ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

こんばんは



映画「神と共に 第一章:罪と罰」が、日本で興行記録を立てている。 

25日、ロッテエンターテインメントは5月24日、日本全国42スクリーンで公開された「神と共に 第一章:罪と罰」が、23日まで5100万円の収入をあげたと明らかにした。ロッテは「神と共に 第一章:罪と罰」は同時期に日本で公開された韓国映画「1987、ある闘いの真実」(9スクリーン)、「それだけが、僕の世界」(20スクリーン)より優秀なオープニング成績を記録したと伝えた。

韓国で第一、ニ章で2668万人を動員した「神と共に」シリーズは、先立って台湾と香港でも興行シンドロームを巻き起こしたし、現在、日本でも熱気を継続していること。映画を観覧した日本の観客はSNSに「ジェットコースターに乗るように躍動的で笑わせて泣かせる最高の映画」、「全世界が必ず見なければならない映画。映画館でこんなに泣いたのは初めて」と、好評した。

「神と共に 第一章:罪と罰」は観客の口コミが続いて「神と共に 第二章:因と縁」が公開した後にも長期上映が確定した。「神と共に 第二章:因と縁」は6月28日から日本で公開される。 

「神と共に 第二章:因と縁」は、韓国映画史上歴代最大規模で台湾、香港、タイ、フィリピン、シンガポール、インドネシア、マレーシアなど7カ国アジアJunketツアーを進めたし、北米、オーストラリア、ニュージーランドをはじめ、歴代韓国映画最高のオープニングボックスオフィスを記録した。

日本でも「神と共に 第二章:因と縁」は韓国映画では異例の前売り券が3500枚以上販売されて興行結果に関心が傾く。

イノライフ
こんばんは


俳優キム・ジェウクのパリでの近況が捉えられた。
 
クラシックファッションをリードするイギリスのメンズラグジュアリーブランドdunhill(ダンヒル)は、パリにて開かれた2020年春夏コレクションに韓国代表として出席した俳優のキム・ジェウクの写真を公開した。
 
パリで開催されたdunhill2020年春夏コレクションは、クラシックなdunhillのモダンなスタイルとともに60〜70年代のアーカイブイメージを日本のデジタルアーティスト小林健太とコラボを通して、興味深いデジタルプリントに変身させたコレクションを披露した。
 
また、コレクションにチャコールグレーの落ち着きある洗練されたスーツ姿で出席したキム・ジェウクは、dunhillを代弁するかのようなカリスマ性溢れる姿で注目を集めながら、現場で紳士的なマナーを失わないのはもちろんdunhillのクリエイティブディレクターのマーク・ウェストンとの初対面でも一味違うファッション感覚や余裕あふれる姿を見せ、二人の完璧なツーショットが誕生した。
 
一方、dunhillはロンドンに120年伝統のあるメンズラグジュアリーブランドで紳士服や革製品、アクセサリーなどを展開している。




写真提供: dunhill
 
 
KOARI
こんばんは


韓国でシリーズ合計2,668万人の観客動員という記録を立てた「神と共に-罪と罰」と「神と共に-因と縁」が、日本でも興行記録を立てて台湾、香港に続いてアジアでまたシンドロームを予告している。
韓国映画初のフランチャイズブロックバスターという新しい可能性を開拓した「神と共に」が、台湾と香港に続いて日本でも熱い人気を続けている。2019年5月24日、日本全国で42のスクリーンでオープニングをした「神と共に-罪と罰」は、同時期に公開された韓国映画のオープニングスクリーン(「1987」9つのスクリーン、「それだけが僕の世界」20のスクリーン)をはるかに超えた。

また、6月23日基準で5100万円の収益をあげて東京映画館通りを中心に完売が続いて、基本的な韓国映画ファン層に加えて若い日本の観客も多く、同時期に公開された韓国映画の中でボックスオフィス1位を記録している。この映画を見た日本の観客は、「ローラーコースターに乗っているように躍動的で笑わせたり泣かせたりと最高の映画。こんな映画を作る韓国に嫉妬する」「全世界が必ず見なければならない映画。映画館でこんなに泣いたのは初めて」としながら映画に対して高く評価した。


こうして日本でも人気を引き継いでいる「神と共に-罪と罰」は、観客のうわさによって「神と共に-因と縁」の公開後も長期上映が確定して、2019年韓国映画最高興行作になるかどうかが注目されている。

一方、「神と共に-罪と罰」の成功によって韓国で韓国映画のオープニング新記録を総なめした「神と共に-因と縁」も、6月28日に日本で間もなく公開される予定だ。「神と共に-因と縁」は、韓国映画史上歴代最大規模で台湾、香港、タイ、フィリピン、シンガポール、インドネシア、マレーシアなど7ヶ国のアジアジャンケットツアーを行い、北米、オーストラリア、ニュージーランドを含む歴代韓国映画として最高のオープニングボックスオフィスを記録するなど、連日好評を受けて興行新記録を果たした。日本でも「神と共に-因と縁」の前売り券予約販売数は、韓国映画としては異例の3500枚を超えながら、興行結果に対する世間の関心が注がれている。

Korepo
こんにちは

韓国映画「神と共に 第一章:罪と罰」が、日本でも好調な滑り出しを見せている。配給会社のロッテエンターテインメントは25日、全国の42スクリーンで先月24日に封切られた同作の興行収入が、今月23日までに5100万円を記録したと伝えた。


この作品は、同時期に日本で封切られた韓国映画「1987、ある闘いの真実」(9スクリーン)や「それだけが、僕の世界」(20スクリーン)を大きく上回る上映スクリーン数を確保した。

 ロッテエンターテインメントは「東京の映画館を中心に売り切れが続いている」とし、「韓国映画のファン層だけでなく、若い観客も多く訪れている」と伝えた。

 今月28日から日本で公開される続編「神と共に 第二章:因と縁」も、韓国映画としては異例の3500枚を超える前売り販売枚数を記録した。

 「神と共に」シリーズは韓国で計2668万人を動員し、台湾、香港などでも公開されてヒットした。

ソウル総合ニュース
こんにちは

合わせて2668万人の観客を動員した映画「神と一緒に」シリーズが台湾、香港に続き、日本でも症候群を起こしている。

25日配給会社ロッテエンターテインメントによると、「神と共に - 罪と罰」は、先月24日、日本全国42スクリーンで公開した。これは同時期に公開された韓国映画「1987」(9個)と「それだけが私の世界」(20個)のスクリーンを上回る数だ。


23日あたり稼いだお金は5100万円である。まだ東京の劇場街を中心に完売が続いており、同時期に公開韓国映画ボックスオフィス1位を記録していると、収益はさらに大きくなる見通しだ。 

このような熱い人気に「神と共に - 罪と罰」は2編の「神と共に - 因と縁」公開後までの長期上映を確定した。28日封切りを控えた「神と 共に- 因と縁」やはり韓国映画では異例の前売り券線販売数量3500枚を越え興行突風を予告している。

一方、「神と共に - 罪と罰」はあの世に来た亡者が彼を導くため冥土三自社と49日間の7つの地獄で裁判を受けて広がる話を、「神と共に - 因と縁」は、最後の49番目の試験を控えた冥土三自社、その1000年前の過去を覚えているソンジュシンに会って、失われた秘密の縁を訪れる話を盛り込んだ。 


キム・ヨンファ監督がメガホンを取って俳優ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、イ・ジョンジェ、キム・ドンウク、チャ・テヒョン、マ・ドンソクなどが熱演を広げた。 

ニュースビム

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事