ここから本文です
思い付くままに…
昔バーを経営してました。

書庫全体表示

記事検索
検索

ウェスタン

反響が徐々にですが大きくなってきてますF-cal Moonlightなんですが、今はまだデジタル音源のみの反響なんです。
それには私の家の音響空間が整っていない事があります。
自分で納得がいかないものはお薦めしませんしね。

デジタルはアナログに劣る。それは確かです。
全く同じ再生機器(アナログ部分)を使えばそうなりますね。
但しデジタルとアナログの機器の値段的な開きも有ると思いますがアナログの方が現在時点ではお金がかかると思います。勿論ピンキリなんですが…

デジタルの良さは数多く有ると思いますが、至らない点も多く、特に音の平面化が有り、音の強弱で音の位置の前後を図る嫌いも有ります。

それとただのデジタルでもアナログに苦戦してるのに更に難関なのはPCオーディオ。

オーディオにPCを導入してより一層の簡素化を図る事が強調されますが果たしてそうでしょうか?
良くできたCDPなどと比べて劣ると云う判断も現在の私には疑問に思います。

されど何せデジタルの事なので劣化が激しくてPCオーディオのように CDをリッピングしてHDなどに録音しそれを再生するのは音の鮮度で圧倒的に不利です。
ですが、その溝は色々な機器を取り付ける事により取り戻せます。完全では勿論ないのですが、かなり取り戻せます。

その時点でCDPとの差は逆にPCオーディオに有利に有ると私は思います。
それにはいくつかの関門をすり抜けなければならないのですが、PCオーディオと云うフォーマットから安易にハイレゾなどに向かわなくとも十分CDリッピングでアナログに対応できると思います。

F-cal Moonlightは現在の PCオーディオをやっている人には福音になると思います。

最初F-cal Moonlightケーブルの音を聴かれたら、とても混乱すると思います。
それほど劇的に変化します。CDの音が全くの新録音になったと思われると思います。
リマスタリングの範疇では無いです。全くの別物です。
だけども、ちゃんと元の感じが残ってるけれども、大幅にそのCDのイメージが良い方向に移ると思います。
ここで突然ですがF-cal Moonlightの別名を発表します。笑

ウェスタン ・エレクトリックの音を再現しようと思い創ったのですが、それよりもかなり新しめの音になりましたので…昔仮面ライダーでショッカーってえのが有りまして、新しいショッカーって事でネオショッカーが有りましたから「ネオウェスタン」てところで…笑

ふと思う事

日々技術の進歩は有って面白いが、テレビの進歩は思わぬ進歩がある。

今思い起こしても、
白黒からカラーに。
テレビのステレオ化。
画面の4:3から16:9。
ハイビジョン化。
アナログからデジタルに。
そしていよいよBSの4K放送が年末開始。

CSでは旧知の通り普通に行われているが、BSの場合はすんなりとは行かず1チャンネル当たりのバンド幅の制約が有り1チャンネル当たり2Kまでで2チャンネルで4Kの放送になるらしい。
ではもうすぐ開始の8Kでは4チャンネル使うの?

この際普通に見ないNHKを無くして、民放もオークション形式にしたら良いのにね。
そうすればもう少しマシな放送が楽しめるのにね。

ビデオも無くなりましてディスクになりデジタルになり4KBlu-rayjまで来ました。

そこで敢えてデジタルの高画質化について考えてみる。

少し話は逸れるが、当方の作っている銀のテープもアンテナ線に貼るだけでコントラストが上がり色のノリが良くなる。
またコンセントに貼っても同じ効果があるが、これを他人に話をして直ぐに食いつく人と鼻から馬鹿ににして聞かない人とに分かれる。

エンジニアと呼ばれる職業の人に話を聞かない人が多い。

以前バーをしている時に少しは話の分かりそうな電気屋さんに話をしたところ、反対にイラつきながら「あのねテレビには輝度信号と色差信号が有って…」と話し始めたので直ぐに辞めた。
んな事は知ってますよ、こちらも学校に行ったからね、だけども学校では習わない不思議な事があるから言ってあげようとしたのにね。笑

それに付いてはウチの亡くなった親父は凄かったなと思う。
独自で真空管工学を学び、カラーテレビの修理もやってたが職業は小学校教師だった。笑

私がこれってこんな所に効くから使ってみてと渡したテープを使い切り、あのテープ良いからもっとくれと言われたから渡して10mを超えた頃に「すまないけどアレ作るのに金が掛かるんで…」と言って自制を促した経験がある。

だけどもエンジニアって職業の方は、その効果も理解もしないし実際に体感させてもなんにも変わらないと仰る。笑

あんたらは○鹿か? それとも何も感じない不○症か?

