
無茶すぎよう!思われるかもしれぬが、その差を経験則によって、
ある程度は、さっ引く事が出来るので、全く意味のない比較試聴ではないのだ。
 
という事で。
 
ま”〜〜〜〜 ACアダプターの音質に関しては、
クロック・ユニット内蔵の電源部に特別な配慮をしているので、
比較に耐えぬほどではないのだが、音質面では見るべきものがない。
 
性能の長期安定、低コスト、低消費電力、コンパクトなどなどの
実利的な多数の利点は、素晴らしいものではあるが、
これは、スイッチング電源が根元的に持っている問題なのである。
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/40365277.html
 
とはいえ、このACアダプターを使用した「常時通電タイプ」は、
複数の方から高い評価を頂いており、コスト以上の価値が有る事は断言しておくが。
 
 
何度も同じ事を記してしまう事になるのだが(このブログの特徴か?)、
いくらか感度(?)の鈍い、というか、そもそもルビジウムほど到達点の高くない水晶クロックとはいえ、
やはり慎重に仕立てられたファインメット・トランスの威力は大したもので、アバレ傾向の盤であっても
デジタル・ソース固有の騒々しさ、カサつき感というものが、
ファインメットに繋ぎ換えた途端に、すっと影を潜める。
 
これまた、同じ事を記してしまうのだが、
電源によるクロック品位の差というのは、原理的にはどういう現象なのだろう?
 
 
しかししかし・・・・・・ どんなに小さな容量を選んだとしても、
ファインメット・トランスを機器内蔵とするのは、無理であろうな・・・・・
 
 
という事で・・・・・・  またしても悪魔の心が・・・・・・・・
 
充分にゆとりのあるファインメット・トランスとクロック部を外部電源装置に内蔵し、
CDPやDACなどに、給電とクロック信号の供給を行うという案はどうだろうか?
 
本体の改装と電源&クロック部で、25万・・・・・ 儲け無し。
 
やっぱ、本業が他に有ってこそ出来ることじゃな。 ^_^;
 
ガンバロ♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

 
暑”ぃ”〜〜〜〜〜!!
 
怒ってもしゃ〜〜〜ないのだが、まだ身体が高温に慣れきっていないので、
ちっとでも作業をすると、Tシャツ&短パンでも、汗ダラダラである。
 
ま、機材にさえ、汗がかからなければ、それでいいのだが。
 
 
作る側としては、何ともいい加減な話だが、コスト・バランスから、
ファインメット => ルビジウムという図式が、頭の中に出来上がっており、
これまでやってみた事が無かったのだ。 ^_^;
 
コスト・バランスと言っても、自作アンプのハイエンド機の場合、
8割方が電源だったりはするのだが、クロックに対しては、
まだそこまでの拘りが持てていないのかもしれぬ。
 
音質変化に関しては、ルビジウムほど劇的ではないものの、
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/38062088.html
「水晶でもここまでは、いけんだ!!」という、驚きの世界である。
 
 
さて、小容量のファインメット・トランスを特注するにせよ、
いくつか確認のための試作を行って、仕様を決めなくてはならぬ。
 
容量は、大きい分には問題ないのだが、
ファインメット製のコア材が恐ろしく高価であるため、
必要なゆとりが確保出来る最小の容量としたいのだ。
 
さらに、その試行錯誤の副産物として、また何かが得られそうな予感がするので、
もしも、音質面でさらなる進化が起きれば、ファインメット駆動のルビジウムよりも、
ファインメット駆動の水晶(この部分だけを読むと、意味がワカランな ^_^; )を
第一の推奨クロック(続けて読んでいると、舌噛みそう・・・・・)とするかも。
 
水晶クロックは、回路構成と仕立てに充分な配慮をすれば、
間違いなく一生モノであるという利点も大きいのだ。
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

イメージ 1

 
自身なりに充分に研ぎ上げたアナログでさえ、仕立てが不完全な場合には、
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/41074234.html
エルビスの「鳴き」の再現は難しいのだが・・・・・・・
 
そして、この鳴きの問題は、「シャウト」では絶対に分からない。
 => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/40798671.html
  
「Junichiro」でない方は、オリジナル録音に近い洋盤で、
ルビジウムとの組み合わせでは、アナログにかなり近いのだが、それでも鳴いてはくれない。
 
今回の水晶のブレイク・スルーで、
 ルビジウム > 水晶(新) >> 水晶
というレベルまでは来たのだが、まだまだ納得までは道遠しといった感がある。
 
クロック品位のみの問題であるはずはなく、
それだけで、デジタル臭さが、目指すベルまで取りきれるとも思ってはいないのだが、
当面、エルビスの声が鳴いてくれるところを目指して、
クロック回路のブラッシュ・アップを続けていく事になるだろう。
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。
ブチッと押して頂けると助かります。
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事