ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

あんにょん^^
 
 
* 秘密を見て少しの間ファンであったのにボヨンがおじさんなったからアンニョンチソンおじさん#チソン#映画撮影#良い友人
 
チソンさんのゲルからですが、出所はInstagramのようです。
 

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 
すみません、Twitterしか見ていなかったのでコメでおしえてもらったんですが「ニューハート」の時みたいです
 
そそかっしくてすみません。
 
 
20140118 좋은친구들 촬영현장직찍 via ㅈㅅ갤  우리광수사진도 좀 나와주세오 제발 pic
 
20140118良い友人撮影現場職
びりっとviaチウッシオッ犬を私たちの鉱水写真もちょっとナワジュセオどうか
광수 생각さんTwitter
 
チソンさんの写真も出てきました

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 

イ・ヨニ

「少しずつ余裕をもつことができているんです。それと同時に自信を持てるので、もっと何かを見せることもできるし、私の考えを盛り込んで演じることもできるようになりました。だからと言って、余裕を全部取り戻したわけではありません。毎年1年間が経つにつれ、少しずつ余裕が生まれてきます。そして、年齢を重ねるにつれて撮影現場に同年代の俳優が多くなり、一緒に作業しているという感じが増してきます。チャレンジ精神ですか?ある作品に夢中になったら、演技が上手くなるのではなく、挑戦がしたくなるのです。そのような理由で、挑戦を続けたくなるようです」−イ・ヨニ、10アジアとのインタビューより。


 

BoA

イ・ヨニがある番組で「飲み友達であり、私の心の中の永遠のヒーロー」と話した所属事務所SMエンターテインメント(以下SM)の先輩であり、お姉さん。
2歳上のBoAについてイ・ヨニは、「仕事を早くから始めて社会経験が多いので、悩み事があったら最終的に相談する人がBoA姉さんだ」と話した。“アジアの星”BoAは、2013年にKBS 2TVドラマ「恋愛を期待して」でドラマデビューを果たして、今年は映画「官能の法則」に特別出演する予定だ。また、映画「ビッグマッチ」」(仮題)で本格的に映画にも出演する。スクリーンデビュー作であるハリウッドのダンス映画「Make Your Move 3D」に出演したことを皮切りに、女優として活動の領域を徐々に広げている。MBCドラマ「九家の書」にユン・ソファ役で特別出演して、これまでの演技力論議を払拭したイ・ヨニは、このキャラクターをきっかけにクォン・ソクチャン監督の目に留まり、MBCドラマ「ミスコリア」のオ・ジヨン役を手に入れた。女優として一層成長したという評価を得ているイ・ヨニのように、BoAも2014年に女優として成功することができるのか期待が集まる。

Ara

イ・ヨニと同じくSM所属の女優であり、集まりの最年長であるBoAの“Bo”を取って「Boライン」と呼ばれるほどの仲良し。
イ・ヨニとAraのデビューから今までの歩みには似ている部分が多い。イ・ヨニが2001年にSMが主催した「第2回SM青少年ベスト選抜大会」で大賞を受賞してデビューしたのに続き、Araは2003年に「第5回SM青少年ベスト選抜大会」で大賞を受賞して芸能界に足を踏み入れた。(この過程で2人とも少女時代のメンバーになるところだった)また、イ・ヨニもAraもデビュー後、無名時代を経験せずにスターになって注目を浴びたが、その後長い間、演技力議論で苦労したという点も似ている。そして、2013年に2人とも女優として再評価され始めたことなど、偶然の一致というにはあまりにも似ている部分が多い。イ・ヨニは2013年に映画「結婚前夜」とドラマ「ミスコリア」で、AraはtvNドラマ「応答せよ1994」で第2の全盛期を迎え、今後の歩みに世間の関心が集まっている。また、この2人の女優は2014年にこれまで以上のものを見せなければならないという課題を抱えている。