と思ったりする。笑

自分はそうならないような人に成ろうと思ってる。m(__)m

本題に戻り画像の高画質化は今まで鉄板化している既成観念を壊すところから始めます。

材料も要ります、そして電源も手を入れます。

これらをするかしないかは貴方次第で、すれば必ず良くなります。
貴方が不○症でない限りです。

もし知りたかったら仰ってください。
説明させて頂きます。m(__)m

あれっ、変な方向に話が行っちゃった。
まぁ良いか。笑

開くトラックバック(0)

寝室 セット完了

押入れシステムは終了しましたので、後は寝室です。
寝室のシステムをAll F-cal Moonlightで仕上げました。
イメージ 1
今まで使っていたAltec Digは高音が12000Hzしか出ていなく、低音の出過ぎで敢え無く落選。

代わって以前のマンションで寝室用としていたスピーカーを呼び寄せ設置。

このうちの白いコーン紙のスピーカーユニットはMarkAudio 10cmフルレンジ MAOP7でして押入れシステムと同じユニット乍らダブルバスレフエンクロージャーに入れられてます。
このユニットはMarkAudio バスレフ型エンクロージャー NC7WNと云うシングルバスレフで十分以上低音が出ているのでダブルバスレフは必要過多、いずれ別のエンクロージャーに入れて活用するつもりです。

使用しているのはAltec 404-8Aと云うユニットをその筋で有名な七休氏設計のエンクロージャーに納めた物です。

このエンクロージャーは高音質で404を鳴らせると有名でして、広く世間でコピーされて作られてます。
言わばAltec 404-8Aの純正エンクロージャーと言っても差し支えが無いと思います。

それを駆動するのはMac mini→F-cal  Moonlight USB 電源分離ケーブル→北野作DAC付きプリアンプ→F-cal  Moonlightケーブル→手巻きファインメットコア-ライントランス→F-cal  Moonlightケーブル→再度北野作DAC付きブリアンプ→F-cal  Moonlightケーブル→北野作ソリッドステート無帰還アンプ→F-cal Power→ Altec 404-8Aになります。
勿論電源ケーブルもF-cal  Moonlightケーブルです。

タイプが違いますけども押入れシステムと寝室システムはほぼ純正エンクロージャーでの比較になります。

寝室はおおっ、この音をこんなに出すか、と云うようなジャジーですが非常に音楽を楽しく聴かせます。

代わって押入れシステムはここまで音を分離して聴かせるかと云うほどの解像度でキレまくりやがります。笑
イメージ 2 イメージ 3
言い換えれば押入れシステムはプロ用モニターシステムで音を検査するタイプ、寝室用はコンシューマータイプで音楽を楽しむ音。
同じようで全く違う個性ですが両方ともに面白いシステムが完成しました。

F-cal Moonlightケーブルはあらゆるシステムを構築する上で最高の音を提供します。
それもあなたが思う以上に。



個性のぶつかり合い

やっとこウチの押入れシステムがiMacからパワーアンプまでがF-cal Moonlightになりました。やっとかよ。ww

今までのF-calと比べるとストイックなまでに低音や中音を絞っていたF-calとある程度の余裕をもたせて最終的に録音状態を再現するような表現をするF-cal Moonlight。

どちらが優れているのかは正直わからなくなって来ました。

モニターライクと言えるF-calと飽く迄もホームユースを見据えたような表現のMoonlight。

人に例えるならば、生真面目一本槍のF-calに対しMoonlightは酸いも甘いも嚙み分けた少し危なそうな人と言えますかね。ww

リラックスして聴けるのはやはりMoonlightの方で、放送局のような何も付帯せずに原音を正確に届けたい場合の音の場合はF-calの方でしょうか?

既に導入されたFM局さんの場合はF-cal。

やはり合ってたんだなと今更ながら納得。
もっともその頃はF-calしかなかったのですが…ww

これからもFM局さん等からの注文にはF-calを推薦しておこうと思います。

ちなみにF-calとF-cal Moonlightの混在はどうしようもなく不可でした。笑

お互いの良さを打ち消すのです。

先日のUSB電源分離ケーブルなんですが、USB A→ USB miniB変換アダプターを買ってた筈なんですが探しても無くて新しくアマゾンで購入して遅くなりました。

結果からなんですが、パワーケーブル等も交換していますので大幅に変わりました。

一言で云うならば、マークレビンソン以外の機種を使い、出てくる音はマークレビンソンの音の分離と立ち上がりの良い音。

コントラストに優れ、音を貯めてから出すようなエッジの効いた音がこのケーブル一つで手軽に感じられるようになります。

これは驚きです。

ジャズは勿論、意外にもクラシックが良いですね。

一段と華やかな音でダンピングファクターの良い筋肉盛り盛りの音。笑

今まで気づかなかった音の多いこと多いこと。

また一段と音楽を聴くのが楽しくなりました。

PS: 量産体制に入り、全てのUSBケーブルをこれにしようと思ってます。ww

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事