フィジー生活情報

フィジーで過ごした2年間とその後です。

TOP PAGE

すべて表示

フィジー生活情報にようこそ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

フィジーの首都スバを中心とした生活情報です。
新しくフィジーに来られたSV向けに作り始めましたが、日記・雑文・紀行・何でも有りになってしまいました。
順次更新しているので、時々のぞきに来てください。

フィジーの位置:日本から南へ7000キロ
        オーストラリアの東3000キロ、ニュージーランドの北2000キロ
フィジーの面積:大小300の島々から成り、土地の総面積は四国と同じ。       
フィジーの人口:80万人。60万人がビチレブ島、15万人がバヌアレブ島に集中。
        50%がフィジアン。44%がインド系(英国植民地時代のサトウキビ労働者の子孫)
        フィジアンも単一ではなく、メラニシア系ポリネシア系と多彩である。
        インド系は主に都市部、平地に住む。内陸部はフィジアンだけである。
フィジーの首都:スバ。国際空港のあるナンディから南側のクィーンズロードで200キロ、車で4時間
        島の中央に山がありナンディのある西部は乾燥地帯で天気が良いが暑い。
        首都スバのある東部は熱帯雨林地帯で雨が多いが、比較的涼しく過ごし易い。
        7〜8階建てのビルが数軒あるだけで日本の感覚では都市とはいえないかも知れないが
        2階建て以上の建物がほとんど無い近隣諸国およびフィジーの他の町に比べると
        大都会である。

近隣諸国(トンガ、バヌアツなど)に比べると面積、人口ともダントツであるが、日本、オーストラリア、ニュージーランドなどとは比べ物にならない小さな国である。
鉄道が無い。トンネルが一つも無い。橋は一つの川に一本しかない。穴ポコだらけの道路。
でも南国の楽園であることは間違い無い。糖尿病で死ぬ人はいても飢える人は皆無。
100年ほど前まで食人の習慣があったが、飢饉で食べるのではなく敵のパワーを得る為に食べたそうだ。
彼らは食人を隠さずむしろ誇りにさえ思っているようだ。
博物館に大腿骨(食べ残しか!)が飾ってあったり、みやげ物屋に食人用のフォークやナイフが売られている。
http://blogs.yahoo.co.jp/katakatavakalevu/2532765.html

トップの写真はスクールコンサート(学芸会)のタヒチアンダンス。
この私立のプライマリースクールは各国大使館や在住外国人の子弟が多い。
http://blogs.yahoo.co.jp/katakatavakalevu/17932166.html


.


みんなの更新記事