ここから本文です
遊心
歩くのを目的に 写真を撮っています

書庫全体表示

主人死亡

  一人ぼっちになりました

2月19日 主人が84歳の生涯を閉じました

8歳で父親を亡くし実母にも縁が薄く 決して恵まれた
環境ではなかったと思いますが それでもとても温厚な人でした
幾多の病魔にも 悲観することもなく 愚痴を言う事もなく
立派に生き抜いた生涯でした
まだ亡くなったと言う実感が湧かないのですが
菩提寺への仕上げ参り 葬儀費用の支払い お世話になった先生への
ご挨拶と一応の事が終わると 流石に疲れがどっと出ました
まだまだこれから やらなくてはいけないことが山積です
何処から手をつければよいのかと気が重くなります
リコメも難しいかと思いますので、コメント欄は閉じておきます







本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事