地獄のハイウェイ

科学・技術のことや趣味の話など、思いつくままに書いています。

全体表示

[ リスト ]

この3月で終了した文科省の「タンパク3000」プロジェクトを
中村桂子(敬称略、以下他の人も同様)が朝日新聞で批判してから
いくつかのブログで取り上げられたりして話題になっているようだ。
自分はタンパク3000からの金を研究費としても賃金としても
その他いかなる形でも受け取っていないので、
インサイダーではないが、周辺人として全くの部外者でもない。

タンパク3000の成果そのものの批判に関しては
ここでは書かないことにして、
その陰に隠れてしまって他の人があまり触れていない事を指摘したい。
それは一昨年歴史を閉じた「生物分子工学研究所」(略称BERI)のことである。

生物分子工学研究所は当初、通産省(当時)の肝入りで
産業界の出資を募って「蛋白質工学研究所」(PERI)として出発し
科学的に大きな成果を上げ国際的な評価も高い研究機関であった。
特に森川耿右(こうすけ)率いるX線構造解析の研究グループは
日本のタンパク質構造解析で最もアクティブなグループの一つだった。
BERIの閉鎖が決まった時には、Natureに
「基礎研究への興味喪失から破滅させられた研究所」という記事が出ていたが、
http://www.nature.com/nature/journal/v430/n6997/full/430282a.html
同記事の中でのタンパク3000の網羅的解析のリーダー横山茂之の
「日本のタンパク質構造解析をリードした」との評価を見て欲しい。
ところがその頃もそして今も、
国内の反応は極めて小さなものでしかない。
実際、BERI閉鎖に関する日本語記事をネットで探して見ても
残念ながら見つけることができなかった。

タンパク3000と比べればBERIは、
決して大きくはないプロジェクトかもしれないが
国際的な評価は決して見劣りするものではない。
それどころかタンパク質の構造解析を
ナショナルプロジェクトとして大々的にやるのなら
拠点機関として集中的に資金を投下すべき対象だったはずだ。
BERIは工場的な大量生産には向かないかもしれないが
タンパク質の構造からしっかりした情報を引き出すと言う
個別的な解析プログラムには相応しかったと思う。
ところがBERIは経産省系列ということもあってか、
文科省のタンパク3000からはまとまった支援を受けることはなかった。

タンパク3000の総括も必要だろうが、
BERIの悲劇を放置したままにして、
日本の科学の振興を議論するのは片手落ちと言わざるを得ない。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

Web2.0IT社長のblogから来ました。
タンパク3000の陰に、こんなこともあったとは、現代のバイオ科学研究は凄い状況になっているのですね。
巨大予算を取っているボスを批判するのは、関連分野の研究者には政治的に危険かも知れませんが。タンパク3000のそのものの批判も、ぜひお聞かせください。
Natureの批判記事に対する横山氏の投書が有効な反論になっているのかどうか、素人が読んでもなかなか分りません。専門知識のある第三者の論評が必要です。 削除

2007/5/26(土) 午後 5:09 [ nq ] 返信する

顔アイコン

コメントどうも!
Natureの批判記事は理研のNMR施設に対するものが中心なので、横山さん達の反論もそれに対応したものになっています。私自身NMRは専門外ですのでが、あまり噛み合っているとは思えないというのが正直なところです。

2007/5/28(月) 午後 7:56 [ katsuya_440 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事