☆ロビーの惑星日記☆

夏よりは冬が好き!クソ寒くてもバイクに乗りたくなる・・・

My BMW R80RT

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
スターターモーターは組めたが、エンジンかからず、
最終的にプロの方に出張していただきエンジンがかかりました。
しかしマフラーの排気を確認すると片方しか燃えていない様子。
「キャブレターが詰まっているのでオーバーホールして下さい」との指示。

キャブレターのオーバーホールを済ませ、スロットルケーブルを組んだが、
スロットルケーブルがスムーズに戻らない。

ケーブルを外した時、ケーブルの経路をデジカメ撮影するのを忘れたので
最適を思われる経路に通して再度トライ。それでもケーブルはスムーズに戻らない。

スロットルケーブルの長さが左右で違うので、左右入れ替えてみたが症状は同じ。

そんな中、R80をカフェレーサーにされている方が
「社外品のスロットルケーブルに換えたら、スロットルワーク、レスポンスが良くなった」とのブログ記事を
見付け、自分のR80RTも社外品にする事にした。

クリスマス前に届いたスロットルケーブルをCBX125Cの作業の合間にR80RTに組付けた
ケーブルはフレームのヘッド部とガセットの狭い経路を通っているが、
取り付け後スムースなスロットルワークを確認。

近々、エンジンの始動をして、キャブ同調のレクチャーを受ける予定です。 
年明けですナ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
一昨日犬山ローレライ麦酒館駐車場にご来場の青森ナンバーのR80
ナンバープレートにくまモンのステッカーも貼られてました。
オーナーは青森の方で、熊本にも以前いた相。

そして見覚えあるリトモセレーノのシートは
かつて自分が使っていたシートで、ちょー驚きました。

マフラーはスーパートラップ、オーリンズのサス、旧シリンダーヘッドカバー、社外品ウィンカー、
前後アルミフェンダーに少しカスタムされていました。

また何処かでお会いできる事を楽しみにしております。




この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
スターターモーターは、V字型プレートを介してエンジンブロックへ固定されているだけで
矢印のナットを外さなくとも、スターターモーターは上方へ抜けました。
専用工具も首ふりレンチも必要ありませんでした。

その後、V字プレートを新しいモーターへ移設しようとしたら、
新モーターの直径が小さく、ネジ間の距離が変わって、V字プレートが付きません。
片方だけはめた状態で、エンジンブロックへ固定するも
こちらも距離が変わり、V字プレート穴とエンジンブロック側の穴が合いません。

ホームセンターで適当な金具を買い代用とします。
V字プレート側は大きなトルクがかかる訳ではないので良しとしましょう。
イメージ 2








V字プレートに穴を開けてみたが上手くいかず





ホームセンターで購入の金具で自作

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1
スターターモーターの交換が必要なので壊れたモーターを外す前に、
どのボルトでエンジンに固定されているかを確認。
イメージ 2
いざ作業に取り掛かったものの、手持ちの工具ではアクセス出来ない。
専用工具、若しくは首ふりの8番ソケットのレンチが必要だ。

アクセスを容易にする為に、必要のない部品は外したくないんですよねー。
うーん。




この記事に

開く コメント(2)


イメージ 1
リトモセレーノのタンクとシートを売り払い、セルモーターへアクセスしやすくなった。充電済みの新品バッテリーとセルモーターをつないで作動するかを確認した。

スパークが出ていたので電流は流れているようだが、まったく反応しなかった。セルモーターが原因だったのね。

中古セルモーターか新品セルモーターに替え動いたら、次はどうする?

走行距離は全然延びていないけれど、26年も時間を経て各部品が劣化しているからなー。

あと頭の痛いのは、12km/Lという最悪の燃費。

この記事に

開く コメント(2)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事