ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは


大切な人を守るため、特殊能力をもつ品物(アイテム)を巡る陰謀と秘密を暴いていく、ミステリー追跡ファンタジー!

原題:아이템(アイテム)
放送開始日:2019年2月11日
放送局:MBC
放送時間:月火 午後10:00
主なキャスト:チュ・ジフンチン・セヨンキム・ガンウ、キム・ユリ、パク・ウォンサン
公式URL:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/item

★あらすじ★

3年ぶりのソウル復帰を目前に控えたエース検事、カン・ゴン(チュ・ジフン)。
ある日、暴行事件の容疑者を追う中で、奇妙な力を目撃する。
「あの謎のブレスレットをはめた男は誰なのか?」
そう思っていた矢先、夢の中で見た女性ソヨン(チン・セヨン)に現実で出逢うというまた奇妙な出来事が起こり…。

謎の殺人事件をそれぞれのやり方で追っていくことになる2人がたどり着くものとは?
一方、ファウォングループ会長のチョ・セファン(キム・ガンウ)は、カン・ゴンをターゲットにしてゲームを始めようとしていた…。


★キャラクター紹介★

カン・ゴン(チュ・ジフン)


ソウル中央地検刑事3部の検事。
誰もが絶対権力に屈服しても、黙々と検事の本質に忠実であろうとする、別名「バカ検事」。
一見すると良家の子息風。だが軟弱さはなく、優しさの中に強靭さを兼ね備える、強い正義感と熱い魂を持つ男。
自分の命より大切な姪のダインを救うため、全てを賭けて「アイテム」を巡る陰謀と秘密の中に自ら飛びこむ。

シン・ソヨン(チン・セヨン)


ソウル地方警察庁広域捜査隊プロファイラー。
大韓民国最悪の惨事とされる事件で母を亡くしたことがきっかけで、犯人の心と行動を読む道を選んだ。
華奢な容姿とは異なり、凄惨な犯罪現場でも眉一つ動かさない、冷静な判断力と優れた能力を併せ持つ。
そんなある日、世にもミステリアスな殺人事件に遭遇したことから、カン・ゴンとともに特殊能力を持った「アイテム」を巡る陰謀を暴こうと奮闘する。

チョ・セファン(キム・ガンウ)


ファウォングループ会長で次世代を担う青年実業家。
企業革新をはかる進取的な若手オーナーだが、同時にソシオパスでもある。
「アイテム」の存在を知ってからは、手段を選ばず、まるでコレクションでもするかのように「アイテム」を収集する。
その過程で、過去に自分を起訴したカン・ゴン(チュ・ジフン)検事と再会し、彼に関する残忍な「遊び」を始める。

【編集部のコメント】

ドラマ「ITEM(アイテム)」は、韓国の人気WEB漫画を原作とする、2019年の注目作です。
主人公カン・ゴンを演じるのは、日本でも知名度が高い俳優チュ・ジフン。2018年には話題の映画に多数出演し、韓国の代表的なムービーアワード「青龍映画賞」で人気スター賞を受賞するほど大衆の支持を集めました。
チュ・ジフンは、「ITEM」の撮影現場での熱演ぶりとキャラクターシンクロ率から、スタッフの信頼も厚いのだそう!

また、「ドクター異邦人」や「オクニョ 運命の女(ひと)」で日本でも知られる人気女優のチン・セヨン、「契約主婦殿オ・ジャクトゥ」のキム・ガンウと、キャストも豪華です。

さらに、チュ・ジフンの子役には、新鋭イケメン俳優のキム・ヨンデが大抜擢!
2018年にいくつかのWEBドラマを通じて目覚ましい活躍を見せ、注目度急上昇中のキム・ヨンデ。
かねてより、チュ・ジフンやカン・ドンウォンに似ていると話題を集めていたので、「ついにこの時が…!」という納得のキャスティングでもありました。


キム・ヨンデ(写真提供:Outer Korea)

子役時代も成長後とのシンクロ演技が求められ、子役演技で知名度がアップすることも少なくないので、キム・ヨンデがどんな演技を見せてくれるのかにも注目したいですね。

実力派俳優と演出陣が贈る、手に汗握るミステリーアクションブロックバスター作品なので、緊迫感とスリル満点の本格ミステリーが期待できるでしょう!

KOARI

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事