ひょんなことから国立大学助教授になった加藤雄一郎の奮闘記

もしどれだけの困難が目前で起きようと、自分が目指すことは何ら変わらない。人生は気合だぁー!!

自己紹介

すべて表示

自己紹介を更新しました

イメージ 1

食品会社、広告会社を経て、
技術経営担当の大学教員に転身いたしました。

ミッションは、
機会発見プロフェッショナルとして我が国製造業に貢献すること。

2015年10月に所属を「産学官連携センター」に移し、現在に至ります。研究開発から導かれた最新フレームワークを直ちに実務課題に適用するという独自のスタイルに基づき、産業界のブレイクスルーに貢献することを目指しています。現在は以下の7領域を取組テーマとして掲げております。ぜひ、協働をご検討いただきたくお願い申し上げます。

1. イノベーション思考技術の確立と啓蒙
2. 事業ドメイン・ブランディング(事業ドメインの再定義)
3. 未来の顧客価値を起点とした新製品・サービスの継続的創造
4. 事業戦略立案サポート
5. 組織開発(インターナル・マーケティング)の推進
6. 事業創造人財の育成
7. コンセプト主導型オープンイノベーションの推進

名古屋工業大学 産学官連携センター 特任教授
加藤雄一郎

その他の最新記事

すべて表示

BATNA(Best Alternati...

2017/7/21(金) 午後 5:32

交渉において最大の武器は、 「もうあんたとは交渉しなくていいや」と言えること。 交渉も「惚れたほうが負け」であり、交渉の成否に依存する度合いが大きいほど、何とか交渉をまとめようとして卑屈な姿勢になる。 一方、「交 ...すべて表示すべて表示

交渉論では、Interest(利害関心)をあらかじめ準備しておくことが重要とされる。Interestとは、その交渉で達成したいことを箇条書きに列挙したもの。 一方、interestと似て非なる概念としてPositionがある。I ...すべて表示すべて表示

【メモ】交渉とは

2017/7/21(金) 午後 2:55

「交渉 」という言葉には 、 「少しでも自分の取り分を多くしようと巧言を弄し 、相手を脅し 、なだめすかす 」ようなイメ ージ。感覚的にいって 、家族や恋人同士でも 「交渉 」するというのはおかしい 。交渉は人間関係が浅い者同士がするもので ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事