山ジョグノート

快適な山ランを楽しんでいます。100mileが楽しんで走れるカラダをめざします。

朽木トレイル

表題はあえて「朽木」とした。
高島FAIRYトレイルレースとかぶるコース。

もし仮に、平良と高島をつなぐとしたら、どこ通る?
すぐに思い浮かぶのは、FAIRYトレイルレースの朽木-白倉岳。
でも、その向こうのルートは?
って疑問から、早速現地調査。

イメージ 1

朽木をスタートして、FAIRYトレイルコースを逆行。
そのまま突っ切って①まで進む。
トレイル、赤テープもなし。
そのまま突っ込もうかと思って地図を探したら、その南、プリント忘れた。

②まで戻り、③に見える送電線まで尾根をたどれば、巡視路があるだろうと思い、進む。
時折、赤テープが現れるが、踏み跡無いに等しい。

③からは立派な巡視路。
④まで下り、舗装路を進む。きれいな山村。
京都北部の山村はどこもいってもいい。生きてる村。

⑤のさけび峠越え。
荒れ放題。走れる状態にない。

⑥までの沢沿いには、トチノキのモンスター。
走れないけど、走るのもったいないぐらいの美しい渓谷。

⑥でシューズを脱いで、裸足で沢渡り。キモチいいー。

あとは、舗装された林道で峠越え、朽木まで。

距離、36km。累積2500m。

イメージ 2

平良と高島。
あとちょっとのところでキモチよく繋がってないことが判明。
行けないことはないけど。


まだ、雪が残ってる。
白倉岳手前。
イメージ 3

レース時の看板が分かりやすい。

イメージ 4

レースの時にはゆっくり眺めることができなかった中岳のモンスター。

イメージ 5

お天気、サイコー。

イメージ 6

イメージ 7

夏ならドボン。

イメージ 8

荒れホーダイの峠。

イメージ 9

トチノキモンスター。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

大きめの沢渡り。
冷てえー。

イメージ 13



誤解なきよう、言っておきますが、この3つのトレイルをイッキってのはないです。
念のため。





この記事に

開く コメント(4)

恒例のどらんく企画、先週末のこと。
初めて2日間通しで、参加した。

参加した友人の記録によれば、
初日  34km、累積2700m
2日目 50km、累積3100m
だったけ?

たった1週間前のことなのに、遠い遠い過去の出来事だったような。。。。

おひとりさまランの多い小生にとって、貴重な追い込める集団暴走。

上りも極力走る。
下りは当然飛ばす。
夜は、もちろん飲み倒す。

魔王(注:焼酎)にやられて、キツネ(丸印)に憑かれた2日目夕方。

イメージ 1


友人たちのアップしてくれた画像やブログを眺めてはニタニタしておりますが、
それはそれ。

ワタシの課題は、
「いかに還暦までの3年間で伸ばせるか?」
直近の比叡山も、秋の100マイルも(エントリーしちゃったもんねー)、そのマイルストーン。

今回進歩したかな?って思えるところは、居所的なダメージがなく、全身の疲れ。
週明け、木曜には気持ちよく25kmのロード。
今日は、ほぼ終日のトレイル。

このカンジでどこまで押せる?





この記事に

開く コメント(8)

Great Ibuki Mountain Race

とってもエクストリームな草レース。
参加ランナーも当然、エクストリーム。

その末席を汚すことに相成った。
それも前日晩、大事なスタッフミーティングの真っ最中にビールと焼酎を持ち込んで乱入し、酔っ払ってグレートイビキな夜となってしまってたことをお詫びしたい。

天気にも恵まれ、トレイルはぐちょぐちょ。
山頂部分には雪が残り、フツーのレースではありえない。
下りの集中も半端ない。
下ばっかりを見てのランだったけど、視界の端に写る景色はすばらしー。

画像、早速使わせてもらいました。
ありがとうございます。

主催の安田さん、ほかスタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました。
まとめてここで御礼申し上げます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

気になった話がひとつふたつ。
高島から比良とかをつないで100kmをやろうってあるらしい。
6月には韓国スカイレース。

エクストリームな集団のエクストリームな話題。

今週末は、鈴鹿2DAYs by どらんくT。
飲みがメイン?






この記事に

開く コメント(2)

きぬがさ山フルコース

最近なぜか木曜休みが多い。
週末は伊吹山へ飲みに行く予定だから、今日は走っておこう。

GPSで地図に絵を書くつもりで、できるだけ多くのトレイルをつないだ。
期待して地図に落としてみたけど、たいしたことなかったなあ。

イメージ 1
イメージ 2

距離30km、累積2650m。

やっぱ、安土城跡はいいです。
兵ものどもの夢の跡、想像力が掻き立てられます。





この記事に

開く コメント(4)

「世界史」独習

ほそぼそと続いている。
2回目を読み返し、ビデオも見てる。

 エリザベス ゴールデンエイジ
 パイレーツ オブ カリビアン 命の水
 ブレイブハート
 ロビンフッド
 オリバーツイスト
 アレクサンダー
 戦争と平和
 アレキサンドリア
 ビクトリア

数年前読み始めて、眠くなって途中で放り出した、この本。
やっと読み進めることが苦痛でなくなって、下巻までたどり着いた。

イメージ 1











先回から新しい書庫を作った。
気が向くままに、昔のことも書こうかと思う。
還暦後に向けての助走になるかな?

「オールラウンドなトレイルランナーを目指してます」って以前書いたことがあるけど、本質的には、
「放浪癖のあるトレイル徘徊じじい」なんでしょう。

このブログは、故人の記録としてCDに落とされ、ワタシの葬儀の折の記念品になる予定なのだ。
迷惑だろうけど。
また、葬儀の際には故人の挨拶がビデオで流される手はずになる。

了解してもらったムスコからは、「晴れの日ver,」と「雨の日ver.」を作るよう注文を付けられた。
 「本日は、お忙しい中、ワタシの旅立ちの儀に・・・・」
 「本日は、お足元の悪い中、・・・・・・」
ってな具合に。

ビデオカメラマンは宮古の友人に頼もうかと思っている。

イメージ 2
               
                   1987年、ナムチェバザールにて

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事