ここから本文です
遊心
歩くのを目的に 写真を撮っています

書庫全体表示

とんど2019

  無病息災・五穀豊穣を祈って

地方によって呼び名に違いがあるようですが 
当地方はとんど」と言います
宗教的な意味合いから始まったものと思いますが
昨今はそうした意味合いは薄れ お祭り的要素が多分にあるようです
行う日にちも14日を挟んで前後の日曜日に
行われる事が多いようです

イメージ 1

以前も紹介しましたが 田舎のとんどでいたってシンプルです
お正月飾りを焼いて 松の内が終わりです
最近は七草で 松の内の終わりとするところも多いようです




イメージ 2

年男 年女の人が点火します




イメージ 3

イメージ 4

点火間もなくすごい白煙 




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

白煙がなくなり赤い炎に包まれ すごい勢いで燃え上がりました




イメージ 10

みるみる間に骨組みだけ残した姿になり とんどの終わりです

餅つきをし 雑煮 あべかわ餅 ぜんざいなどに
他にうどん 焼きそばなどあり 参加者にふるまわれます
私は点火寸前の参加で その様子は撮れませんでした

主人は昨日集中治療室より 一般病棟に移りました
面会時間に制限がなくなりこの後病院へ…
まだ病室内歩行も許されていないので
テレビを見る以外することが無く 退屈しているようです

同じような写真ばかりに お付き合い下さり
ありがとうございました

  • 顔アイコン

    一気に燃えましたね。
    熱気が伝わってきそうです。

    一般病棟に移られ一歩前進ですね。
    次は歩行許可なのでしょうか。
    何か視覚的にも刺激が欲しい所ですね。

    [ EBI ]

    2019/1/14(月) 午前 7:38

  • > EBIさん
    昨日はお天気が良く、とんどには最高の条件でした。
    山波や能登原に行けば、華やかなとんどが
    見られたのでしょうが
    時間的な余裕もなく、地元のとんどで我慢です。
    でも久しぶりに顔見知りの方とお話が出来
    気分転換が出来よかったです。

    katorea

    2019/1/14(月) 午前 11:13

  • 私の町内ではこんなに盛大にやらなくなってしまいました。
    その時の町内会長さんなどが居てくれて来た人から順に火の中にお飾りを投げ込んでいくだけのようです。
    お飾りをしない若い世代の方も多く、アパートやマンションの方などはそんですので、年々小規模になってしまいました。

    消防車も待機して、立派な左義長(と言いますかね?)が出来て、凄い勢いで燃え上がっています、連続写真が迫力満点で状況が良く解ります。
    市内で昨日火災が有って亡くなられた方がとのNEWSでした、今乾燥が凄いですのでこんなになってしまったら大変、火のもとに気をつけねば。

    快方に向かわれておられる良し、よろしかったですね〜、退屈だ〜なんて思うようになればもうそれはしめたもの、じき退院できそうですね。
    お風邪など召しませぬように。

    [ 花のあと2 ]

    2019/1/14(月) 午後 0:03

  • アバター

    こちらでは「どんど焼き」です。

    火の勢いが凄いですね〜〜

    ご主人、一般病棟に変わって良かったですね!
    この寒さですから暖かい病棟で過ごされると安心です。
    奥様は、お疲れ様です・・・

    ナイス! ☆彡

    [ コケモモ便り ]

    2019/1/14(月) 午後 4:22

  • > 花のあと2さん
    そうですね。火事のニュースが多いですから
    火を使う行事には気を使いますね。
    町内で火事があったそうですが
    お互いに火の元には注意致しましょう。

    主人は快方に向かっています(*^_^*)
    お気使いありがとうございました。

    katorea

    2019/1/15(火) 午前 10:49

  • > コケモモ便りさん
    主人が一般病棟に移ってほっとして
    写真を撮る気になって、出かけてみました。
    やはり人の中に出て行くと、ご近所さんだけでなく
    お久しぶりの方にもお会いでき、気分が晴れますね。

    主人にお気使い下さり有難うございました。

    katorea

    2019/1/15(火) 午前 11:00

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事