模型飛機

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/地震最新情報

全体表示

[ リスト ]

 
権力のつくる秘密は 
「民主主義」と真っ向、反対側にあります
 
権力の暴走を見張るための「憲法」であり
民主主義は 中央トップだけ構築できない
埼玉越谷市議会で行われた
「数の論理」で
「少数意見を述べさせない行為」
と、
声を上げた市議に対する「意見の封殺」と
発言の自由を保障している現憲法に対する「蹂躙」
市議会の名前で決議されるなど
言語道断!
 
 
 
自民・公明の本質▼越谷市議会
▼特定秘密保護法の慎重審議を求めた辻こうじ市議のツイート
▼越谷市議会が「反省を求める」決議
 
 
 
隠蔽させた
戦争犯罪を暴き、発表し、前進する国民の皆様と
 
強く連帯し 
 
平和と民主主義を確立する戦いを
断固支持します!
 
 
 
 
 
 
粘り強い努力と
不屈の闘志でお調べくださった
心より御礼申し上げます
 
これは長野だけの問題ではない
日本列島全域に出された通達である
 

戦争の証拠隠滅

↑より一部引用↓ 画像拝借 (文字強調管理人)
 
 
戦争の書類は焼却して、
戦争証拠隠滅をしろ

昭和20年(1945年)8月15日の終戦の前日、
1945年8月14日に、
「国や自治体の機密文書の廃棄」を閣議決定した。

軍・政府は、戦争に関する一切の資料を焼却して、
戦争はなかったものにしよう、
戦争を歴史から消し去ろうとした。

占領軍GHQの調査が始まるまえに、機密文書の焼却を急いだ。
そして、軍関係、町村役場、学校、地域では、
数日をかけて機密書類を焼却、廃棄した。
軍と政府による戦争の証拠隠滅である。
犯罪者は証拠隠滅をする

戦争の証拠隠滅が、本当にあったのだろうか?
 

機密重要書類
 
 焼却せよという
     通達見つかった
 
長野県から各市町村長に宛てた通達、
機密重要書類焼却の件
である。
 
松本市文書館で。
イメージ 1
 
「機密重要書類焼却の件」は、
昭和20年8月18日の発行である。
昭和20年8月15日の終戦の3日後で、
昭和20年9月2日の無条件降伏の前になる。
戦争の証拠隠滅に、軍・政府はあわただしく動いた。

「機密重要書類焼却の件」の中身は、
各種機密書類」、「物動関係書類」、
統計印刷物
などの、焼却を命じている。
そして、学校や各種団体に通達すること、さらに、
この通達そのものも焼却することを命じている。

「機密重要書類焼却の件」は、
長野県東筑摩郡の今井村役場
(現在の松本市今井)の、
昭和20年 庶務関係書類綴の中に入っていた。
 
松本市文書館で
(引用終 詳しくは転載元をお尋ねください)
 
 
国民
  秘密イカンのじゃ!!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事