(公式)東京・車専門コーティング・ガラスコーティングブログ

東京都の自動車ボディガラスコーティング専門店『カーコーティングドットコム洗車の匠』

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
東京都のBMW車コーティング工房『カーコーティングドットコム洗車の匠』です。
こんばんは。

本日はとってもお天気の良い日曜日でしたね。
いかがお過ごしでしたか?
私は今日は休まずに、このBMW・M6のコーティング施工をやってました。
こんなM6のようなカッコいいクルマが相手だと、折角の日曜日が仕事でも案外楽しいものです!

本日は、せっせとインテリアをクリーニングし、片っ端からインテリアコーティングを施工していきました。




イメージ 2

イメージ 3
メインは、この運転席周りのクリーニングとコーティングです。
凹凸があるので、けっこうホコリや汚れが溜まりやすいところです。

別に特別なクリーニング専用道具などありません。
使い慣れたブラシ数種とスティック類とクロス、それと掃除機と専用クリーナー数種。
これらを使って、丁寧に“そうじ”するだけです!




イメージ 4
そしてクリーニングが終わると、今度は素材に応じた専用のコーティング剤を塗布していくだけです。
こんなこと、慣れれば誰にだってできることです。






イメージ 5
ただ、いかに「手慣れてるか」と、「他人(客)のモノをいかに“バカ丁寧”に取り扱うことができるか」がポイント。
これができるから、プロなんです。
商売が成り立つんですよ。

(別に自慢してるわけじゃない、“丁寧”を強調したいだけ・・・)




イメージ 6
当然、レザーシートにはレザー専用のコーティングを施工します。




イメージ 7
背面に対し座面のコーティングは、頼まれなくても『ダブルコート』施工です!

(なんとなくね・・・なんかその方が“強そう”だし・・・)




イメージ 8
ペダル類はどうせまた足で踏むところなんですけどね・・・一応丁寧にクリーニングします。

一件綺麗に見えても良く見ると、あの黒い滑り止めのすき間に泥や砂なんかがよく詰まってるんですよ。
だから、「トイレ掃除」と同じような気持ちで、くさらず真面目に取り組みます。

「どうせ踏むんだから・・・」と言わずにあなたもやってみてはいかが?
きっと心が洗われますよ!




イメージ 9
運転席のドアシルとスカッフプレート。
この辺りは、どーしても、どんなに気をつけても乗降時に足で汚してしまいがちです。
ペダル回り同様に、真面目にクリーニングに取り組みます。

クリーニングが終ったらコーティングして、引渡しの直前までマスキングしておきます。
それもかなり広範囲に、厳重にやっときます。

◎レザーシートをご自信でクリーニングしたい方、コチラをご参考に!


東京都のBMWカーコーティングの匠
『カーコーティングドットコム洗車の匠』
東京都港区芝浦2-14-13

BMW大好きな店主が運営してます。
ちなみに私が一番欲しいBMWは、『2002ターボ』です。

理由:小柄なのにあのイカツいルックスに当時少年だった私は、すっかりまいってしまった・・・
しかもターボだし。

当時の私にとって、『ターボ』と言われても・・・なにそれ・・・?
でもなんか凄い感じする。
しかもあの『ポルシェ930ターボ』よりも、ターボ車としてのデビューは先らしいし・・・



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事