ここから本文です
風に吹かれて
新しい風…

書庫全体表示

記事検索
検索

山口県 萩市を歩く 

石彫公園を出て、ぶらぶらと中央公園まで戻ります。

イメージ 1

ここには、白い壁に埴輪の欠片が貼り付いてました。

イメージ 2

テーマは『古代幻想』

イメージ 3

萩城跡に入ったのとは別の橋を通って…
正確には、こちらの橋の方が入口みたいな気がします(^^ゞ

イメージ 4

まだ、紅葉がきれいだった、『天樹院墓所』
藩主毛利家の墓所です。

イメージ 5

萩城城下町へと続く道。

イメージ 6

この辺は、柑橘系の畑が多かったです。

イメージ 7

やや大きめの銀杏の木。
黄葉と言えば銀杏です。

イメージ 8

そして、最後は円政寺。
ここは、高杉晋作や伊藤博文らが学んだ寺院です。

他にも、博物館や記念館もありました。
今回は、特に目的もなく、ぶらぶら散策しましたが、
次回は、その辺も行ってみたいかな。

次は、車で移動です〜♪


山口県 萩市を歩く 

先日の12月7日に山口県萩市へ行ってきました。
以前から訪ねてみたいと思っていた街です。

萩市は自宅からおよそ170㎞の距離。
やや長めのドライブコースってところでしょうか。

イメージ 1

中央公園の駐車場に車を置いて…
まずは、晋作広場。
ココには、高杉晋作立志像があります。

イメージ 2

こちらは、高杉晋作誕生の地。

イメージ 3

さらに歩いて行くと、白壁の街並みが続きます。
江戸時代から続く街並みで、なかなか風情がありますね。

イメージ 4

山口県に移住してたら、この辺で時々お散歩できたんですけどね。

イメージ 5

ここは菊屋家住宅。
屋内は見学できるようになっています。

イメージ 6

菊屋横町周辺を抜けて萩城跡の方へ歩いて行くと、海岸に出ます。
ここは『菊ケ浜』
萩城跡から延びる白浜青松の海岸で、和歌にも詠まれたという景勝地です。

イメージ 7

砂浜の先には日本海が広がっていました。
冬の日本海は久しぶりです(^^ゞ

イメージ 8

菊ケ浜を後に、萩城跡を目指します。
歩いてすぐですけどね^^

この水路が、萩八景遊覧船の通路なんですかね。

イメージ 9

そして、萩城跡。

イメージ 10

見事に、石垣と堀の一部だけが残っていました。
お城も見たかったなぁ…

イメージ 11

さらに先には『石彫公園』という公園がありました。
いくつかの石彫りモニュメントがあります。

天気が良ければ、のんびりお昼寝も気持ちがいいかも^^
そう言えば、犬や猫を連れてお散歩している人がチラホラと…

イメージ 12

この公園にはかわいい猫もいましたよ。
公園内では一匹しか見なかったけど、公園の駐車場には六匹ほど見かけました。

さて、またぶらぶら歩きながら、中央公園まで戻ります。




岡城跡に紅葉を見に行きました。
11月中旬ごろが見ごろということで、11月16日のことです。

イメージ 1

こちらは駐車場。
まあまあ、一部紅葉って感じですね。

でも、車は多かったです。7割ぐらいは埋まってたかな。

イメージ 2

通路には、ほどよく落葉があり、

イメージ 3

上の方から眺めると、まあまあ良さげな紅葉が見えました。

イメージ 4

青空をバックに一枚。
もう少し赤いもみじが欲しかったんですが…

イメージ 5

部分的に紅葉は見られますが、見ごろというにはちょっと早かったかな。
でも、園内は風も少し冷たくて気持ち良かったです。
うろうろしてたら、1時間ぐらいは、あっと言う間でした^^

来年は11月下旬に来てみようと思います。


牧草ロール

イメージ 1

大分県でも見つけました。
牧草ロール♪

これを見ると、北海道へ行きたくなります。







11月初めに玖珠まで行ってきました。自然と歴史、そして民話の町だそうです。

今回、行ってみたのはココ

イメージ 1

『豊後森機関庫公園』です。

イメージ 2

こちらは蒸気機関車9600型29612号。
この機関車は1919年から1974年までの55年間、長崎本線や唐津線で活躍したそうです。

やはり、蒸気機関車は存在感がありますね。

イメージ 3

こちらが、手前が転車台、そして向こうが機関車庫。
どちらも、国の登録有形文化財にしていされています。

特に、鉄道マニアってわけでもないんですが、機関車は好きです。

イメージ 4

向こうに見えるのは宝山。
ビュートと呼ばれるテーブル状の形をしています。
ここ玖珠には、こんな形の山が多く見られます。
高い山ではないので、そのうち登りたいなって思ってます。

次回は、玖珠の町を歩いてみるかな。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事