薬物動態の部屋管理人のひとりごと

ホームページを作っているのですが、ブログも作ってみました

ひとりごと

すべて表示

「ヒトへの外挿に実験動物は役立つのか?」

このタイトルは少し過激なものですが、1999年の日本薬物動態学会年会で行われたディベート形式による話題交換のタイトルです。 冊子で配布されていた学会誌を整理していたら、偶然目に留まりました。薬物動態 14(2):184(1999)、このページは学会のHPから辿ったのですが、PDFになっていませんでした。 1頁の記事ですが、中々興味深いものです。 4人の先生方が動物試験からヒトの予測ができるという「動物派」とヒトの体内動態はヒトからでないとわからないという「ヒト派」に分かれて、意見を言い合うという内容です。 当然ディベートですから、本心ではないわけで、どちらが正しいという視点ではなく、常識的に理解していることを整理するという立場で、ゲームとして楽しんでくださいという趣旨の説明がありました。 丁度20年前の議論ですがすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

CBI学会

2018/12/24(月) 午前 10:15

先週、CBI学会無事発表を終えました。 最近は、酵素誘導関係の発表をしています。 in vitroの結果と臨床の結果を比較して、外挿性をみていますが、相関はあっても絶対値が違うという結果です。 色々なヒト予測をしているのですが、ぴったり一致することの方が、少ないのです。 実験間差が大きくて、施設ごとの補正も重要です。 色々考えるこ ...すべて表示すべて表示

CBI学会

2018/12/15(土) 午前 8:04

来週19日、CBI学会で酵素誘導の話をします。 動態学会のショートコースで話した内容ですが、また、違った観点から聞いていただけると嬉しいです。 臨床予測をいろいろしているのですが、予測精度を比較すると、実験間差や施設間差等、in vitro, in vivoともにばらつきがあるので、どうしても予測幅がでてしまいます。 ボトムアップだけして予測 ...すべて表示すべて表示

コーヒーが冷めないうちに

2018/10/28(日) 午前 8:07

有村架純さん主演の 4 回泣けるという映画です。 あの日に戻れたらあなたは誰に合いに行きますか? コーヒーが冷めない間だけ、過去に戻れるという喫茶店でのお話です。 夫婦、兄弟、親子、恋人それぞれ、色々なエピソードがあります。 出演されている吉田羊さんが、松重豊さんと薬師丸ひろ子のエピソードを見て、ずっとボロボロだったという話を聞いて見 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事