アンジェリーナ・ジョリー

イ・ヨニがロールモデルとして挙げたハリウッドスター。
イ・ヨニは学生時代、短距離走などの陸上競技が得意で水泳も上手かった。さらに、中学校の時はサッカーをやると主にストライカーを担当したという。当時、イ・ヨニは将来の夢として陸上選手や警官を挙げたほど、運動神経が良かった。そのためか、彼女はデビュー後から最近までアクション演技に対する意欲を頻繁に表して、韓国のアンジェリーナ・ジョリーを夢見ているとも話した。そんな彼女が初挑戦したアクション演技はSBSドラマ「ファントム」(2012年)の刑事ユ・ガンミだった。代役なしでアクションに挑戦して、鼻血を出したこともあった。それにもかかわらず、彼女は“アクション・ヨニ”になりたいという意欲にまだまだ燃えているようである。2013年、「結婚前夜」の広報インタビューでも「機会があれば、アクションに挑戦したい」と何度も話した。

イ・ミョンセ

2007年、映画「M」で出会った監督。
イ・ミョンセ監督のこの映画でイ・ヨニは、カン・ドンウォンの初恋の人であるミミを演じた。名前からも初恋の懐かしい雰囲気が感じられるミミ。実は過去のイ・ヨニは、今のmiss Aのスジように初恋相手専門の女優だった。スクリーンデビュー作「百万長者の初恋」でも、「私の恋」「純情漫画」、そしてSBSドラマ「パラダイス牧場」まで、常に愛しくて純粋な初恋の人を演じてきた。だが、2014年のイ・ヨニは「実際の私はそんな雰囲気の人とはまったく違う」と話し、「いつも良い姿だけを見せることはできないので、今後また修飾語がつくとしたら“国民の初恋”よりは軽いものであってほしい」と述べた。

ソン・スンホン

MBCドラマ「エデンの東」の相手役であり、イ・ヨニのたった一度の熱愛説の相手。
もちろん、その熱愛説は2人が否定して、一段落した。ソン・スンホンの他にも、イ・ヨニはカン・ドンウォン、ヒョンビン、ユ・ジテなど当時最高のイケメンスターたちと相次いで共演し、“イケメン俳優に恵まれている女優”としても知られた。しかし、イ・ヨニは彼らと仲良くなることができなかったと打ち明けた。特に親しいBoAを紹介してくれと言われても、「もともと私が無愛想な方で、紹介してあげたくても仲良くなれないので俳優たちに(BoAを)紹介することができなかった」と話した。でもイ・ヨニは最近「黄金漁場−ラジオスター」に出演して、公開恋愛を始めた少女時代のユナについて「本人たちが望んで公開したわけではないが、かっこいいと思う。最近、芸能人の恋愛に対する視線が変わったようだ」と話した。また、MCたちが恋愛に関する質問をすると、同じ所属事務所であるSUPER JUNIORのキュヒョンが「イ・ヨニさんは恋愛をしていませんからね!」と話してイ・ヨニを守ろうとしたが、いざイ・ヨニは「あなたは私が恋愛しているかどうか知らないでしょ!」とさらっと言い返し、上手いリアクションを見せてくれた。いつも守られているようなか弱いイメージから抜け出し、仕事においても恋愛においても“クールなイ・ヨニ”を見れる日も近いかもしれない。

ユン・ソファ

「九家の書」でイ・ヨニが演じたキャラクター。
当時、イ・ヨニの演技に期待していた視聴者はほとんどいなかったが、そのおかげで皆を驚かせたキャラクターである。ドラマ序盤に少しだけ登場する小さなキャラクターで、デビュー後、いくつかのドラマで子役として登場したこと以外、ずっと主演だけ務めてきたイ・ヨニにとっては出番が一番少ないキャラクターだった。しかし、それと同時に初めて熱い賛辞を受けたキャラクターでもある。家門が没落して妓生(キーセン:朝鮮時代の芸者)として売られてしまった両班(ヤンバン:朝鮮時代の貴族)の娘ユン・ソファは、ク・ウォルリョン(チェ・ジニョク)の助けを受けてそこから脱出するが、その後自分が愛するようになったク・ウォルリョンが神獣であり、神獣の子供を妊娠した事実を知ってショックに陥る女性である。渾身の感情演技を要するキャラクターだったが、イ・ヨニはこれまでの懸念を払拭し、“悲運の女性”ユン・ソファを見事に演じた。撮影に入る前にシン・ウチョル監督からちゃんとしたレッスンを受けたとも言われている。また、このキャラクターを通じてイ・ヨニはクォン・ソンチャン監督の目に入るようになった。

