片品村 戸丸広安の日誌

尾瀬国立公園の麓からの本音トーク

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

人はどんなところに惹かれ、心打たれるか。
人生を振り返ってみて、特に忘れられない人って、どういう人だったろうか。
 
自分や家族のことを親身に考えてくれ、生計を立てるために導いてくれた人ほど、ずっと忘れられないだろう。苦境の中だった尚更だろう。
 
そんな生きる力になってくれたのが、永井紺周郎・いと夫妻である。紺周郎さんは、天保2(1831)年、針山新田に生まれ、いとさんは、天保7(1836)年、追貝村(今の沼田市利根町)の三浦家に生まれ、やがて相思相愛となった。
 
慶長閏4(1868)年5月、ある寒い日、蚕屋の永井家に、会津兵士との戸倉戦争に向かう、官軍の沼田藩士25名が泊まったことが、蚕のいぶし飼い育成法を “見出す” きっかけとなった。冷え切った兵士が暖を取るためと、濡れた衣類を乾かすためだったのだろうが、囲炉裏で勢いよく燃える薪の熱と煙が、成長途中の蚕を“殺す”どころか、かえって元気付けたのだった。
 
「信じられないことが起こった」
と、胸騒ぎがしたに違いない紺周郎。
 
なぜなら、蚕の近くで大掛かりに火を燃やすのはそれまで厳禁だったからだ。紺周郎は、その年、そして翌年も、なぜだ、どうしてだ_と、納得できるまで検証をして、行き着いたのが、いぶし飼いつまり、永井紺周郎養蚕術だった。
 
やがて2000名を超える弟子たちが群馬県各地に育ち、根付くようになった。夫妻が命の次に大事な仕事_養蚕の安定的生産と経営のために、馬にまたがるなどして、無償の施しをして回ったからである。そして、“蚕の神様” と解せる顕彰碑が県内に造られるに至った。
 
数年前。世は、富岡製糸場と関連する蚕関連施設が世界産業遺産群としてユネスコで登録されるかもしれないとの追い風気運の中、しびれを切らした紺周郎・いとさんの直弟子を含めた弟子の子孫たちが立ち上がり、本家本元の片品村の皆さんに熱いエールを送り始めた。
 
富岡製糸場の興隆の背景には、養蚕の名士が居たことを忘れてはならないだろう。その隊列の中に入ってしかるべきなのが、永井紺周郎だろうという叫びなのである。
 
地元での盛り上がりがみられるようになって来た。紺周郎・いと夫妻の紙芝居が行われた、恒例の片品村ふれあいバザール(6月6日)。私らがけん引した第一回紺周郎とお蚕さまを語る会(7月25日)もそうだ。そして、きょう、8月26日(火)夜、針山の集会場で、村民有志や組長さんらの呼びかけで永井流伝習所保存を含めた今後の取り組みをみんなで話し合った(添付写真)。
 
参加者は、意気投合し、協力し合うことに至った。9月に入って、再び集まり、伝習所遺産ともいうべき貴重品の整理・確認に入る。来年には、“紺周郎まつり” なるものも動き出しそうな勢いだ。楽しみだ。
 
紺周郎・いと夫妻は、生き様を残してくれた。農民のために、人のためにがモットーだったようだ。その為に生きた様が今も我々の心をつかんで離さない。我々の生き方のバロメーターとさえなっているようである。(つづく)
 

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

約145年前、のちに「蚕の神様」と言われるようになる、永井紺周郎・いと夫妻がいぶし飼い養蚕術を教授・伝承した伝習所の跡地です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お蚕様といって生糸の元を大事に育てあげて生計を立てていた我々の親たちだったが、その養蚕業をやめて久しい。その昔、高価な絹織物となり、海外へも輸出され重宝がられた生糸がこの地域でもたくさん採れていたことを知る若者は少ない。我々も忘れ切っている。
 
冬は雪に埋もれ、桜前線が青森や北海道と同じといわれる片品の、しかもろくな田んぼの無い不便な山麓に、お蚕の救世主が現れたのだった。
 
名前は、永井紺周郎、養蚕のプロ、並外れの発想ができた先生であった。
 
 
今日、片品村では、その永井紺周郎とその妻・いとの偉業を学ぶ勉強会がもたれたのだった。
 
片品村教育委員会主催の平成23年度の片品カレッジの第一弾でして、かつての養蚕県・群馬を形づくった養蚕術の一つである永井式温暖飼育法を学びました。
 
講師は、この分野の研究の第一人者である大久保勝美(片品村文化財調査委員長)です。
 
したがいまして、県の「養蚕検査・養蚕見回り役」「勧業世話係」の永井紺周郎が登場する背景、故郷針山、対外的功績など、真新しい内容を含めながらの“ためになる”講義でした。
 
確認できたことは、以下のことです。
 
①永井紺周郎と妻いとの功績をたたえてその足跡を顕彰碑などを残しているのは、実は村外である。
 
●旧・勢多郡大胡町大屋(現・前橋市)に「紺周郎神碣」という石碑がある、
●旧・勢多郡赤城村勝保沢(現・渋川市)に「頌徳碑」がある。正面には、紺周郎へ の「智術軒秀誉紺  周郎霊神」といとへの「恵秀軒光誉明薫女霊神」との刻印がある、
●旧・北群馬郡子持村(現・渋川市)にも石碑が存在する、
などである。
 
しかし、肝心な片品には、墓石以外は存在しない。二人の墓石は、針山の生家の裏山に存在する。
 
大久保先生は、顕彰碑の建立の必要性を力説されました。
 
“蚕の神様”となったお稲荷様の話が、これまた面白かった。針山には、稲荷社が生家の裏山にある。
 
紺周郎は、「養蚕伝習所」の結成を県から奨励されるに至り、山間地にふさわしい温暖飼育法を県内各地に広めて回った。その分校をも造った。
 
胃の病気で早めに亡くなったが、妻いとがその社交性と説得力を生かして夫に負けず劣らないくらい永井式養蚕術の伝承に努めた。息子の文作が親の意向を胸にさらなる伝承に努めたのだった。
 
富岡製紙所の世界遺産登録を進めるにあたって、それに関連する養蚕技術に永井式が含まれるのではと思ってもう6年以上前、しかしそうはならなかった。沼田の大桑は取り上げられたが、結局はそうしたものはそぎ落とされる形で世界遺産登録をめざすのだと、今日参加した高山正・伝道師が言っていました。また永井式養蚕術などへの対応・データ保存も別途力を入れるべく県としては予算をすでに確保しているとのことでした。
 
これからは、片品での永井式養蚕術とその足跡の保存活動に力を入れていかなくてはならないだろう。顕彰碑もやはり必要であろう。幸いにも、「養蚕伝習所」の建物は今もよい形で残っていると大久保先生は写真片手に言っていた。
 
実は私は、この永井家とは、親戚筋にあたるのです。
 

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事