ここから本文です
「俺が・・・」 桂 三幸
桂 三幸が感動したことを、時には遠くが見えるくらい感動したことを記録する保管場所!


森脇 基恭、レーシングカーデザイナー、レースエンジニアの言葉
「レーサーは一直線に上達するわけではない。
しばらく変わらないが、階段のようにいきなり腕をあげる。

我々チーム経営者は、その時を待てばいい。
が、

これが・・・・待てないんですよ!!」

今宮さん「レースだけではないですよね。全てにおいて言えることです。」

その通りだ。


レッドブル関係のレーサーが、
次々若手が出てくるので、
若くして放出されることが相次いだ。

今、レッドブルは、来年のドライバー選択に困っている。
放出しまくったツケが回ってきた。

日本人が乗るチャンスが訪れている。

イメージ 1







本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事