KATSUのブログ

ブログ移行はまだしません

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全500ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2004年にバンダイから発売されたMOBILE SUIT IN ACTION!!/モビルスーツ・イン・アクションから新機動戦記ガンダムWよりマグアナック ラシード機 アウダ機 アブドル機になります

イメージ 3


トイズドリームプロジェクト限定3000個商品

イメージ 1

イメージ 2



今度、プレミアムバンダイでHG系のマグアナック36個セットが出るみたいですが仕様が、、、
何か他の隊員のカスタム的な要素としてこのようなグレードアップパーツ的なものも付属させてあげて欲しいと思うよ(笑)
だって、同じ商品を各18個ずつ売りつけるわけだから(笑)

HGラシード、アブドゥル アウダ、アフマド4バリエーションしかないわけで、、、多分標準装備のアフマド機(シールドとビームライフル)が多数になってしまうかと思うけど

イメージ 4


マグアナックの魅力はそれぞれがカスタムパーツみたいなもんで組み上げられているとこだと思うし、、、

イメージ 5


ラシード機(ビームライフル、ヒートトマホーク、アンテナは着脱可)

イメージ 6

イメージ 7


アウダ機(ヒートトマホーク、シールド)

イメージ 8


アブドル機(ビームライフル、シールド)



ポールジョイントなんでパーツは外しやすいです

イメージ 9


なんちゃってアフマド機

イメージ 10


ポールジョイントが見えちゃうな〜

イメージ 11


もう数セット買ってパーツの組み替えで無名のマグアナック隊員機を作っても良いかもしれませんね


肩パーツ変えただけでも悪くないかなと
武器とかも他からの流用やUCアームズギャラリーとか今は沢山出てますし

MIA[トールギスII] ケータイ投稿記事

トレーズ「戦いのために犠牲となった人々は全て記憶している。ノベンタ、セプテム、ベンティ、ドーリアン、ワーカー、オットー、ブント……みな、忘れられぬ人々だ」 Byトレーズ・クシュリナーダ

イメージ 2


2000年にバンダイより発売されたMOBILE SUIT IN ACTION!!/モビルスーツ・イン・アクションから新機動戦記ガンダムWよりトールギスIIになります

イメージ 1


ゼクスマーキスのホワイトファングとの最終決戦に出撃するためトレーズ・クシュリナーダが搭乗した機体

ホワイトファングとの戦闘の中、ウーフェイのアルトロンガンダムのビームトライデントにより撃破される


トレーズって最終決戦でいきなりそれまでの人格とは違う一面をみせるんですよね

ウーフェイだけでなく視聴者もえっ!?と困惑するというか、、、

イメージ 3


武器は右肩のドーバーガン


ビームサーベル2本付属

イメージ 4

ゼクスのトールギスに比べると顔がガンダム似
背面のジェットパックや本体の形状に多少違いが
2004年にバンダイより発されたMOBILE SUIT IN ACTION!!/モビルスーツ・イン・アクションから新機動戦記ガンダムWに登場したやられ役MS[リーオー 宇宙軍仕様&地上軍仕様] になります

イメージ 2





海外版は単品発売で、日本版はトイズドリームプロジェクト 限定3000個商品


昔はガンプラもLMシリーズくらいしかなかったけど、今はHGシリーズでも出たし、フィギュアもロボット魂版が
なのでそれほど入手難な機体ではなくなりましたね

MIA版はリーオー自体元々シンプルなデザインでシュッとしてるのもありますが、大きさは10cmないです
(素体がMIA 1stバージョンである関係もあるかと)

イメージ 1

(3セット分になります)
自分はどちらかというと主役機よりこういった量産系の機体が好きで、飾るにしても主役機だとそれだけがで〜ん!とあるだけであまり何とも思わないというか、、、
量産機=数の力みたいなところがあるのでこのMIAのサイズというのは気に入ってます
初期のMIAなのでガシガシ動かないにしてもある程度可動も可能ですし


リーオー(宇宙軍仕様)

