ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 
 
<弁護人>メイクアップキム·ソヨン -



Filmography


<良い友達>撮影準備中)

<弁護人>2013

<雪国列車>2013

<泥棒たち>2012

<サンファジョム>2008

<良い奴、悪い奴、変な奴」2008

<タチァ>2006
 
 
<マルチュク青春通り>(2004)

<キリマンジャロ>(2000)

見まね良い観客はすぐに調べるでしょう。 2:8でぽかんと割れ分け目が自然に流れるその瞬間を、その意味を言葉である。もしも逃した場合は、<弁護人>のソンオソクが俗物根性の税務弁護士から良心を持った人権弁護士として生まれ変わる点でのソン·ガンホの顔を振り返ってみましょう。どのような姿が浮かび。 「それは俳優ソン·ガンホが付いている演技力とパワーが成し遂げたのだ。私がやったことはあまりない」頭の先からつま先まで、ソンオソクのヘアとメイクを担当したキム·ソヨンさんは、自分の役割を努めて縮小しようとする。しかし、彼女の手で遮っとは異なり、<弁護人>の中のキャラクターの一つ一つに彼の手が届かないところがない。補助出演者一人一人まで時代劇の感情に合致ハゲクムイメージを創り出したのは、彼をはじめと扮装チームの球である。

<弁護人>のキャラクター画像を貫くキーワードは「リアリティ」だ。 「1970年代、80年代を扱う場合コミックすることで、当時の感情を梱包する場合が多い。私たちは可能な限りリアリティを生かすことに注力しました。 "その時代を扱ったドラマや映画ではなく、当時の写真集は、特に家族の写真などを主に参考にしたのもそのためだ。何よりもキム·ソヨンさんの最大の悩みはソンオソクのヘアスタイルだった。 「実際のモデルを念頭に置いて、間伐感を生かすためにかつらを身に着けた。序盤にきれいにとかして渡した頭で行っている途中、徐々に乱れた自然な頭で人権弁護士としての情感を強調した。「ソン·ガンホは彼女が苦心の末に出した提案を素直に受け入れドゥルヨトウルカ。 「最初にとかして渡した頭がぎこちなかったかソン·ガンホ先輩は一本鎖でも降ればなら考えられないよ。 (笑)」と訴えても無駄だ。スタイルに関しては、キム·ソヨンさんの言葉が法だったから。

扮装スタッフは特別な存在だ。俳優との近接距離1cm、現場で一番最初に俳優を迎える人も扮装チームである。監督が俳優の内面を拡張する場合扮装チームは俳優のキャラクターになるべく近いスタイルで作成してくれる外縁の拡張子だ。 「俳優の全面的な支援なしには不可能な作業である。最初はお互いに近付きにくい。だから、私は最初の俳優を愛ししようと努力する。 "社交にゼロ素質がないという彼女は俳優との距離をさらに縮めるために体得し、自分だけの方法である。

キム·ソヨンさんは、企業の秘書職に働いて偶然に特殊メイクを学びながら、本格的に扮装の道に入った。デビュー作は「キリマンジャロ」、今年のキャリア13年目だ。フィルモグラフィーを見ると、<マルチュク青春通り> <良い奴、悪い奴、変な奴> <タチァ> <泥棒たち>などのように有毒線の太い男性の話が主をなす。 "ロマンチックな映画をしながら、トレンドに敏感なスタイル作成でも楽しさを感じた。しかし、個人的にはノワール映画が好きで、血塗らして傷出してそのような作業がもっとおもしろいようだ。 "

<弁護人>に参加する前には<雪国列車>でソン·ガンホ、コ·アソンの担当で海外ロケを経験した。 "チェコの作業が残してくれたものが多い」と彼女はキャラクターを作成するために、かつらの使用が普遍化された技術的な側面を習得しただけでなく、仕事に対する心構えも引き締めたという。 「現場はまだ難しい。 24時間、大気と劣悪な環境が共存する。そうしたらますます若い連中だけが残ることになるようだ。ところが、<雪国列車>現場に年輪で武装したスタッフが、多くのことを見て私も持ちこたえかと思った。熱心にして内面の力を見せようと思いだったよ。 (笑)」キム·ソヨンさんは、来年1月<良い友達>仕事を始めた隙のない2014年を準備中だ


マンガ本が宝島


キム·ソヨンさんがスタイルのインスピレーションを得るところは?コミックである! 「純情漫画から武侠誌まで、選ばずに手に入るように思う」コミックはキム·ソヨンさんには二つの役割をしてくれる。一つは、心の余裕、生活の活力のような心理的な役割であり、他の一つは、休憩から来る思わぬ奇抜なソースや資料としての役割である。 「漫画は私のインスピレーションの乾かない井戸である。 "


cine21より
 
 

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 
 
3日に交際が報じられた俳優チョン・ギョンホと少女時代のメンバー、スヨン。スヨンの所属事務所、SMエンターテインメントも交際の事実を認めた。二人は昨年2月と10月に熱愛説が浮上。事務所は「同じ教会に通う仲の良い友人」と、報道を否定していたが、3度目の報道でついに交際を認めた。

