kat*r*giki*iem*nnのブログ

今日もなんとか元気です(笑)

全体表示

[ リスト ]

(元記事)
<長野市庁舎>免震ゴム交換後に「鉄筋露出」も非公表
毎日新聞 3/19() 11:10配信
 
 免震ゴムの交換後、コンクリート外壁に多数のひびが見つかった長野市役所第1庁舎・芸術館で、鉄筋が露出するほどの破損もあったことが新たに分かった。市民からは、市がこの破損を公表しなかったことを疑問視する声が聞かれる。【巽賢司】
 
  免震ゴムの交換後、コンクリート外壁に細かいひびが686カ所見つかった長野市役所第1庁舎・芸術館で、外壁の複数箇所で破損などがあったことが毎日新聞の取材で分かった。市は公表しておらず、「補修済みで安全上の問題はない」と説明しているが、専門家は「通常では起こりえない」と指摘している。
 
  建物では、東洋ゴム工業の免震ゴムの性能データ偽装問題を受け、2015年8月から16年3月まで免震ゴム90基を交換した。毎日新聞が情報公開請求で入手した資料によると、交換後に、建物中央にある地下1階の壁周辺の複数箇所で、コンクリートが破損したり、2〜3ミリのひびが発生したりするなどの「不具合」が見つかり、業者が16年4〜5月に補修した。うち3カ所は「欠損大(鉄筋露出あり)」と写真付きでの記述があった。
 
  発生原因については、コンクリートを打った時期が遅かった壁が乾燥収縮し、引っ張られるような形でひびが発生したと推定されるとする一方、「免震装置の交換により、想定外の強制変形が作用した影響も排除できない」とした。
 
  市庁舎の建設事務局は破損の非公表について「施工不良という認識で、逐一報告するものではない。隠していたわけではない」と説明している。
 
  福岡大の高山峯夫教授(建築構造学)は「これほどの不具合は通常では起こりえないはず。免震装置の交換方法と建物の施工方法の検証が必要では」と指摘する。【巽賢司】
 
  ◇部分ジャッキアップで作業
 
  免震ゴム交換は、構造解析の専門家の計算に基づいて実施された。毎日新聞が情報公開請求で入手した免震ゴム交換の施工計画書によると、交換工事では建物全体をジャッキアップする方法ではなく、「工程・コスト・(機材の)調達の面から部分的にジャッキアップする方法を採用する」と書かれていた。
 
  市によると、建物全体を同時に持ち上げるために必要なジャッキは約1000基。計画書では計592基のジャッキが交換工事で使われるとされた。また、部分ジャッキアップは「(建物を)強制的に変形させることになる」ため「影響の少ない範囲で交換工事を行うことを想定」し、8グループに分けて交換を実施する、としていた。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事