クォン・ソクチャン

ドラマ「ミスコリア」の演出家であり、「パスタ〜恋が出来るまで〜」「ゴールデンタイム」「マイ・プリンセス」などを演出したスター監督。
“コンブリー(コン・ヒョジン+ラブリー)”というニックネームが付けられたコン・ヒョジンが、ラブコメディジャンルに足を踏み入れるきっかけを作った張本人であり、キム・テヒやファン・ジョンウムなど演技力議論が必ず巻き起こる女優さえも、彼の作品では素晴らしい技量を発揮することで、“女優の魔法使い”と呼ばれている。イ・ヨニも同様だった。「九家の書」のユン・ソファを見てイ・ヨニの可能性を発見したクォン・ソクチャン監督は、彼女をワイルドなエレベーターガールであり、将来のミスコリアになるオ・ジヨンへと作り上げる自信があったという。クォン・ソクチャン監督の魔法はイ・ヨニにも例外ではなかった。

オ・ジヨン

ドラマ「ミスコリア」でイ・ヨニが演じるキャラクター。
タバコ屋の美人娘からエレベーターガールに、そしてミスコリアへと変身していく人物である。エレベーターガールの時は不正を見ると我慢できないワイルドな“姉貴”の姿を見せ、ミスコリアになるまでの過程では成功に向けた執念を見せてくれる。また、回想シーンである学生時代のシーンではラブコメディと恋愛ドラマを行き来しながら、個性溢れる姿から純粋な少女の感性まで多様な姿を見せてくれる。今もいくつかの感情演技はぎこちなく感じられるが、完全にオ・ジヨンという人物に扮して視聴者を説得したという点と、「九家の書」のユン・ソファの短い出演と違い、今回はドラマの大部分を引っ張っていくほどの存在感を示したという点で、イ・ヨニの目覚しい成長が感じられるキャラクターである。
 
10asia
 
 

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 
 
女優イ・ハニが優雅でありながらもセクシーな魅力が感じられる写真を公開した。

有名化粧品メーカーの新モデルとして抜擢されたイ・ハニは、CMの撮影現場で上品な女神のような姿を披露して注目を浴びた。

最近、論硯洞(ノンヒョンドン)にあるスタジオで行われた今回のCM撮影で、イ・ハニは整った目鼻立ちとくすみのない美肌を見せつけ、彼女ならではのポジティブなエネルギーと爽やかで溌剌としたえくぼを見せる笑顔で、撮影を愉快にリードした。

公開された写真の中で彼女は黒いシースルーワンピースを着て、髪を緩く結ぶことで清楚な魅力をアピールしており、強烈な赤のリップとピンクのリップでポイントを与えた魅惑的かつフェミニンな姿で視線を引き付けた。

また、グレーのシースルードレスにティアラを付けたエレガントな姿を披露して、普段から数多くの女性たちの憧れの対象となっているイ・ハニの完璧なビジュアルは見る人の羨望を集めた。

特にイ・ハニは、溌剌とした表情と自然なポーズでCMの完成度を高めた。普段から美容に対して関心が高かっただけに、撮影現場にあった商品をしっかりとチェックしながら直接商品を塗ってみたり、好奇心に満ちた目で気になることを質問するなど熱意を見せたという。

イ・ハニは最近、MBCのリアリティ観察バラエティ番組「4男1女」を通じて、気さくでホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人)な魅力で視聴者の心を掴み、映画「タチャ イカサマ師2」のクランクインを控えている。
 
OSEN

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事