 SMエンタは同日、「二人は先輩・後輩として付き合ううちに、昨年からお互い特別な感情を抱くようになり、現在まで交際している」とコメントした。

 スポーツソウル・ドットコムは3日、「二人は2012年9月から交際を始め、昨年12月映画館デートを楽しんだ」と報じた。
 
エンタメコリア
 
スヨン&チョン・ギョンホ、双方交際認める「昨年から交際」
チョン・ギョンホ&スヨンが交際を認めた。

チョン・ギョンホと少女時代のスヨンは3日、あるメディアはソウル市内でデートを楽しむ写真を撮り、2人の熱愛を報道した。2人が熱愛説の主人公になったのは今回が3回目。昨年2月、10月に続き、再び熱愛が報道されたチョン・ギョンホとスヨンは、前回2回とは違って交際を認めた。

少女時代スヨンの所属事務所SMエンターテインメントの関係者は「親しい芸能界の先輩後輩の仲で過ごしていて、昨年から急接近したと聞いている」と2人の交際を認めた。チョン・ギョンホの所属事務所fantagioの関係者もやはり「2人が交際しているのは事実だ」とし、「温かく見守ってほしい」と頼んだ。

昨年2月、熱愛報道された2人は熱愛説を全面的に否定して「親しい同僚の仲であるだけ」と釘を刺したし、チョン・ギョンホはあるラジオ番組に出演して「彼女は芸能人ではなく一般人」と説明した。 昨年10月に再び熱愛報道されるとすぐにチョン・ギョンホとスヨン、両方とも「絶対ない」と熱愛説を強く一蹴したことがある。
 
イノライフ
 
少女時代 スヨン&チョン・ギョンホ側「恋人関係で間違いない…すぐに対応できず申し訳ない」
少女時代のスヨンと俳優チョン・ギョンホ側が3度目の熱愛疑惑報道の末、恋人関係であることを認めた。

スヨン側の関係者は3日、TVレポートとの取材で「チョン・ギョンホと恋人関係で間違いない。最初は芸能界の先輩と後輩の関係だったが、仲間の関係となり、その後もっと親しくなった」とし「熱愛を始めた時期は分からない。どうか二人を温かく見守ってほしい」と伝えた。

チョン・ギョンホ側も「昨年からスヨンと交際していたようだ。これに先立ち報じられていた熱愛疑惑に素早く対応できず、申し訳ない。熱愛疑惑に関する立場をできるだけ早くまとめ、発表する」と伝え、事実上スヨンとの熱愛を認めた。

3日、スポーツソウルドットコムはチョン・ギョンホ、スヨンの熱愛疑惑を報じた。同メディアは「二人が昨年のクリスマス・イヴにも普通の恋人と同じようにデートを楽しみ、お互いに愛情を表現した」とし「007作戦を彷彿とさせるデートのパターンだった」と伝えた。

また「二人の熱愛はすでに芸能関係者の中では周知の事実であった」とし「特にハ・ジョンウ、シン・ドンヨプなどチョン・ギョンホと親しい芸能界の顔の広いスターたちは、知らず知らず二人の関係を暗示するような発言もしていた」と報じた。

スヨンとチョン・ギョンホの熱愛疑惑は昨年2月、10月、今年の1月と計3回も報じられた。二人は3度目の報道後ようやく熱愛を認めた。
 
TVREPORT
 

年明けにスンギ君と交際報道が出たユナさんに続き、スヨンさんも。
2人とも熱愛報道認めてます。
 
トップアイドルの交際宣言、これからもっと出てくるかもしれない。

開くトラックバック(0)

あんにょん^^
 
水木ドラマ『星から来たあなた』(SBS)が5話連続で視聴率を伸ばし、首位を独走している。

 2日に放送された『星から来たあなた』の全国視聴率は、前回比2.3ポイント増の24.6%(3日、ニールセン・コリア調べ、以下同じ)だった。

 『星から来たあなた』と同時間帯に放送された『ミスコリア』(MBC)は前回比0.6ポイント減の8.9%、『きれいな男』(KBS第2)は前回比0.5ポイント減の3.9%だった。
 
 
エンタメコリア

開くトラックバック(0)

あんにょん^^

「青い馬」を意味する甲午(きのえうま)にあたる2014年。力強さと色艶を兼備した年男・年女の活躍が期待されます。特に引退の舞台と決めたソチオリンピックで有終の美を飾りたいキム・ヨナがその代表格。同じく1990年生まれの浅田真央との最終決戦は見逃せません。
他にも韓国芸能界の1990年生まれは女性が目立ちます。女優はドラマ「応答せよ1994」の主演コ・アラ(左)、「相続者たち」でイ・ミンホとのロマンスを演じたパク・シネ(右)が成長株。
アイドルでは「少女時代」のユナ(左写真)とスヨン(中央写真)、2013年に人気が急浮上した「CRAYONPOP」(右写真)のチョア(左)とウェイ(右)も90年生まれ。ユナは新年早々、イ・スンギとの熱愛が発覚し話題です。
いっぽう男性は俳優よりアイドルが元気。「SHINee」のジョンヒョン(左)や「BIGBANG」のV.I(中央)、「FTIsland」のイ・ホンギ(右)など、多くが1990年生まれです。
元祖男性アイドルもまだ現役。1990年代に人気を博した伝説的グループ「H.O.T.」のムン・ヒジュン(右端)、「god」のデニー・アン(左端)は1978年生まれの午年。ふたりは現在、ユニット「ハッジェッガッアルジ」としても活躍中です。
2013年のMBC演技大賞に輝いたハ・ジウォン(左)や、映画監督デビューも果したハ・ジョンウ(右)など脂がのってきた1978年生まれの俳優には色気と貫禄が漂います。 2014青馬の年は、年男・年女スターの華麗な跳躍に注目です!

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事