地獄のハイウェイ

科学・技術のことや趣味の話など、思いつくままに書いています。

全体表示

[ リスト ]

ニセ科学批判関係で話題になったことの一つとして
安井至さんが日本化学会の「化学と工業」誌(2006年9月号)に
「「水からの伝言」と科学立国」と題する論説を載せ
http://www.chemistry.or.jp/kaimu/ronsetsu/ronsetsu0609.pdf
それに対する反響が同誌(2006年12月号)に掲載されたというのがある。
http://www.chemistry.or.jp/kaimu/ronsetsu/ronsetsu0609-2.pdf
大手の日本化学会の会誌上のことでもあり
それより少し先行する日本物理学会の
「『ニセ科学』とどう向き合っていくか?」(2006年3月)というシンポジウムと並んで
ニセ科学に関する世間と科学界一般の関心と議論を惹起した出来事と言えよう。

さてその安井さんの論説の中の
「このような状況を考えると、「水からの伝言」のように極めて馬鹿馬鹿しいと考えられる主張に対しても、やはり、再現性の有無を検証してきちんとした反論をしないと、科学の本質について社会的理解が得られないのではないか、という結論に至ったのである。」
という部分に対して「反証実験は不要」という意見がある。
天羽優子さん、齋藤一弥さんから「化学と工業」誌上に寄せられたものを筆頭に
ネット上でも色々議論されたようである。
全てをフォローしたわけではないから見落としがあるかも知れないが
議論は「反証実験」の有効性に関するものが多いようだ。
「ビリーバーはどうせ言い訳して反証実験を受け入れない」とか
そういう意見も多いようだ。

そいういう意見を見て、
社会心理学者L.フェスティンガーの「認知的不協和の理論」を思い出した。
認知的不協和の理論というのは
自分の信念に不協和なもの(例えば事件)を認知した場合に
その不協和を減少させるために、
例えばその事件の記事は信用ができないとか解釈するなど
認知を変えるような動機が生まれることを説明したものである。
有名なのは、カルト教団などで予言が外れた場合に
かえって教団の団結が強まり布教活動が活発化するケースで、
これは同じ教義を奉じる人が増えることによって、
予言が外れたという信念にとって不協和な事態を緩和することができるから、
というのが認知的不協和の理論による説明である。
フェスティンガー自身のフィールド研究は
「予言がはずれるとき」(邦訳は勁草書房から)としてまとめられている。
(日本脱カルト協会の書評をリンクしておく http://www.jscpr.org/shohyo/syohyo1.htm

この認知的不協和の理論を踏まえると
反証実験はニセ科学の信者に認知的不協和を引き起こすから、
反証実験そのものを受け入れないだけでなく、
かえって布教というかニセ科学の普及活動を活発化させる可能性がある。
また反証実験が学会による権威的なものであれば、
学会の世俗的権威が高ければ高いほど
認知的不協和も大きいだろうから
余計に普及活動の活発化も激しいものになる可能性が否定できない。
もしそのニセ科学信奉者の集団が布教家あるいは営業マンとして有能であれば、
恐ろしい勢いで信者を増やしていくことにもなりかねない。

こういうことを勘案すると
「ニセ科学批判に反証実験が有効だ」と考えることはできないのではないか。

※タイトルは言うまでもなく「予言がはずれるとき」のパクリです。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

初めまして。「批判の前にまず科学的検証が必要」と考える者です。「ビリーバーはどうせ言い訳して反証実験を受け入れない」のはそうでしょうが、ビリーバーないしその候補者はしょせん少数です。世の中の大多数を占める普通の人に「『水伝』のような主張は無意味でしょ」と簡単な実験(あるいは思考実験)で示せばよいわけです。「死ね」とも「輝け」とも受け取れる「shine!」と書いた紙を水に見せるというように。

逆に、認知的不協和を懸念して何もしなければ、世の中は「科学者が反論しないなら、『水伝』のような主張にも見所がある」と勘違いするとも限りません。『水伝』がおかしいと思う人々が「科学者は何もせず、手を拱いている」と不信感を抱くかもしれません。時宜を得た検証活動は必要でしょう。

さらにいえば、ニセ科学かどうかグレーゾーンにあるテーマについては、科学的検証が何よりも必要です。「反証実験は不要」といった二分論に立つと、つい先入観に頼って検証をおろそかにしがちです。そのテーマにきちんと向き合って、どこまで検証や反証をすべきかを考えていく姿勢が大切だと思います。 削除

2007/10/5(金) 午後 10:34 [ SSFS ] 返信する

顔アイコン

「人気ブログランキング」自然科学の上位には、いつも「生きとし生けるものを組成させる水」を「発明」した方を応援するブログがランキングされています。この「水」の力は、死んだ金魚も生き返らせるようなものだそうです。
しかしながら、その水を発明した方は、高齢でなくなってしまいました。「水」の力は効かなかったのでしょうか?

信者の方に言わせると、戦争時代の銃創や大病と度重なる手術を乗り越えて高齢まで生きてこれた事こそ、「水」の力だそうです。

反証が受け入れられない、良い例ですね。 削除

2007/10/6(土) 午前 11:41 [ somebody ] 返信する

顔アイコン

トンデモ・ブログとその反証をご紹介します。

トンデモ
http://eventhorizon.seesaa.net/
http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_a5a6.html

反証
http://blog.so-net.ne.jp/schutsengel/2007-08-19-1
http://blog.so-net.ne.jp/schutsengel/2007-10-01-1
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_7168.html
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1189578348 削除

2007/10/8(月) 午前 8:49 [ ロト ] 返信する

顔アイコン

コメントどうも!
個々のニセ科学のそれぞれの様態によって、反証実験が有効なケースもあるでしょうし、逆効果のときもあるでしょうね。

2007/10/9(火) 午後 7:43 [ katsuya_440 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事