ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

秋の天体と64P

11月に入りメッポウ寒さが増してきました。私の周りでは、風邪も流行っているようです...皆様もお気を付けください。
本日は、10月に撮影してようやく処理できた画像を数枚UPです。
早く公開しないと季節外れとなりそうで、焦っております(^_^;)
まず、10月1日に最初に撮影したNGC7023アイリス星雲です。
我が家の北方向に水銀灯がある為、長く露光が掛けられず光害被りが半端無いです。
アイリス星雲周辺の淡〜い分子雲を炙り出したいんですがこれ以上炙れません........

イメージ 4
2018/10/01 20:38〜露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理


次に撮影したのが、M31アンドロメダ銀河です。
以前のブログでも書きましたが、
      どうも青色を上手く出すことができません(ノД`)・゜・。
オリオンさんのご指摘通り、
      ヒストグラムに注意しながら処理したつもりなんですが...(T_T)
後日、時間を掛けてもう一度再処理してみます。

イメージ 3
2018/10/01 21:57〜露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理


そして、この日初めての赤い対象がSh2-171クエスチョンマーク星雲...
ED81SⅡでの撮影だったため、Sh2-170が入らずクエスチョンマークが完成してません(^_^;)
フルサイズ機だと、ED81SⅡでもギリギリ入りそうです....
               フルサイズ機欲しくなってきた〜($・・)/~~~

イメージ 1
2018/10/01 23:24〜露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショッド
SI8、PSCC、にて画像処理

結局、私にとって満足のいく画像は1枚も無かった訳でございます(◞‸◟)

気を取り直して最後は、今月10日に撮影のスイフト・ゲーレルス彗星(64P)です。
彗星特有の尾は、私の画像では確認できませんが、大変綺麗な緑色をしていますねぇ。
彗星は、在庫で温めておくことは出来ず、さっさと処理して公開しました(^_-)-☆

イメージ 2
2018/11月/10 22:01〜露出 60s×10 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理


この記事に

いよいよ10月も終わりですねぇ。今年も後2か月となり、日に日に夜遊びが辛くなってきましたね。
肌寒い上に、お天気に左右されるこの趣味ではございますが、オリオン大星雲と馬頭星雲を、今年もようやく撮影できました。
画像処理も、久しぶりなんでグイグイ炙り出してみましたよ〜...
ただ、前からずーっと気になっていたんですが、私の処理方法が悪いのか、青色が出ないんですよねぇー
皆さんの作品には、青くて綺麗な星がキラキラしてるのにぃ
これは、屈折だからなのか?光害カットフィルターのせいなのか?それとも、画像処理方法に問題ありか?
そして、見事にオリオンが白飛びしております。これは、原因判っております。
はい、完全に段階露出を忘れておりました。ガクッ(ノД`)・゜・。

イメージ 1
2018/10/09 02:08〜露出 120s×30 iso3200
FS-60CB x0.72RD(256mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理



この記事に

9月に撮影したピアノ線キラキラシリーズ最後の在庫をようやく処理しました。
今月に入って、仕事で何かとありまして画像処理が進みませんでした...
ようやく落ち着いてきたので9月の在庫を画像処理しました。
ケフェウス座のSh2-129フライングバット星雲です。
青いダイオウイカは炙っても浮かび上がるわけが無いので、
                      最初から炙っていません(^^♪

イメージ 1
2018/09/10 23:54〜露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理

そして、この日最後に撮ったのがM33銀河です。この頃から、少し薄雲があったようで24枚中12枚がアウトでした。残り12枚での処理なのでノイズが多く、ノイズ処理のし過ぎで、ぼやぁっとぼやけた銀河になってます....(^_^;)

イメージ 2
2018/09/11 01:16〜露出 120s×12 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理

もっともっと画像処理の勉強がひつようですねぇ...マスクのかけ方がどうも上手く行きません(T_T)


この記事に

まゆ&泡&クワガタ

イメージ 1
2018/09/10 20:22〜露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理

イメージ 2
2018/09/10 22:24〜露出 120s×24 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理

10月に入り鈴鹿は”F1日本グランプリ”で大賑わいでした。心配された台風も鈴鹿にはほとんど影響なく秋晴れの決勝でしたね。そして久しぶりの新月期快晴でございます。ベルスターは7日、8日と連日で久しぶりの夜更かしでした(^O^)/

そして上記作品は、9月に撮ったキラキラ✨シリーズです。
屈折鏡筒にピアノ線でキラキラ星にしたんですが、画像処理は星像にも気をつかいながらの処理となりますので普段より疲れました。星マスク必須ですね(^_^;)
反射をメインでお使いの星屋さんは、大変だと思います。屈折は屈折で星像がぼってりしないよう気を使いますが、何だかいつもより星像が気になりました。ハィっ!
反射望遠鏡で撮った綺麗な光条に憧れますが、反射は中から長焦点が多いですよね。広角の筒というと、あの黄色いあれしか思い浮かびませんが、光害地の庭撮りベルスターにはもったいなくて手がでません。
と、いう事でベルスターはこれからもピアノ線キラキラで気分転換することにいたします(^^♪


この記事に

ケフェウス座のsh2-140

昨夜は、台風24号が日本列島を縦断していきましたが、
                 皆さん被害は無かったでしょうか?

9月10日に撮影した、ケフェウス座のsh2-140です。
マイナーな星雲ですが比較的大きな星雲で三日月状の明るい部分があり、その先に淡い星雲が広がっているのがこの星雲の特徴です。星雲の近くには暗黒帯があり、星の数も非常に多く大変美しい領域です。
ED81SⅡで撮影したんですが、少し遊び気分でフードの先にピアノ線を十字に張ってキラキラにしてみました(^^♪

イメージ 1
2018/09/10 22:01〜露出 120s×16 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI7、PSCC、にて画像処理



この記事に

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事