かっちの山歩き

かっちのかはカエルのか。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

Top page

イメージ 1

ブナの森のグリーンシャワーとツリーホール。ちょっと雪が少なめ。

里の花から徐々に高い山へ

 統一性の無い写真でちょっと見にくいと思いますが・・・。今年になってみた花の続きをどうぞ。主に今年は近くの里山に暇さえあれば通うようにしてチェックを怠らず花は咲いたか見に行っていました。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10



 上から順に、ミズバショウ、ウスバサイシン、キバナイカリソウ、チゴユリ、ヤブレガサ(カエル付き)、マムシグサ、サクラソウ、ホタルカズラ、ムラサキヤシオツツジ、ヤマツツジと咲順バラバラな写真ですいません。具体的な山としてはあれなのですが内陸の里山を色々と歩いて見つけた花々です。山に行って写真を撮って、その花を調べたりしてそれもまた楽しくなってきました。さてこれからは高い山の花便りも聞こえてきました。益々忙しくなりそうです。

お花探しで里山探索

 お花探しで里山を右往左往してきやんした。今年は異常ですよねー雪は1月に降ってその後はまともに降らずに溶けちゃうし、春は春で夏のように暑くなるし。お陰で花暦も狂ってしまったのでしょうか・・。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


 マイヅルソウにツクバネソウ、ツルシキミにニリンソウ、フデリンドウにマルバアオダモとって山野草だけじゃなく樹木もじゃないかと突っ込まれそうですがさらにタムシバ、そしてエビネとそれからキンサンギンサンはまだこれからですね。花も他にもあるのですが時間を見て順次行きたいと思います。

Top Page

イメージ 1

今年の紅葉は綺麗だったなぁー。  紅葉と戯れるさま
 今日は全国的に雨予報で、せっかくの休みだと言うのに参りました。天気予報サイトで何処か少しでも良い天気のところは無いかなぁと。見てみたところ青森市内が午前中はまだ晴れのマークもありました。もうこれは行くしかないということで青森へと向かいました。

 仕事でよく青森に行く私なのですが、青森道を東進していると見えてくる東岳は前から気になっておりました。さらによく調べてみると一等三角点があるじゃないですか!となると行って見ないわけにはいきません。東岳は存在感のある山ですが意外と標高は高くは無いんですね、683.9mでした。


東岳(あずまだけ)へ行って見るの巻き
 東北道を青森方面へ更に青森JCTを青森道方面へ。青森中央インターゲートを通過して最終の青森東インターへ向かいます。降りたらば左へそしてT字路を右へ、道路標識にも東岳自然歩道登山口と標記がありました。それに従って向かっていくと道路は砂利道になり・・・やがて案内板が現れました。
イメージ 1


 
 ふむふむ。。駐車場まで行ってみますかと車を走らせますがなんとびっくり駐車場に車がびっしり!何とか端っこに無理やり突っ込んで!さて出発!
イメージ 2



 よもや林道のような登山道を進みました。するとなるほど納得!駐車場より上にも「笑楽園」なる場所があってよく整備されておりました。栗の木もあったりしてオジサンが整備していました。
イメージ 3



 頂上まで1.8kmの標識を過ぎると登山道らしくなってゆきます。上部の紅葉は終わっていたけれどこの辺りはまだ少し残っておりました。
イメージ 4



 よく整備された登山道というか多くの人が歩かれている登山道という感じでしょうか。
イメージ 5



 200m毎に設置される標識も安心感を与えますよね。登山者も多い訳ですよね!この時点でも何人とすれ違ったことか。
イメージ 6



 落葉のカサカサとした音も楽しみつつも残りの紅葉もまた美しくて気持ちの良い登山道です。
イメージ 7



 嘗ての石灰鉱山の名残を見ることも出来ました。トロッコのレールでしょうか?この山をスイッチバックで登っていた?等考えてみたり。
イメージ 8イメージ 9


 頂上へ1kmの地点まで来ると展望地がありました。ここからは青森市内から陸奥湾を望める素敵な場所でした。私はこの後の天候悪化を前にまず急ごうと先に進みます。その先にはかつて火薬の保管庫だったらしいところも、レンガ造りが可愛かったりもしますが屋根も抜け落ちていました。
イメージ 10



 この後からは落葉したブナ林の中を行く急登となりました。ここから一気に登って山頂の尾根部まで詰め上げる訳ですが、ここが勝負どころでしょう。
イメージ 11



 落ち葉を踏みしめながら登って行きます。晩秋のこの雰囲気もまた良いですよねー!里山と言えど結構なのぼりですね。
イメージ 12



 山頂いや展望地まで間もなくという所まできました。あーしんどい!汗をぬぐいながら登って行きます。
イメージ 13



 山頂尾根に出たらば北進、進行方向に対して左尾根に向かえば展望のある一般的に山頂とされている場所のようです。ですが私共はせっかく来たので右方面、南進して一等三角点を確認に向かいました。踏み跡こそ良好ですがリボン等は所々無くルートファインディングが必要な事もあるでしょう。尾根は比較的細いので正確に辿ればそのまま山頂へ達すると思います。その先にはブナも立派なものも。
イメージ 14



 登山道から離れて30分程で一等三角点の山頂へ来ました。点名「東嶽」
イメージ 15



 なんだか風も強くなってきて雨も降り出しそうな感じになってきたので急いで戻ります。ここで単独の男性とその先ではご夫婦とすれ違いました。
 30分で展望地のある三等三角点「住吉」に戻って休憩です。もうちょっと天気が良ければなと2,3日前の好天を思い出しながら風景を眺めます。青森市内から岩木山まで。あー曇り・・・(涙
イメージ 16



 もうちょっと晴れていたならばと思いつつも雨から逃れて青森まで来たのにもうちょっととか欲の出る始末。まぁ普段眺めることの出来ない風景に癒されつつ下山です。下山途中に雨も降り出してきました。ふと気になったのですが、三角点を目指そうとしていましたご夫婦・・無事に行けたかなぁと。雨も降って来たので心配です。
 でもやはり市民の山ですね多くの人で賑わう東岳でした。身近でありながらブナ林もあり急登ありでいい山でした。青森県も登りたい山が沢山あり過ぎて・・・(笑

 こりゃ一生かかっても登りつくせないなぁと思いつつ、駅前の「アウガ」でホタテを買って家路につきました。

 

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事