☆ロビーの惑星日記☆

寒くなると血の巡りが悪くなり、肩こり腰痛を発症する。自然に逆らえない歳だネー。

My BMW R80RT

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
ライディングポジションをチェックする為に組んでいたDaytonaトラッカーバーは、
グリップ部が鉄むき出しで、雨露に晒され錆が浮いてきた。

いずれアルミ製ハンドルヘ換えようと思っていたので
高さがほぼ同じで、手前への引きが若干強いスーパーコンチバーへ交換した。

ハンドル径22.4mmを22.2mmへ削って細くするのは、思いの外しんどい。

使わなくなったトラッカーバーはヤフオクで処分。
イメージ 2
マスターシリンダーが、カウルに干渉しなくなリ喜ばしいが、
レバーとカウルの間に指を挟む、かもネ・・・・

そして翌日に試走。
レバーがカウルに触れる事なく、指を挟むこともないので、
この状態で暫く様子を見る事にします。

ハンドル取り付け時にケーブルの取り回しが悪かったみたいで
アイドリング時のエンジン回転が2500rpmぐらいまで上がる症状発生。
ケーブルの取り回しを直して回転を下げる事必要。
まーボチボチと。


この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
R80RT左手側キャブレターのガソリン漏れを解決する為、
部品取りキャブのハウジングに交換。

毎度フロートのピンの方向が分からなくなるので、ブログにアップしておく。

ピン先端は、打ち込んだ時に貫通しないように溝加工されている。
抜く方向、打ち込む方向は自ずと決まる。
ピンを打ち込み過ぎていると、抜くときにピン先端の溝が
分からなくなってしまうので注意が必要。

その後試乗し、ガソリンの漏れがない事を確認。
同調はまだとっていないが加速感に変わりなし。

ハンドル交換とシートクッションの削りで、ポジション改善され、すこぶる運転し易い。
ヤレヤレ、一段落です。

この記事に

開く コメント(0)

連休にツーリング

イメージ 1
久々のロングツーリング

目的地までの中央自動車道の往路で、休憩の為停車すると
キャブレターからガソリンがボタボタとこぼれ落ちた。

このR80RTはガソリンが漏れるのが持病で、程なく漏れも止まった。

ツーリングから帰ったらこの症状を治す必要あり。

ツーリングは往復で 570km/L 燃費は15.7 km/L
昔12km/Literだったから燃費は改善している。

キャブを修理したら燃費も良くなるでしょう。


この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
実際に高速道路に乗り、ETCとLEDヘッドライト球の作動をチェック。 伴に作動良好。

ただ、トップギアで走行中にキャブレターがガソリン不足でもたつくような症状があった。

ジェットニードルリングの溝位置を変え、ガソリンを濃くした方が良さそうです。

この記事に

開く コメント(0)

ギアオイル交換

イメージ 1

①トランスミッションオイル 1L   ②ドライブシャフトオイル 150ml     ③ファイナルドライブ オイル 350ml
各種ギアオイルの交換をした。

トランスミッションオイルを抜き取ると全然汚れていない。
ドライブシャフトオイルとファイナルドライブオイルも汚れていない。

遥か昔、納車時にお店がギアオイルを交換してくれていたのね。
イメージ 2

今回の車検時の走行距離が27,500km
R80RTの納車時は26,700kmだったので
汚れない訳だ。

次はサスペンションオイルの交換予定だが・・・



この記事に

開く コメント(4)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事