イメージ 3

肩パーツを外して装着する右肩のドーバーガンと左肩のシールド

武器としてビームライフル、ビームサーベル(2本)も付属

イメージ 4

背面には宇宙用バックパックが装備できます


地上軍仕様


イメージ 5

両肩には近接戦用キャノン

ショーティ型ビームライフル、MS用実体弾ライフルも付属


イメージ 6

背面には高機動オプションも装備可能

地上軍、宇宙軍てのはあくまで地球圏統一連合の配色で他勢力でも別カラーで使用されてます、武装やブースター系も


「私のリーオーは充分早いさ!」
ガンダムWの第1話に登場するゼクスマーキスのリーオーの装備にすると宇宙用と地上軍の装備が混ざってる

イメージ 7


パーツ配色が決められているのでMIAで再現すると色がチグハグに(笑)

台詞からゼクスは宇宙で地上用のリーオーにのりバックパック無しで出撃したみたいなんだよな〜

本来ならコウ・ウラキのゼフィランサス状態になるんだろけど、そこは出来る男ゼクスというキャラクターで乗り切った感じか(笑)

確かにゼクスが宇宙で溺れる姿は見たくないかも、、、(笑)
2004年にバンダイより発売されたMOBILE SUIT IN ACTION!!/モビルスーツ・イン・アクションから新機動戦記ガンダムWよりアルトロンガンダムです

イメージ 2



大破したシェンロンガンダムを強化改修した機体
物語後半でのチャン・ウーフェイの搭乗機

日本版はセカンドバージョンのパッケージで発売されましたが、香港版は1stバージョンのパッケージだったりとちょっとややこしいんだよね


モビルスーツインアクションの商品名の通り動く!!

イメージ 3


イメージ 1

アルトロンガンダムの主武器ツインビームトライデントは展開前と展開中が両方再現可能です
(展開前は本体背部に取りつけも可)


イメージ 5


また独特な腕の収縮ギミック(腕の折りたたみ)によりパーツ差し替え無しでのドラゴンハングの伸縮が可能
(シェンロンガンダムも右腕は同じギミック付き)

イメージ 4


肩アーマーに折りたたまれ収納された腕が

イメージ 6


引っ張ると自転車のチェーンのようなジョイントパーツのおかげでスルスルと伸びます

イメージ 7





定価安い割に他の1stバージョン世代とは雲泥の差のギミックを持ってると思う
背中のドラゴンの尻尾ような形態のビームキャノンも結構ボリュームあるし、可動もするわけだから


アルトロンガンダムは特異なガンダムだとは思う、下手するとGガンダムシリーズにも見えちゃうし(笑)

まあ、でも昨日のウイングガンダムの棒立ち画もそうだけど、Wみたいな作品の場合
複数の主人公機体が集まって並べるってなるとポーズとるより、可動するフィギュアだとしても結局棒立ちになり気味ですよね、なんか集合写真的な発想が無意識で働いてしまうのかね(笑)
JUST WILD BEAT〜♪
COMMUNICATION〜♪



2000年にバンダイより発売されたMOBILE SUIT IN ACTION!!/モビルスーツ・イン・アクションから新機動戦記ガンダムWよりW(ウイング)ガンダム

イメージ 2



2ndバージョン、ROBOT魂が存在する今、もはやMIAをコンプするぞ〜!と集めるコレクター以外イラネな、1stバージョンです(笑)



たしか、ウイングガンダム以外の4機は1stバージョンしか出てないはずなんだよな〜、MIA

なんだかMIAの棚にウイングガンダム系があまりみあたらなくてダンボールにしまってある方にあるのかあまり無い


ウイングガンダムシリーズのほとんどが海外向け(1stバージョン)の時期に出てしまったのがちょっと残念なんですが、、、

でも、逆に香港版や北米版も存在するのは1stバージョンのみなのでその辺りは国別に集める楽しさあるってのもありますね
ファースト、Gガンダム、ガンダムW系しか出てないけど




イメージ 3

主人公ヒイロ・ユイの搭乗するウイングガンダム
(アンテナがぶっ太いですな〜)

イメージ 4


羽根は90°可動します

イメージ 5


バスターライフル

イメージ 6


ビームサーベルが付属


1stバージョンはバード形態には変形出来ません(笑)



イメージ 1

パッケージ裏(トールギスII) の1枚だけど、ウイングガンダム=瓦礫ってイメージあるな
瓦礫が似合うガンダムだと思う、こうやって揃った絵みるとMIA(1st)も悪くないですね、棒立ちなら(笑)
宇宙とかでの戦闘より市街地での戦闘って感じで

全500ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事