風まかせお天気日記。blog版

気象予報士・片平敦の日常つれづれ日記です。

こんにちは!ご無沙汰しています。

長いことブログの更新をしていなくてスミマセンでした。

8月以降いろいろとありまして、なかなか時間が取れなかったんです…。



さてこのたび、心機一転、ブログを移転することにしました!

今後とも「風まかせお天気日記。」をどうぞよろしくお願いいたします!

  ↓   ↓   ↓   ↓

 これからのブログ: http://ameblo.jp/katahirablog/

この記事に

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

めちゃめちゃご無沙汰しておりました!!

6月ごろから長いこと、仕事が忙しすぎたり、
1ヶ月以上にわたってPCがネットワークにつなげなくなっていたりで、
ブログの更新がすっかり滞ってしまいました…。
ちょくちょく来て下さっていた方、大変お待たせいたしました!!!

  *   *   *

この夏は、やたらと安定しない空模様の日が多いですね。
先週金曜日には、大阪府堺市堺区(堺のアメダス)で、
午後3時50分までの1時間に93.5ミリの猛烈な雨を観測したところです。

実は僕も東京で学生をしていた9年ほど前、
実際に1時間雨量90ミリ以上の猛烈な雨の現場に遭遇したことがあります。

ひと言で言うと「怖い」。

降る雨で周囲が真っ白にかすみ、雨の音で1mも離れていない友達との会話もできないくらいでした。
そんな雨の起きることが多い夏でしたが、ついに京阪神の市街地でも発生したわけでした。

  *   *   *

その翌日のきのう土曜日。

堺市に用事があったので、時間を作って、大仙公園にある堺アメダスに実際に行ってきました。
7月に大阪府立大学の農場から移転してきただけあって、機器は新品!
風向風速計も雨量計も汚れておらず、きれいな白い色をしていました。
(2枚目の写真が、雨の量を測る「雨量計」です)

大仙公園の片隅にあるこの観測点は、第一印象としては「のどか」。
ツクツクホウシの鳴き声が聞こえてきて、遠くから子どもたちの遊ぶ声が聞こえるようすは、
たった20時間前の「93.5ミリ」とはまるで無縁のような、
のんびりとした安全・安心な場所に思えました。

言い換えれば、日本に住んでいる以上、
こういう危険な降り方をする雨は、どこで起きてもおかしくない、というわけです。
オンエアで僕自身がよく「どこで起きてもおかしくない」と解説していますが、
堺アメダスののどかのようすを見て、逆に改めて、その恐ろしさを感じました。

この記事に

開く コメント(13)

イメージ 1

イメージ 2

実は、長谷棚田の田植えにおじゃました際に、稲の苗を少し分けてもらってきていました。
10年以上も前だけど、ウチの父親が実家のベランダで、
ドラム缶に田んぼをこしらえて稲を栽培していたことを思い出したんです。

ネットで調べると「バケツ稲」なんていって、家でもちゃんと育てられるみたい。
てなわけで、わが家のベランダに「マイ田んぼ」を作っちゃいました!!
収穫量はたかが知れているから鑑賞&観察用だけど、
「マイ田んぼ」って響き、早く定年になって農作業をして過ごしたい僕にとっては(笑)、
ちょっと、いやかなり嬉しいもんです…!!

ちゃんと育つのか、穂はこうべを垂れてくれるのか…?!
まだまだ分からない試行錯誤の稲作(?)ですが、ちょくちょくブログでもご紹介しますね!!

P.S.
 田植えのときの写真、めっちゃ嬉しそうな僕をスタッフさんが激写してくれていました!(笑)
 農作業しているとき、僕ってホントに幸せそう、らしいですよ。
 ご要望にお応えしてプロフィールの写真、せっかくなんで変更しちゃいました♪

この記事に

開く コメント(14)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事