アンプ製作とOH、DIY修理、ハイテク自給自足を目指す!

全員がちょびっとの努力と配慮でゆとりを作り、継続可能な事を被災地へ。

クロックユニット製作

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

 
現在、クロック強化とクロック・ユニットの新造のご用命を頂いており、
クロック・ユニットとしては、これで25台目、26台目という事になるのだが、
試行錯誤のためのこねくり回しはともかく、新造としては1年3ヶ月ぶりという事になる。
  => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42239594.html
 
またまた何度も同じ事ばかり記しているのだが、
思い込みや勘違いというのは常に有るものなのであり、
それによるミスの発生を防ぐためには、確認、確認、確認・・・・・・
 
クロック回路に限らないのだが、趣味道具の世界では作動する、しないではなく、
出来上がり、ちゃんと作動はするものの、不出来!ではどうしようもないのである。
 
じっと見る見る、考える、思い出す・・・・・・
 
心理的に落ち着かない要素を抱えている場合には、特に、特に注意が必要である。
 
 
ところで、ようやく冬らしく、ガシガシと冷え込んできましたね!
現在の室温7℃、シャワー浴びて一杯やろう♪
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

同期クロックのズレ

イメージ 1

 
信号源を同じくする2つのクロック信号が、数%ズレている。
 
6μsec.の数%など、測るのが大変なほど短い時間だが、
パーツ・レイアウトや、配線の引き回しのほんの僅かの違いで、
とたんにこうした不都合が起きるのである。
 
片方の信号を遅延させる事は可能だが、それでは音が悪くなってしまうだろう。
これまたやってはみるのだが。
 
超激務の状態が続いており、気力にゆとりが無いので、良い発想が浮かばぬ・・・・・
 
12月、1月は、急患の場合を除き、
遠地の仕事を入れていませんので、ガシガシと進むと思います。 m(_ _)m
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

 
またしても、備忘録記事です。 m(_ _)m
 
先般、出撃した水晶クロック・デモ機は大変に高い評価を頂いたのだが、
  => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42899336.html
頂いた評価の内容から(直接は関連が無いのだが)、ふと脳内にLEDが灯り(サイボーグかぁ!!)
改めて確認してみっぺぃという話である。
 
オーディオの世界においては、音がすべてであり、
測定結果は開発過程における目安に過ぎないので、波形などどうでもよいのではあるが、
一応は、主観(試聴)のみでなく、客観性を含んでいる情報なので。
 
ふむ・・・・・・・
 
「1枚目」、「2枚目」は、微変更を加えた整波波形の立ち上がり、立ち下がり部の拡大なのだが、
クロック・チップ、回路構成、電源まで同じでも、これだけの差が出るのである。
 
厳密な比較試聴をしないかぎり、
ふたつの音の違いに気付く方は、極めて少ないとは思うのだが・・・・・・
 
クロック信号の受け側が、このエッジのどの部分(スレッショルド、閾値・しきいち)を
Lo → Hi、Hi → Lo と判ずるかによって、信号のそろい具合、すなわち短時間あたりの
ジッターが決まるわけなのだが、「1枚目」の場合には、立ち上がり部は下半分、
立ち下がり部では上半分での検知が望ましいという事になる。(あくまでも、理論的には)
 
こうした受け側機器との合わせ込みを、
「クロック回路の音質チューニング」なんぞと自称していたりする。
 
「2枚目」の場合には、「検知位置」と出来るのは、波高値の1/3程度しかないのだが、
この2種の回路構成を比べた場合、明らかに「2枚目」の方が音質が良いのである。
 (デジタル臭さが少ないという意味において)
 
波形の差は、結果として、測定器で看取できた現象に過ぎないのであり、
回路構成(正確には、ワイヤリングの引き回し)によって、放射ノイズや電磁干渉(EMI)の状態が変化し
それが音の傾向に影響を与えているという事なのだろうと思う。
 
 
え”〜〜〜〜〜  結論の無い、わけのワカラン内容で、大変失礼致しました。 m(_ _)m
 
やはし、オーディオ系の事は、気分を上向かせてくれるようですな♪
 
今夜もガシガシと冷え込んでおります。
皆さま、お風邪を召されませんように!
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まずは、単なる備忘録としての記事であり、隔靴掻痒というか、
来訪者の方々には意味の無い記事である事をお詫び致します。 m(_ _)m
 
 
ふむ・・・・・・・
 
ふむむむ・・・・・・
 
ん”ん”〜〜〜〜
 
波形というか、機能としてはこれでいいのだがな。
 
より良い音質のために、もう少しパーツを減らす事が出来ぬものか。
 
 
またまた同じ事を記してしまうのだが、感性に関わるお品というか、趣味道具としては、
余計な事をしてはいけないのであり、出来るだけシンプルなものが正しいのである。
 
特に半導体に関しては、最も強く多くノイズを出すパーツなので、
良い音のためには、如何に半導体の数を減らすかがキモなのである。
 
税法上の問題が無ければ、2Lターボよりも、3Lのエンジンの方が、あらゆる点で上ですね?
 
 
ところで、突然、どっと冬になりましたなぁ〜〜〜〜〜
 
こちらは暖房はまだまだですが、フリースの部屋着と羽布団を出しました。
 
身辺に風邪に取り憑かれた者がかなりおります。
 
皆さま、体調を崩されませんように!!
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
  
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 
以下の記事の続編であり、まだ一部が仮配線ではあるが、実装基板上での煮詰めである。
  => http://blogs.yahoo.co.jp/kata66jp/42656445.html
 
同期周波数(外部入力)は、すべて44.1KHzであり、「1枚目」、「2枚目」は、当然ペケ。(笑)
 
評価指標は、この波形のみではないのだが、「3枚目」と「4枚目」の間に最適点が有るという事になる。
 

ふぃ〜〜〜〜〜・・・・・
 
またまた、間が空いてしまったが、夕食後2時間でここまでは来た。
 
遠地出撃というよりも、突貫3日半で疲れました。
 
取り敢えず、一杯やって今日は寝ます。 m(_ _)m
 
 
 
ブログ村のランキングに参加中。 ブチッと押して下さぃ〜〜〜〜
 
https://pckaden.blogmura.com/pureaudio/img/pureaudio88_31_nf.gif
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ(文字をクリック)
 
オーディオ、家電全般
https://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3135218&pid=882703476

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事