薬物動態の部屋管理人のひとりごと

ホームページを作っているのですが、ブログも作ってみました

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

はじめての薬物速度論

南山堂から「薬物動態の基礎 はじめての薬物速度論」が出版されました。
薬学会で販売されると聞いています。
自費出版で出版し、在庫がほぼなくなり、増刷の話があったため、南山堂に相談したところ出版していただけることになりました。
この本の執筆では、私も色々勉強させてもらいました。
セミナーの講師をやっているときも、そうなのですが、対象が誰なのか、これが重要です。
製薬会社の動態研究者でも、創薬なのか開発なのかで必要な知識は異なってきます。
私は製薬会社の人間で、この立場から考えて記載しているので、一般的な薬剤師になろうという方にとって大丈夫かという点が気になっています。
大学の生協からの注文もあったという話を聞き、薬剤師の国家試験の過去問を買い、過去問は解けるように、その部分については追記しました。
学生さんが買っても、役に立つようにと考えました。
話言葉で書いているので、教科書にはならないでしょうが、少しでも多くの人に理解してもらえればと思います。

「分子薬物動態学」も出版されました。この本も薬学会で販売されます。
ご覧になってください。
コラムもあり、著者の先生方の個性が伝わってきます。
コストパフォーマンスはいいと思うのですが、厚く、値段が高いのが難点ですかね。
重いので、見る際は、落とさないように気をつけてください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事