Blue plaque

みつけたもの、大切なもの、おいしかったもの。ロンドンなど。

全体表示

[ リスト ]

すぎこし1

ユダヤ教の過越祭り(passover , pesach)の夕食(セダー)に招かれました。
夫の勤務先のボスがユダヤ人なのです。

何も知らないままに参加するのも心配だったので、ネットにかけてなんとなく理解。



私の解釈で要約すると…
過越 とは

エジプトで奴隷として苦しく暮らしていたヘブライ(ユダヤ)人たちに
神が「死を運ぶ天使」をユダヤ人の家のみ「過ぎ越」すと約束した。
その日、エジプト人の家だけ初子(人と動物)の命が奪われた。
そしてユダヤ人は預言者モーセに率いられてエジプトから逃亡。
ついに解放され自由を得た。

という伝説に由来する
ユダヤ暦の三大祭りのひとつ。。のようです。
期間は1週間で、イスラエルにいるひとは少し長いようです。




場所はボス宅 in Hampstead
今回は飲食持ち込み禁止の通達がマダムからあったので手みやげに色々と悩みましたが
何とかリバティでキャンドルを選び、ラッピングしてもらいました。



予定通り到着、挨拶を済ませ着席。20時からの開始です。
小さなカップに赤玉みたいに甘い葡萄酒を注いで始まります。
参加者は15-6人と記憶。その中でユダヤ以外のひとは私たちを含め4人。


なぜか男性だけ手を洗いに席を立ちます。
女性はすでにきれいだから洗わなくていいとの事。
(直前までゴールデンレトリバーとあそんでいたのですが^^;)

テーブルのセンターにはセダープレートという、祭りの象徴が置かれていました。
盛りつけられているものには全て意味があるそうです。

食事はお祈りをしながらユダヤ教の規則に従って進みます。途中ハガダーhaggādhāhという
出エジプトにまつわる書物を朗読する箇所が多くあります。順序に従って食卓に並べられたものを一つ一つ頂きながら、本当に時間をかけて行います。


この祭のあいだ、男性は敬虔の証として「キッパー」という縁なしの帽子をかぶります。
夫は自分のキッパー(いただきもの)を持参してかぶっていました。








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事